つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

私を構成する要素みたいなものー天の視点

 

3ヶ月目の片付け状況

 

もう、本当にいやいややっていますが、現在の部屋の状況。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190522054621j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190522054636j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190522054657j:plain

 

必要なものは箱に入れ、不要なものは処分する。それだけなんだけど、棚の中身に手をつけているから、本当に収集がつかない感じに見えます。終わりは見えてるけど、まだ頑張らないとね(^_^;)

 

 

 

 

 

人間を構成するものという意識


私はなんとなく魂としての存在を感じています。

 

人生の中で本当に大変なことは山ほどあるし、最中には真剣に悩むけど、結果がどうあれ自分で選択してこれた、いい勉強ができた、と思うとすべてポジティブな経験として焼きつく気がするのですね。で、幸福度が高まるという。

 

パニック障害克服のメカニズムもそうですね。行動しながら脳の働きと身体の反応を観察して分析して理解すると応用が可能になります。

 

何事につけても自分で精一杯やったという実感があると、たとえ駄目な結果でも後悔しないんだなー。納得できれば仮に試験に落ちてもわりと平気な感じ。再挑戦するなら対策可能だし、違う道を選んでもいいし。

 

いずれにしても納得したらそれでいいのね。自分の選択肢と価値観を大事にすると自然にそうなります。「人と比較しない」ことの強みです。人生に勝ち負けはありませんし。

 

私はわりと生まれつき、人には魂と肉体と精神がある、と感じていたので自然とそういう視点を持つようになりました。別に宗教でも何でもないけど、どこかに刷り込まれていた感じがします。

 

私は夢の中で知らない場所にいても常に方角がわかるんですけど(これは現実世界でも同じなので迷わない)、なんだかそれと同じような感じで「人間は魂と肉体と精神(脳)とで構成されている」と認識しています。気が付いた時からそれがあったので、自分にはとても自然な感覚でした。

 

その思いに素直でいると結構メンタル強くなる気がします。世間一般の価値観はどうでも良くなるし。

 

こういう生き方もあってもいいのよ、というサンプルになるような人生も面白いかな?と思ったりします(^_^;) 

 

 

 

 

 「天の視点」という認識


あ、それと「天の視点」は常に感じてますね。神さまに近いけど微妙に違う感じの。天の一部は自分の中にもあります。いいことも悪いことも自分の言動は巡り巡って返ってくると思っています。これはなんだろう?

 

「天の摂理」みたいな?


誰も見ている人がいなくてもしてはいけない行為はやりたくないし、やらない。自分よりも弱い立場にいる人に暴力を振るうとかマウント取るとかもってのほかで、そういうことは弱い人間が強がりたいだけの愚かな行為だと思っています。そういう全てを天は見ているなあ、と。

 

あ、そういえば私はスーパームーンは体調が狂うからとても苦手なんですが、子供の頃から満月が怖かったです。私には餅をつくうさぎではなくて、人の顔に見えて。どこまでも付いてくるし。

 

で、今思い当たったんですが、あれは「天」の象徴の一つなのかもしれません。美しいんですけどね。でも「全てお見通し」って感じで鳥肌が立つんです。

 

自分がした行為は自分に返らなくても子孫に返って来ることだってあるし、「恩送り」という素敵な行為だってある。これは生前の母が心掛けていたから、受け継いで行きたいと思っています。多分それが最高の供養になるから。

 

肉体の遺伝子を継承しなくても、そういう言動や心情として伝えて行けるものがあると思います。これは広い範囲に送ることが可能だし。おそらく人として生れたから可能なんじゃないかと思うんですが。

 

内なる天、天からの視点、魂の記憶、あると信じるととても生きやすいから肯定することにしました。

 

既成の宗教とはほぼ無関係です。

 

自分が描き出す物語世界のようなものですね。自分に価値があればそれでいいのよ。

 

自分の物語すら自分が操ってるんじゃなくて、キャラは勝手に動くし、やっぱり天の視点は感じるもんね(^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190522054727j:plain

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.