お互いさま おかげさま ありがとう

両親の介護も一段落 双極性2型障害と気長に共生中

ブログ職人っていうのもいいよね(^ ^)

 

 

 

PV数なんてどうでもいい。稼ごうとも思わない。

本当に自分が書きたいことを書きたいようにしか書かないので、

趣味が合う人だけ読んでください。

…これってまるで頑固職人だなあ。

職人だったおじいちゃんの気質か。

いいや、「ブログ職人」と読んでくださいo(^-^)o

 

 

…なんとなくTwitterでつぶやいたことなんですが、

結構私らしいなあ、と思ったので、しばらくトップに置いておこうと思います。

 

まだ歴史の浅い人が言ったら説得力ないけど、15年目の私なら

言ってもいいかな?と思うので…(^_^;)

 

頑固で淡々としている職人さんってどこかクリエイターに似ています。

それでいながらこれって自然体なんですよね。

それでないと続かないですし…。

 

柔軟でありつつも、「譲れない自分」は 大切にしたいものです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190623183611j:plain


 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180803175843p:plain

 

 

 

「ポリアンナ症候群」は私とは相当相性が悪い

 

なんとなく心のテーマになっておりますが…


このごろ、わりと「こころ」をテーマにしたお仕事をされている方々とか、カウンセリング関係のお仕事をされている方々からのフォローが増えつつある気がします。Twitterの方でも。ありがとうございます (^_^) あまりお役に立てないかもしれませんが、せめて愉しんでいただければ嬉しいです。

 

もちろん一般の読者様も、いつもありがとうございます (^_^)

 

一昨日の忘れ物を取りに昨日の朝からスーパーに行ってきました。もうじき雨が降りそうでしたが、でも裏口から入れば最短距離で行ける道を発見しました (^_^;)ちょっと得した気分です。(ニトリの駐車場を斜めに抜けます)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200612080323p:plain

 

原作は「少女パレアナ」アニメは「ポリアンナ

 

 

「好き」もはっきり言うけど「嫌い」もはっきり言うよな。そこが自分らしいとは思ってる。



 

ポリアンナ。いまでは病名になっています。アニメになって放映されていたらしいです。私は見ていませんが。

 

 

 

ja.wikipedia.org

 

sites.google.com

 

これの原作本「少女パレアナ」を読んだのが小学校から中二くらいまでの間でした。あまりはっきり覚えていないけど。でも読んでいるうちに無性に苛ついてきて「こいつ、嫌い (-_-メ)」ととうとう本を投げつけて途中から二度と読みませんでした。

 

私は本をぞんざいに扱うタイプではないのですが、投げつけた、なんていうのはあとにも先にもそれだけです。

 

よっぽど嫌いだったんだな (;゚∀゚) 矛盾してそうで私の中では矛盾していなかったという…。

 

「いや、違う、そういう方向にポジティブに持っていったらあかん!!」という感じで、私にはポリアンナ(パレアナ)は「神経に触る子」でした。だから二度と読みたくないです。

 

症候群については大人の分析なので、ああ、なるほど、と思います。自分が子供だったころにはそういう分析が出来なかったからなあ…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200612080323p:plain

 

小学校くらいまではわりとジュニア向きの本を読んでいたので、私はやはり好き嫌いは強かったと思います。少女小説で「若草物語」や「赤毛のアン」や「メアリ・ポピンズ」なんかも読んでたけど、胸が躍るのは世界の神話や少年小説の方でした。

 

学級文庫になぜか明智小五郎と少年探偵団のシリーズがあって、そういうのも読んでいたし。最も夢中になったのが図書室で出会った佐藤さとるさんのコロボックルシリーズでした。生まれて始めてはまった小説はあのシリーズ、5年生の時でした。

 

あ、すみません、話がそれました。とにかく子供ごころにイライラしたのは完全にズレているとしか思えないポジティブ さでした。子供って意外に鋭いと思います。確かになにも問題が解決しないのよ。それがもどかしすぎて苛つく原因だったとしか思えない (ーー;)

 

私も空想好きでしたが、赤毛のアンの方がずっと身近に感じたな。彼女の空想は現実逃避とは言い切れないものがあって、実際に彼女の行動によって実現に近づいていったりしますしね…。そっちの方が健全だと感知していたみたいです。子供ってやっぱり鋭いと思います。

 

 


バランスの問題。私もあまり極端に傾かない方なので。

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200703191630j:plain

 

 

 

私の感覚はこちらに近いかも

 

ポジティブの捉え方で私に近いと感じるのはこちらのサイトです。

 

happylifestyle.com

 

検索するとよくぶつかるの。それだけのご縁なんですけど (;゚∀゚)

 

たとえば「持病について」の章。

 

happylifestyle.com

 

 

持病のせいで、寿命が縮むのではない。
持病があるおかげで、寿命が延びる。

 

生まれつきの病に苦しむ人がいます。

いわゆる、持病です。

完治が難しい、慢性の病気のことです。

すぐ治ればいいのですが、なかなか治らない病だからこそ、悩まされるものです。

「この病気さえなければ、自分の人生はどれだけ楽になることか」と思うでしょう。

のほほんとしている無病の人が、羨ましくてたまりません。

自分の人生を恨みそうになりますが、恨んだところで、どうしようもありません。

恨めば恨むほど、自分と人生が卑屈になるだけです。

本当のことを言えば、1つくらい持病があったほうがいいのです。

持病があるほうが、自分の体に注意が向きやすくなるからです。

治りにくい持病があるからこそ、健康の素晴らしさを痛切に感じることができます。

持病がある人は、健康な人より、健康の素晴らしさをよくわかっています。

だからこそ、食事や運動など、生活習慣を改善する気持ちも強くなります。

その結果、健康な人より、かえって長生きできるようになります。

持病ときちんと向き合えば、長生きのチャンスに変えることができるのです。


苦しい人生を前向きに生きる言葉(13)
持病は、前向きにとらえる。

 

 


いや、恨んだことはないけどね。得たものは大きいし、別に長生きしなくてもいいけど。病気抱えて長生きしたってしゃーないやん (ーー;)

 

もしもまた次に地球に生まれ変わることがあれば、もっと丈夫な身体を持って、直接人の役に立つような仕事がしたいです。

 

医療やレスキュー、介護などの。甥や姪も羨ましく思えるし、それだけ頑張ってくれていて誇らしくも思えるし (^_^)

 

 

 

あ、ポジティブさが微妙に違うな (^_^;)

 

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200703191334j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200612080323p:plain

 

 

 

 


 

レアな手相が告げるもの

 

買ったものを忘れてきた


昨日もまた交感神経が活発で動悸がしている。でも郵便局に行かないと。買物にも行かないと。涼しいみたいで体感は気持ちいいから頑張って行ってきます (^_^;)

 

…という感じで出掛けたんですが…。

 

午後にお絵描きする余力があれば嬉しいけどな〜 (^_^;) …と、まあそういう具合でなんとか行っては来ましたが…。

 

2階の100円ショップで買ったもの(1000円分くらい)カートにかけて、一階のスーパーで買い物して袋に入れてそのまま忘れてきた(>_<) でももう取りに行く元気がない。レジ袋の件で怒ってたから鼻水が止まらなくなってる。

 

で、スーパーに電話したら、買ったものをみつけてくださって、「おついでの時にサービスカウンターにどうぞ」と言ってくださった。急がなくてもいいらしい。たぶん今日取りに行きます (^_^;) 雨でなければ。 …ありがたいです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200625082020p:plain

 

 

「はなれ型」という手相


それで全然ちがうことを検索していたら、たまたまこういう手相の記事を見つけてしまった。

 

news.yahoo.co.jp

 

うちの家族はおそらく全員これだと思う。3大主線が離れてる。だから私はこれが普通だと思ってて、いままで別に珍しいとも思っていませんでした。手相の写真は難しいです。はっきり撮れてなくてすみません(>_<)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200702183719j:plain

 

urapri.net

 

 

自分に自信があるので考えがブレる事はありませんし、人の意見で考えを変える事もありません。「自分は自分。そして自分は自分しかいない」ととにかくいつでも自分がどうしたいか、何をしたいかを優先します。

 

一人で行動をする事を恐れないメンタルの強さもあります。「自分は自分。そして自分は自分しかいない」ととにかくいつでも自分がどうしたいか、何をしたいかを優先します。

 

 

すいません、そのとおりです。

 

日本人には珍しいけど、欧米では珍しくないんだろうな。みんなちゃんと自己主張するタイプ。自分持ってるかな。情には流されるけど、やはり沈着冷静なところが根っこにはあって。同調圧力が嫌いだから、本当に流されることはないです。

 

それでいて人当たりがいい、という両親はさらに稀有なタイプかも。性格を現しているというなら、否定し難いものがありますね。

 

レアな手相だから、深く理解し合える人となかなか出会えないのはありますね。別に友達の人数はいらんけど。

 

両手離れてると飽きっぽいらしい。そういうところあるかな。でも全てがそうじゃないのはご存知の通りです。

 

 

 

 

 何でみんな投票するのに他人の意向なんか気にするのよ?気持ち悪いな。黙って自分が入れたい人に入れればええやん。他人の意志を気にした時点で同調圧力がすでに始まってるよ(-_-;)

 

私の両親は夫婦の間でも誰に入れるか?入れたか?話したことはないと言ってました。だから私も親兄弟にも言わないです。我が家の当たり前。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200702184028j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20200625082020p:plain

 

数年経ってもいまだに健在「ソロモン環」


あと私、両手にソロモン環が二重にあります。これも気づいたのは数年前で、プロの手相見さんに指摘されました。「私これを見たのはお二人目です」と言われたくらい珍しいです。

 

千人に1人以下の確率らしいです。レアですね。



 

探してみたらすごいこと書いてあるなあ。

 

uranaitv.jp

 

 

「Wソロモンの環」の解説
 
まるで、何かにしっかりと守られているように、どんなことも期待以上に進んでいくというサインです。まさに奇跡のサインといってもいいような相。強く願ってきたことほど、はっきりとかなっていきますよ。また、思いがけない幸運にも恵まれそうです。突然の出会いからトントン拍子に結婚が決まったりすることも。とにかく、自分の力だけではない何かに動かされているような感覚だといえます。そして、この相が出ているときには、その感覚を大事にして、それに従うといいのです。神に与えられた幸運を信じる強さがカギだといえます。

 

「Wソロモンの環」を持っている人へのアドバイス

 

邪心を捨てて、すべてを信じることで、この線を活かすことができますよ。いいことばかりで怖いくらいですが、だからといって人や出来事を疑ってはいけません。感謝して受け入れることで、幸運は大きくなりますよ。

 

 

疑わないけど、納得出来る過程がないと嫌だ。

 

えとね。わたしの経験から行くと、幸運は棚ボタではありません。自分のできる最大限の努力をして、「あとは天にお任せします」という感じで、まさに「人事を尽くして天命を待つ」のが必要不可欠だと思います。まず自分の言動ありき、なんです。

 

今までずっと努力して手に入れてきたから、ずっとそうじゃないと納得できない。宝くじが当たってもあんまり嬉しくないと思う。

 

わたしは確かに「守られている」感がとても強くて、直感も強いタイプですが、寝て待っていては無理なんだよね。何も落ちてこない。やるだけやって、それ以上のものが来るかどうかはわかりませんが、それをやらないと、後悔することになりかねないから、私はできることはやりたいのです。

 

それやらないと気持ち悪い。なんでいきなりいいことがあるのか?って根拠がないと気持ち悪いでしょう?あれだけやったから報われたんだ、という納得が必要な人間です。神様もやりにくかろうなあ…(^_^;)

 

 

happylifestyle.com

 

 


手相は変わるので、行動によって変化するでしょうし、なにがどう変わるかわかりやすいから面白いですね (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200702184107j:plain

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200625082020p:plain

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.