お互いさま おかげさま ありがとう

両親の介護も一段落 双極性2型障害と気長に共生中

ブログ職人っていうのもいいよね(^ ^)

 

 

 

PV数なんてどうでもいい。稼ごうとも思わない。

本当に自分が書きたいことを書きたいようにしか書かないので、

趣味が合う人だけ読んでください。

…これってまるで頑固職人だなあ。

職人だったおじいちゃんの気質か。

いいや、「ブログ職人」と読んでくださいo(^-^)o

 

 

…なんとなくTwitterでつぶやいたことなんですが、

結構私らしいなあ、と思ったので、しばらくトップに置いておこうと思います。

 

まだ歴史の浅い人が言ったら説得力ないけど、15年目の私なら

言ってもいいかな?と思うので…(^_^;)

 

頑固で淡々としている職人さんってどこかクリエイターに似ています。

それでいながらこれって自然体なんですよね。

それでないと続かないですし…。

 

柔軟でありつつも、「譲れない自分」は 大切にしたいものです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190623183611j:plain


 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180803175843p:plain

 

 

 

私から見える世界と人々ってユニークなのかなあ?

 

京都の学校はやはり休みに…


昨日、クリニックの開院を待ってる時に登校する子供たちを見かけました。


子供たち、学校に行くけど大丈夫か?! なんか無謀としか思えない。つくづく足並みが揃わない。どうでもいい時は同調圧力かけるくせに( `д´)

 

…と思ったら、午後にはまた休校が決定されていた。保護者の人たちの懸命な訴えもあったようです。本当に命を守るのに強力な主張が必要な時代になったなあ、と思う。でも私はこれがむしろ普通じゃないかと思っていますが。

 

www.kyoto-np.co.jp

 


午前10時半ごろに帰宅しました。内科はもう今日にします。

 

帰りのタクシーを待ってアプリで呼ぼうかな?と考えていたら、反対車線を走っていたタクシーが合図してわざわざUターンして拾ってくださいました。助かるわ (^_^)

 

「実は前にもお乗せしたことあるんですよ、奥さん(面倒だから否定しない)ご主人(弟のこと)とお2人で」

 

地元の運転手さんと会社だったので、なんとなく思い出しました。ちゃんと駐車場の入り口まで送ってくださいました (^_^)

 

中で聴いたんですが「京阪電車とかがらがらです」とのこと。でも今日から京都は学校も保育園も始まって本当に案じています。

 

どこへ行ってもこの話題で、案じていない人はまずいないと思われるマスク着用率98%くらい(おおまかに)。ただのくしゃみがでても視線が集まるから仕方がないですね。おかげでまた顔がのぼせました (ーー;)

 

こういうのと何年も付き合うのは本当に嫌だなあ。

 

 

発熱して治ったら学習意欲がどこかに消えていた、と先生に言ったら、「あれくらいのやる気はまあ普通のうちと違うか?」と言われたので、ああ、まあ私にはよくあることかな、と思いました。

 

まあ、わりとしょっちゅう言ってるかもしれない。材料を揃えたのにそれ以上進まないとかね。

 

またいつかやる気が出たら始めます (^_^;) 自分を責めても仕様がないし。自然なやる気に任せて託します (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406182017j:plain

 

みんなちょっとずつ変で当たり前だと思ってる

 

 

スペクトラム [2]【spectrum】
( 名 ) スル
分光すること。 「咲き拡がる白泡は、日光に淡く七彩を-する/青春 風葉
              大辞林 第三版

 

 


みなさん、私に言われたくないかもしれませんが、「すべての人がみんなどこかちょっと変」で、それが個性にも魅力にもなっていて、人間っぽくていいと思います。

 

それで「自分もちょっと変かなあ?」とうっすら自覚している人はいいんですが、どこまでもまともだと思っている人が怖いと感じるこのごろです。

 

まともだと思って突っ走る人はブレーキがかからない。止めていさめてくれる人がいればいいけど同じようなところがちょっと変な人ばかりだと暴走してどこへ行くかわからない。そういう怖さを感じるこのごろです。

 

欠点がない、まともだと強く信じて疑わない怖さ。自覚がないままにおかしなことやっちゃう。危ない。いろんなところがちょっとずつ変ないろんな人がいて欲しい。

 

それが仮に双極性障害うつ病などの精神疾患だったら、病識がない無茶な患者さんのパターンだと思います(>_<)

 

自覚がある方が気をつけやすいでしょ?ちゃんと服薬するとか、身近な人に見ていてもらうとか、すごく気をつけるじゃないですか。それって行過ぎを防ぐのにすごく重要だと思います。

 

うん、私は結構スペクトラムだと感じているかもしれません。発達障害だけじゃなくて。

 

ストレスに弱い人、パニックになりやすい人、いろんな人でいるのが当たり前だと思います。生活などに問題があれば治療も必要になりますが。このごろ個人的にはこういう病気とその対処法って結構重要なものだという気がしています。

 

 

 

私のレジリエンスは強いと思います。先天的な性格と後天的な鍛えられかたと半分ずつありそうですね。プラス面に眼を向けて反芻して、マイナス面は反省して学んで感謝して手放す。日々の経験がすべて人生の学びですね (^_^)

 

voicy.jp

 

 

 

「一流の狂気」はまだ序章しか読めてないんですが、はてなのブロガーさんの書評に近い記事を見つけたのでリンクさせていただきますね (^_^;) とても面白いです (^_^)

 

www.goodlife-journal.com

 

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406182236j:plain

 

桜Exhibition2020

 

作品のサムネールページが出来ました。

クリックで大きなサイズに飛べます。お気に入りがあればぽちっとしてくださると人気投票にもなります。よろしければ… (^_^;)

 

sakuraexhibition.com

 

私個人のプロフィールページはこちらです。

ポスターや図録も通販可能になります。

 

sakuraexhibition.com

 

 

 

地味に8886本目 (^_^;)

 

 

今日はクリニックの受診日です

 

すみません、今日は受診で半日近く留守になるんですが、Twitterの方から眼が離せなくて、考えることも多くてブログがお留守になりがちでした。

 

完璧にこれかもしれませんが、いまやめると絶対にあとで後悔すると思うのでやめません。反動で死ぬこともありません。約束します。せっかく拾った命ですから (^_^;)

 

 

 

ちなみにうちは両親が残してくれた古い家を売却して、いますぐに困らないだけのわずかな蓄えはあります、有り難いことに。それにしたって生きているあいだにぎりぎりの額です。

 

けれどももっと深刻に困っている人が多いと思うといてもたってもいられない気持ちになります。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043907p:plain

 

私自身はあまり生きることに執着がなくて、肉体から離れる時は解放だと思うんですが(生まれてから今までに身体が感じる不自由は半端でなくて)でも他の人のことを考えるとじっとしていられない気持ちになるのが本当に不思議。身内や友人に本当に最前線にいる人が多いからかもしれない。

 

こういう動機がどこから来るのかわかりませんが、自分のためには動けないのに他人や友人や家族のためなら動けるという不可解な行動のもとになっているようです。多分いままで多くの人生の課題をクリアしてこれたのもそのおかげだろうな。この先もきっと誰かのためなら動けるんだろうな。

 

まあ、こういうユニークな奴がいてもいいかな、とも思うので(^_^;)

 

いま気がついたけど、一般人がネットを介して誰かのために役に立つかもしれない情報をブログなどで置いていくというのもそれだよね。別に利益にもならないのに。同じような悩みを抱えている人に読んでもらえたら、とも思う。基本は共感かも。誰かの役に立つことに幸せを感じるのは動機だよね。面白い。 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043843p:plain

 

十二国記「図南の翼」で裕福な商家のお嬢様でである珠晶は街に妖魔が出て(王がいなくて国が乱れると妖魔が人を襲う)教師や級友が襲われて死ぬのに自分は護衛に守られる状態なのがすごく嫌だった。「そんなに自分ばっかり大丈夫なんじゃ寝覚めが悪いからに決まってるじゃない!」と言うのですね。

 

別にわずか12歳の少女がわざわざ危険な場所に赴く必要はない。けれども大人たちは困ると言いながら自分たちは行動しようとしない。それにしびれを切らした彼女が旅立つわけです。

 

もう、この作品、私の元気の元になっているくらいに大好きで、珠晶の性格も言動も大好きなんですね。あんまり他人とは思えなかったりします(^_^;)

 

だからそういうのにも共感を抱いてしまいます(^_^;)

 

 

 

 そうよ、寝覚めが悪いのよ。

私は一日も早く落ち着いてじっくり絵が描ける日が来て欲しいだけです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043907p:plain

 

絵のイメージとか何かのヒントかもしれない言葉は突然に頭の中の降ってくる。そんなワンシーンとか一語とかだと解釈に悩み倒すじゃないですか。それかこういうのがINFJの直感なのか?他人に対して全く論理的に説明不能なパターン(ーー;)でもよくある「なんとなく」が。

 

さっき誰かに「植物」と言われて(頭の中で)何かコロナウィルスと関係がある気はするんだけど、全然わからない。もどかしい。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043843p:plain

 

ものすごく久しぶりに夢をみました。

 

夢で父に逢いました。父に逢うのは死の直後以来ですから、実に11年ぶりです。私がどれだけ逢いたかったか。

 

おまけになぜかさだまさしさんも出演されていました。プライベートな立場で、演奏とかなしで、東大寺とか平安神宮のような大きな社寺の門のところで歌ってくださいました。曲はわかりません。聞いたことがない歌のような…。

 

父とさださんが意気投合して我が家で飲もうという話になったのはいいけど「ワインがいいな」と言われてもワインどころかうちにはそもそもお酒がない。グラスもない、どうしよう?とオタオタしているところで目が覚めました(^_^;)

 

最後のリアルさが夢ですね。でもとても幸せでした。何かのご褒美みたいに感じた。父は元気な時に姿というか、私とあまり変わらない年齢に見えました。

 

 夢判断だとこの辺でしょうか。

 

 

6. 亡くなった父親が出てくる夢

 

亡くなった父親が夢に出てくる場合、一度諦めたことがやり直せるとされます。いろいろな運気が高まった状態にあり、過去に思い残していたことがやり遂げられるようです。亡くなった父親の夢は、社会や家庭においての権威的な立場やリーダー性を象徴している面もあります。

 

亡くなった父親に対する情の深さも反映されますので、生前はかなり仲が良かったことでしょう。笑顔で現れた場合、仕事運や健康運、金運が上昇するとされます。何事も積極的になれ、健康が実感できるはずです。

 

お金の巡りも良くなります。亡くなった父親が再度死ぬ場合は、独立心や自立心が高まっているとされます。結婚を考えている際は、好機到来を告げています。一緒に好きなものを食べていた場合、金運が上昇し、嫌いなものだと金運が低迷するとされます。

 

 

 

12. 亡くなった人が笑っている夢

 

あなたの夢に出てきた故人が笑っている夢。これはあなたの運気上昇を現す吉夢となります。

 

あなたが今、病を患っているならば、病の克服や体調回復の表れ。トラブルを抱えている場合は、問題解決を暗示しています。 あなたが今取り組んでいる努力は、決して無駄や遠回りでは無いことを、この夢は象徴していると言えるでしょう。

 

なお、あなたの夢に出てきたのが亡くなったばかりの友達であった場合は、別れの挨拶をしに現れた場合も。それでも会話中に幸運を掴むためのヒントが隠されているでしょう。

 

13. 亡くなった人が笑顔で穏やかに微笑んでいる夢

 

声を出して笑っているわけではなかったが、故人がにっこりと微笑んで、静かにたたずんでいた場合も、吉夢となります。

 

この夢の場合、あなた自身ではなく、あなたの周りの環境が好転していく暗示。今まで辛かった状況にも光が見えてくることをこの夢は教えてくれています。あともう少しの辛抱ですよ。

 

 

 

33. 亡くなった人と話す・会話する夢

 

あなたと故人が、夢の世界で会話を交わしていた。少し不思議な感じを漂わせる夢ですが、この夢はどのような意味を持つのでしょうか。

 

故人との会話は、何気ない世間話を含めて、吉夢となります。特にあなたの仕事上での評価が、高まる暗示。手掛けているプロジェクトの成功や、大抜擢によって昇進する場合もあり得るでしょう。 あなたの頭の回転もスムーズになり、アクティブ な活躍が期待出来ます。

 

なお、あなたが作家やデザイナー等、クリエイティブな職種に就いている場合も吉夢。良いアイデアが浮かびやすい状態ですので、何かを閃いたら、忘れない様に記録しておきましょう。

 

 

 

3.歌手と話す夢

 

歌手と話す夢を見た時、あなた駕してきた努力が報われます。あなたが必死に頑張ってきたことが高く評価されるという予知夢です。あなたが成功に向かっているから、歌手と話す夢を見るのでしょう。あなたの実力が認められる時が近づいています。

 

 

これもマジですか?まあ、そんなに期待しないで静観していますね (^_^;)

 

以上、このサイトから引用させていただきました。

 

spicomi.net

 

 

 

いや、もうただ逢えただけで嬉しいo(^-^)oo(^-^)oo(^-^)o

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406060442j:plain

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043907p:plain

 

ありがとうございます(^^)
毎年恒例になって、これに参加しないと春が来た気がしないなあ…(^_^;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200405203610j:plain

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200406043843p:plain

 

 「一流の狂気」を読み始めました。

 

bookmeter.com

 

 

 

 

 

お腹が空いた。昼まで長いな…(ーー;) 

 

 

 

 この記事で8885本目です。ささやかにカウントダウン (^_^;)

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.