お互いさま おかげさま ありがとう

両親の介護も一段落 双極性2型障害と気長に共生中

ブログ職人っていうのもいいよね(^ ^)

 

 

 

PV数なんてどうでもいい。稼ごうとも思わない。

本当に自分が書きたいことを書きたいようにしか書かないので、

趣味が合う人だけ読んでください。

…これってまるで頑固職人だなあ。

職人だったおじいちゃんの気質か。

いいや、「ブログ職人」と読んでくださいo(^-^)o

 

 

…なんとなくTwitterでつぶやいたことなんですが、

結構私らしいなあ、と思ったので、しばらくトップに置いておこうと思います。

 

まだ歴史の浅い人が言ったら説得力ないけど、17年目の私なら

言ってもいいかな?と思うので…(^_^;)

 

頑固で淡々としている職人さんってどこかクリエイターに似ています。

それでいながらこれって自然体なんですよね。

それでないと続かないですし…。

 

柔軟でありつつも、「譲れない自分」は 大切にしたいものです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190623183611j:plain


 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180803175843p:plain

 

 

 

どうしてまた飲んでしまったんだろうね?

 

 

弟に足が痛いから1人で受診してきてくれと言われた。

まったく……(-_-;) 今日装具が出来ればましかというけど、そうかなあ……。でないと困るなあ。

 

時間があったのでクイックルワイパーだけちょっとかけた。あーあ、どっちにしろ気が重い受診ですが……

 

 

 

裏切られた気分になるのね

 

帰宅しました。クリニックから薬局まで歩いて左足の甲は大丈夫だったけど(これも私一人でないと歩くのは無理でした)足腰には響きます。午後はゆっくりしたいです。

 

来月は血液検査。お酒やめないと死に至る可能性も色々あるし、楽な死に方はできないとちょっと脅かす。悪性貧血とかはアルコールの過剰摂取で葉酸が不足するんだそうです。前に一度なってるから。本人に伝えているほしいと先生から。

 

離脱期を本人が覚えてないからな。「それは本人はせん妄状態やから」それが腹立つんですよね(ーー;) 困るね。

 

「どんなにいい薬でもアルコールで効果がなくなる、と言っといて」と先生が。

 

医療センター宛の分厚い紹介状を使用不能にしたんだからさ。申し訳無さは私が切実に感じるのでお詫びする次第。

 

作業療法士さんからあまり強く怒らないでというお願いFAXが来てたらしい。有り難し。

 

そういうみなさんの心遣いに気付いて感謝できるようになって欲しい。こういうことって私が教えるものなのかな? 余計なところに気を遣ってもっと気遣いが欲しいところが出来ていない気がします(ーー;)

 

しっかり話したから「いきなり死にたくなった」そうでしばらく寝込んでいたそうですけど、まあ数時間で復活して、お酒をやめればいいだけの話。みなさん案じてくださってありがたいと思います。

このタイミングでやめたらおそらく離脱症状は大丈夫だと思いますが。

 

多分いろいろと想定外のことで本人もバツ悪かったんだろうけどね。ともあれ飲むな。お金もかかるし。

 

暴力を振るうタイプでは無いので強制的な入院は難しいのです。本人が本気で断酒する決意がないと専門病院への入院は無理っぽいです。もしくは私が倒れて入院するような羽目になるとか。でもその辺どこかで持ち堪えて対応するメンタルがあるんで…。周りから「強い」と評されるほどのメンタルも良し悪しかもしれない。

 

母の友人のTさんによると、Tさんの身内とかお知り合いならとっくに入院していてもおかしくないらしいですから(ーー;) 普通の人はそうなんだろうな。心身症になる割に変なところが鍛えられてるな、今のところは。まあ、先ではどうか分かりませんが。

 

内部に溜め込まずにこういうところに書くだけでも救われる部分が大きいです(^_^;) ときどき自分の冷静さが嫌になりますが。

 

 



「さじ加減」の大切さ

 

薬の仕分けをしました。大体現在はこんなものですね。向精神薬に分類されるものは朝晩のデパス2錠のみで、あとはリーマスと自律神経の作用に働くものや心臓の薬や総合ビタミンなどです。

 

 

 

 

高校生の時から薬は飲んでるからもう慣れてますが、たまーに何かを飲み忘れることはあります(^_^;)

 

QOLの維持のために必要な薬を飲むことに抵抗はないです。服薬嫌いな方がおられますが、あんまりわかんない。肝臓の数値は若干高めですが、リーマスは基本的なもので、自然界や水道水にも含まれている炭酸リチウムですしね。これがやや多めに水道水に含まれている町では住人の気分が穏やかだという話もあるくらいですし。

 

ニトロでも爆薬になるくらいです。同じものが量によってプラスになるかマイナスになるか、本当に毒と薬は「さじ加減」です。錠剤が多いから最近この「さじ加減」という言葉使われる機会が減りましたが、これは本当に非常に大事なものだと思います。

 

ゼロか100かじゃないんです。「適量」なんですわ。まあ100%毒になるものもありますが。アルコールは一般の薬よりもずっとタチが悪いと思っています。アルコールだって自然にできるものを除いたらかなり薬品と同じだし。

 

 



 

 

えー、これって霊的なものというよりDNA的なもの? だとすると遺伝的な病気とかまで太古に原因があるとかにならない?もはやヘイトでしかなくない?

 

というか、お金でしか動いてくれなくて、こんなに長くかかっても改善しない神様って値打ちないと思うけど(ーー;) なんで信じる人がいるのか不思議で仕方がないです。

 

 

 

 

 

人は迷惑をかけるのが当たり前

 

よく希死念慮がある人などが、「誰にも迷惑をかけずに死にたい」などとおっしゃいます。これ今までに相当な人数の方から聞きました。

 

他人に迷惑をかけない「死」なんてない。亡骸になったら自分では動かせない、意志も伝えられないからどうしようもない。誰かに託さないと後始末も不可。

もっとも一般的な死がもっとも他人に迷惑をかけない「死」なんじゃないかと思うこのごろ。捜索や特殊清掃やそういうのも迷惑ではある。

 

でも結局はお互いさまです。スムーズに荼毘に付すに至るまでの行程がほぼ決まっている普通の葬送がもっとも迷惑をかけない死後の身の付しかたじゃないかな、と思うんだけど。自死とかじゃなくて。


希死念慮がある人たちがよく「迷惑をかけない死に方」と言われてますが、迷惑はかけて当たり前ですからね。仮に冬山で遭難しても捜索隊が出るから費用もかかりますし。災害死では仕方がないけど、捜索救助して生存者発見出来たらいいけど、二次災害とかも悲惨ですしね。レスキューにも自衛隊にも無事に帰ってきて欲しいですし。

 

こういうことはやはり身内の臨終に立ち会って、葬儀をいくつか出して実感としてわかるのかもしれません。

 

安楽死は自殺の方法ではないから、誰かを殺人者にしてしまう非常に罪の重いことだと思っています。

 

この国も「迷惑かけるのは当たり前でおたがいさま」という風になって欲しいな。そうすれば少しは生きやすくなるのかも……。このブログのタイトルにもそういう意図があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会う日には重ねて会うものです

 

廊下でお隣の奥さんにお会いしたら「私ね、頭が悪いの。なんかぼーっとして認知症でしたね。そういう感じで自覚はされてるようですが、どの程度なのかは不明。離れて暮しておられる娘さんは心配だろうな。同居の息子さんも案じておられるみたいだし。

 

組長さんにも会った。弟に最寄りの整形外科を教えてくださった人です。担当の先生は人気があって診察曜日が増えたらしいので実力派? 身近な口コミはあてにしていいかもしれない。

 

その弟が箱買いした糸こんにゃくの賞味期間が切れたので一応燃えるゴミに出したら重さがはんぱじゃない(-_-;)10キロは越えてたと思う。ダスターシュートが欲しかった。

 

 

今日はまた整形外科に行きます。そろそろ休みたいです。

 

 

 

 

 

こういうのも狐憑きなのかな?(^^;)

 

2日続けての受診ですね

 

受診日なのでまた半分休みます。

 

受診日は朝は早起きして出かけるまでに体調を整えるのに3〜4時間はかかります。

ただ行くだけで疲れるという理不尽。

すでにお弁当も買ってあったり。

 

明日は10時半頃に整形外科ですが、時間があるのと材料があるからなにか作れると思います。なんかうちって作り置きが出来なくて……。コンビニ弁当なら開封しないあと食べられないですし。結局再生可能な材料のゴミが増えますね。

 

やはり障害者とエコロジーのやりくりは難しいです(ノ_・、)

 

明日はなるべく早く帰ってマッサージ受けたいなあ、と思います。

 

 

自分の魂のありかを感じるもの

 

かつてライターの仕事をしようかとクラウドソーシングサイトに3つほど登録したことがあります。でもいざとなると興味のないことや内容を盛るとこが出来なくて心に大きな抵抗を抱えて、一記事も書けずにやめたことがあったり。

 

なんというか「魂を売る」気がした大きな抵抗。マイナンバーカードも大きな抵抗なんですね。こういう時はあとからはっきり理由が判明することも少なくないです。

 

それと比べると自分が経験したことはすんなり文字化出来るので、正直なものだと思います。それこそ天に嘘はついてないし、というね(^^;) 自己満足な内容でもそれでいいんだと思います。

 

お金に換えようとすると本当のことが書けなくなるというかなり厄介な性分です。デザインとかはぎりぎりいいし、得意なジャンルの絵とかも時間たっぷりもらえたら描けなくもないですけど……。実際過去にも絵の仕事はしたことあるし。

 

ブログもお金に換えるときっと続きません。アドセンスはてなの費用の一部にしてるだけ。

 

 

 

 

 

洗濯ばさみでポニーテールを止める漫画があったらしい

 

いやー、ボリュームとか滑り止めの有無とか考えても無理だろうな。輪ゴムだったら絡まって痛いし。女子たるもの、お風呂の時は髪ゴムを手首にはめて入るんですよ。

 

私、若い時にポニーテールにしていことがあったんですが、当時は髪質が太くて多くて、まとめると重くて、首を振るだけで肩が凝るので、2,3年試して切りました。ドライヤーも面倒だし。

 

以後はずっとショートですが、夏になるとスキンヘッドにしたくなります。でもそこでまた帽子をかぶるのもうっとおしいし。男性はスキンヘッドのままでもなにも聞かれないけど、女性だと「ご病気?」と心配されて、説明するのもめんどうだよね、と思い留まる(-_-;) 毎年夏の葛藤です。美容師さんにも「スキンヘッドの方が手入れが手間なんですよ」と止められるし。

 

 

お菓子の袋を折ってとめるとか。いろいろ応用できますね。 そういえば輪ゴムも家のあちこちになにげに落ちています(^^;) (置いてあるのもあるけど、落ちてるのも多いです)

 

あ、極端に輪ゴムを十数本まとめた洗濯ばさみを発見してしまった(^^;)

 

 

 

眷族さんでも狐憑きになるのかな?

 

なんか狐憑きになったみたいな最近ですが……(^^;)

海外では狐憑きという霊的現象ってなさそうな気がするな(^^;)

 

おきつねさん、もしも可能なら交通費がかからない、徒歩か自転車で参拝可能なお近くに呼んでください(^^;) そうしたらもっとこまめに参拝出来るのに……。

 

かわいいイメージがいい、という意志を感じた時に、こう、なんというか、たとえようもない愛おしさというか、強い愛情を感じました。ミカイラさんみたいにぎゅーっと抱きしめたい。甥や姪がまだ幼い子供だった時以来だなあ、と思います(^^;) 

 

いや、神さまに近い眷族さんですが、なんとも不思議です。信者というより友達的なものがいいらしいです。

 

伏見稲荷大社は私が生まれる前からご縁があって、独身時代の両親もそれぞれ関わりがあって、あるいは縁結びしてもらった?と思うのも面白いです。

介護の間10年くらいお参り出来なくて母が特養に入ってやっとご無沙汰おわびしたら帰りに涙が止まらなくて困った。別に悲しくもないのにね。なんかいろいろスペシャル。

 

私にとっての「神社」というのとやはりお稲荷さんなんですね。ここに越したら氏神さんがない、というのがわかった時の所在なさとか、物足りなさとか、そういうものも強くて氏神さまロスですね。子供がいないから継げませんけど、私が生きてる間は大事にしたいと思っています(^^)

 

まあ、簡易神棚しかないですが。近くに住めたらもっと頻繁にお参り出来るのにー。

 


そういえばこの子も白狐だったわ……(^^;)

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.