つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

それなりに上手く歳を取れているように思うんだけどな

 

昨日はクリニックの受診日でした


弟の買い物衝動は2、3日前に沈静化していたようで、毎日届いていた宅配便がストップしてちょっとほっとしました。これで当分、むきになって発泡スチロールの箱を壊さなくてすみそうです。

 

本人は「うつの部分とかを母が持っていってくれた」とか言ってますが、まあ、まったく顔を出さない息子でも、母ならばそうやって世話を焼く可能性はあるかもね、と思いました (^_^;) まあ、それはそれでいいや。次は9月ごろにまた血液検査です。

 

私の方は現在、全身に自律神経失調症らしき症状が出ているということで、特に気になっていた胃腸の働きの悪さを改善したいので、ガスモチンという弟ももらっている胃腸の薬をいただきました。

 

季節の変わり目が特に顕著なんですが、私は食事中に空気を呑み込む傾向もあるらしく、いわゆる呑気症ですね。それで上腹部が張って苦しいことがあるんですね。夜中にお腹が痛くなって目が覚めたりするので、そういうのも改善したいなあ、と願っています。

 

そういえば前夜にモニタに向かっていたら何度か瞬間的に意識が飛ぶことがありまして、それを言ったら「もう疲れているという他にはない」と言われたので、もっと休めということなんですが、なかなか難しいです。

 

ちょっと脳に何か変化があるのかもしれない。モニタがホワイトアウトしそうになる時もありますし…。昔なら片頭痛の前触れでしたが、いまはそうじゃなくて血流が悪いのかも…と自分では考えています。

 

しかし、昨日は昼間に寝そびれました (;゚∀゚) このごろ横になってもほとんど気絶睡眠だと感じていますが…。これも疲労なのかなあ…???

 

 

昨日のつぶやきから…


メンタルって鍛えられるもんですね。意図したわけじゃないけれども。

 

ここ十数年の間にちょっとやそっとのことでは驚いたり動揺したりしなくなっているようです (^_^;) 

 

それは瞬間的にはパニックもしますけど…。

 

予期しない時(しかも真夜中)に病院から「お母さんの心臓が止まりました」なんて電話がかかると驚くよ、それは…。病院に着くまでうろたえていましたけど、わりと早くに平静に戻った気がします。ああいう反応、15年前には考えられなかったです。

 

そのくせ、感動するものには人一倍反応するし、いいところをみつけるのがいくつも増えたし。総合的に強くなってると思う。

 

そういう器用な反応の仕方が可能になるんだ、と自分でも驚いているけれど、振り幅が大きくなるということはより寛容になることが可能なのかな?と思った。人間、生きている間はいくつになっても変わることが出来ます。それに気付けて幸せですね (^_^)

 

そういう基本はやはり根拠のない自己肯定感なのかも。親がくれた最大で最高の生涯の贈り物。これからも生かしていきたいと願ってしまいます。脳も生涯進化するかもしれませんが、心もやっぱり進化するんだな、としみじみと…。

 

歳を取ると、当然身体能力的には落ちていくし、不自由にもなりますが、うまく育ててこれた心というのは歳を取るとより自由になっていくんですよね。つまらない枠組みとか既成概念からも自由になっていくのですね。それは大変にありがたいことだと思っています (^_^)

 

私の夢は老賢人みたいな年寄りになることだったりするんだけど、その境地に至るまではまだまだだなあ、と思います。まだ欲は残ってるし。でも少しくらいの欲はあるのが当然かもしれませんけどね (^_^;) うん、やっぱり私はそれなりにいい歳の取り方が出来ていると思います。

 

 

 

思い出しつつ…


いわた書店の「1万円選書」のリストが届きました (^_^)

haruusagi-kyo.hateblo.jp


1万円選書が届きました(^^)

haruusagi-kyo.hateblo.jp


いわた書店さんの番組が一昨日再放送されたそうで、またアクセスが増えてたんですが、そのいわた書店さんのカルテに書いたことも思い出しました。

 

こういう質問がありました。


★何歳のときのじぶんが好きですか?★

嫌いだったことがないので、すべての歳の自分が好きです。

 

★上手に歳をとることが出来ると思いますか?★

結構うまくやっている気はしますが…。どうでしょう? (^_^;)←聴くなよ (ー_ー;)


★これだけはしないと心に決めていることはありますか?★

やらないで後悔すること。どうせならやってから後悔したいです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180625200529j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.