つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

自分のためのグリーフケアと喪の形

 

症状のデパートみたいになっています (ーー;)

 

 

受診日で、8時には出ますので、例によって予約投稿です。

 

日を追うごとにいろんな症状が出てきて、現在の私、一日の半分は寝ておりますが、自律神経失調症じゃないかと自分でわかる症状が入れ替わり立ち替わり表に出てきます。

 

頭痛、めまい、眼精疲労、首の凝り、肩の凝り、背中の凝り、胸やけ、腹部膨満感、腰痛、足のむくみ、全身を移動する疼痛などなど、そういう症状のデパートみたいになっています。おまけにアレルギー性鼻炎まで出てきたし (ーー;) うっかりと具合の悪い時に買い物に出掛けるのも要注意です。

 

こういうのがいつになったらマシになるのか、自分でも予測が出来ません。気持ちが焦っても駄目なんで、そこも含めて相談してこようと思います。

 


昨日あたりから、弟の買い物が止まったのか、宅配便が届かなくなりました。新しく来た魚が早速死んでいたりもします。生き物は仕様がないですけどね。

 

 


やりたいからやる、それで充分


起きている時間は昨日言ってた両親の写真のモニュメントみたいなものを作っています。

 

仏教ですと、初七日を初めとして毎週のようにお坊さんの来訪があったりしますけど、無宗教だとそれがないので、せめてものかわりに、と思った次第ですね。

 

…とかいうのは表向きの理由で、本当は私が作りたくて作ったんです。それ以外に理由はありません (^_^;) 

 

これもひとつの「喪のかたち」とでもいうのかなあ。こういうふうにやりたいと思った時にやらないとあとで後悔するのは嫌なので…。完全に自分のためにやっていますが、これもグリーフケアのひとつかもなあ、と思っています。

 

べつに悲嘆にくれているわけでもありませんが、お絵描きその他のことよりも先にやりたかっただけなんですね。こういう自由があるのが嬉しいと思います (^_^;)

 

こんな感じです。

 

プリントはいつものどんどんプリントさんにお願いして、フレームも注文しました。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180624190815j:plain

 

この大きなのはA4サイズで、これを仏壇に飾っても大丈夫、という存在感があるものにしたいと思いました。

 

小さめなのが2Lサイズで、これは甥と姪に送りたいと思って作りました。これもフレーム付きの予定です。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180624190913j:plain

 

とにかく、やりたいと思ったことが出来たので、私は満足しています。限りなく自分得なんだけどね (^_^;)

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.