つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

時を越える縁の不思議など

 

忙しいはずなのになにを書いてるんや?と思いつつ…。

雨ですし、さきほど葬儀屋さんがドライアイスを追加して

遺影に使う写真を持っていかれました。

やはり拡大するから、証明書写真くらいのサイズは必要だそうです。

伯父がいいカメラで撮ったと思える法事の時の写真を

父の写真と似あう感じに加工をお願いしました。

 

自分でやろうとしたこともあるんですが、上手くいかなかった。

あれはPhotoshopのせいじゃなくて、スキャナとかのせいじゃないかな。

 

それで今は母に持たせるものを捜しています。

 

金属は駄目だから、入れ歯も駄目だとか。

そうするとなにがいいのかわからないんですよね。

 

うちの両親って物欲ないんですよね。

最晩年は二人とも「欲しいものある?」と聞いてもなにも

言いませんでしたし…。

 

捜したら、私と弟の臍の緒が出てきました。まあ、昔から

言われてるし、これは入れとくか?

閻魔様(だろうか?)現代なら何人子供生んだか?なんて

セクハラものですわよ (ーー;)

 

父の手紙が出てきて、1978年のアメリカからのものでした。

その中に「お世話になった現地の商社の方のお子さんが絵が好きだから

恭子の絵の中になにかいいのがあれば…」とか書いてある。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180530133729j:plain

 

そうか、私の画集とかでもいいのかな?

あとは手縫いの不細工なぬいぐるみとかでもいいかな?

「手縫い」に価値を見いだしてくれるならね… (^_^;)

 

なぜか当時の愛児手帳、なんてものが出てきました。

私が生まれた時のもので、珍しかったからか二人でいろいろ書いています。

私の名前は慣例によって、姓名判断ののち名付けられたものですが。

「恭子という名は恋愛結婚のものが好みそうな名だと言われた」と

あります。そうなんだ… (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20180530133752j:plain

 

親との縁が長いとも言われたらしいですが、これでめでたく

完遂しました次第です (^_^) 生まれた時にわかっていたらしいのが

東洋の神秘?四柱推命か算命学か?と想像したりして…。

 

そういえば「私が死んだら、パパとやりとりしたラブレター、

読んでもええし」と言ってたけど、それはもっと人生が辛く感じた

時用に大事に残しておきますね (^_^;)

 

時を越えた遺言みたいなものかもね。

さすがに恋愛結婚の夫婦はロマンチックな形見を残してくれます (^_^)

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180530134110j:plain