つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

 

過去の自分と物語の力を借りて

 

Twitterに投稿したので、ついでにこちらにも (^_^;)

 

テーマ「漫画で描きたかったキャラ&シーン」です。

 

同人活動の延長で、絵物語で妥協していますが…。

ストーリーと同時に描いていたため、早さ優先で線画は鉛筆描きです。

 

まだ介護にかかっていなかった頃、おそらく軽躁の勢いで描いてますね。

これの翌年から父の介護が始まっています。

1週間から10日くらいでばーっと。いまならとても無理です。

 

でも漫画とかはつくづく勢いで描いてたなあ、と思います (^_^;)

 

自分でも久々に見た。懐かしいです (^_^;)

 

 

あ、ストーリーはこちらです (^_^;)

 

タケル05 魂極る1

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205402j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205424j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205506j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205548j:plain

風狂の王子さま、個人的なご贔屓 (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205628j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205709j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205729j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205751j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181221205820j:plain

 

自分を懸命に引き上げようとしてるんだけど、まだ足りない。

過去の自分と物語の力を借りて根源的なパワーを呼び起こす試みです。

 

まあ、思考錯誤ですね (^_^;)

 

 

物語をものがたるってすごく生命力がいるよね。

だからこそ読者の生命力に訴える力を発揮することが出来るし。

読者に生きる力をあたえるほどの力がある作品を生み出せたら、

きっとフィクション作家としては本望だろうな、と思う。 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.