つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

記録は自分がきちんと生きて来た証になる

 

Twitter始めて9年経ちました


今朝早く、ツイッターにアクセスしたらこういう通知が来てました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20181114091810j:plain

 

ツイッターを始めて9年経ったようです。いつの間に?ブログ14年、ギャラリー個人サイト18年とは比較になりませんが、まあ長いのかな。

 

子供の頃の1日、若い頃の1年は随分長く感じましたが、最近では「9年」と言われてもあっという間、なので、どうかすると「何もしてない」気分になります。

 

父が亡くなった年だし。色々手続きとかあったし、今のこの部屋に引っ越して来たし、母が倒れたし介護もしたし、もろもろ色々あったけど、いろんな形で、例えばブログで書き留めておいて本当に良かったと思います。そう、お金にはならないけど、お金にはならない「やって来たこと」の記録が残ってるから「ああ、頑張ったなあ」という心境にもなれるのですね。

 

それでなければ茫洋と過ごしてしまった、としか思えないかもしれませんし…。記録って大事だ(^_^;) 自分も結構やってるじゃん、という確認もできて、自分のことを労いたくなりますし。

 

まあ、これからも無理はしないで、それでも自分なりに続けて行きたいです(^_^)

 

f:id:haruusagi_kyo:20181114091827j:plain

 

 

字が下手なのは治りそうもない

 

文字について。私は字が下手です。

 

いや、友人のところに郵便を出したんですが、宛名を一つ間違えた上に、自分の住所も時々間違えられる書き方をしてしまうので…。

 

郵便屋さんは優秀な方々ばかりで、以前、隣の市あてにうっかり出してしまった(市名以降は合ってた)ゆうパックを郵便番号を頼りにちゃんと届けてくださって、ありがたい限りなんですが…(^_^;)

 

封書の場合は差出人住所氏名のスタンプを作ってあります。同人と文通時代の名残です。

 

でもゆうパックとかだと全部書かないといけないから…。

 

私の字も一向に上手くなりません。せめて読みやすい字が書けるように心がけたいと思います(ーー;)

 

高校の世界史の授業の時、ユニークな先生が「ノートを取るのに消しゴムを使うな」という先生で、つまり「綺麗なノートなんて必要ない、自分が読めればいい」ということだったんですな。この先生の授業は面白かったです。

 

 

 

大学教授だった従兄たちも字は下手でした。まあ、板書しても読み易ければいいんですが。

 

私の母は書道が好きで習ってもいたので、字は綺麗でした。(万葉仮名が好きでした)近所の人たちが「ママ、悪いけどご祝儀袋の表書いて」と頼みに来られていました。そういう筆耕の仕事ができるんじゃないかな、と思ったんですけど…。

 

母は普段から文字が綺麗でした。姪っ子も小学生の時に書道をやっていたので、毛筆は上手かったです。でも硬筆は全然違うユニークな字を書いていました。こういうのもやっぱり個性なのかなあ??

 

私は毛筆の字はどちらかというと「絵」に見えてしまいます。

 

 

「字が汚い」というワードで検索していたら、こういう記事にぶつかりました。中国のサイトの日本語版のようですが、面白いです。元々はアメリカの研究みたいですね。

 

j.people.com.cn

 

字が汚いのと創造性の関連はイマイチよくわかりませんが…。なんか昨日Yahoo!ニュースの嘆きみたいなもののヒントが見つかるかも、という気はちょっとしました(^_^;)

 

実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント? | ダ・ヴィンチニュース

 

 

 

これね。これって本当に?と思いましたが…。ホント?世界的な傾向なの??

 

headlines.yahoo.co.jp

 

やっぱり読解力がないと困ると思う。

 

f:id:haruusagi_kyo:20181114091923j:plain

 

 

お絵かきは線画の途中です。のんびりやっています。

 

f:id:haruusagi_kyo:20181114091936j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20181114091948j:plain

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.