つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やめちゃうんですか!?

今までの20数年間、ずっとお世話になっていたご近所の調剤薬局が年末で閉店になると聞いて、母と伯父とみんなしてショックを受けてます(ーー;)聯

処方箋の調剤はもちろんのこと、トイレットペーパーとかティシュとか、その他、それこそ救心を初めとして、日常的な薬までずっと購入させてもらっていましたし、それ以前にちょっとした健康相談などが気軽に出来るという安心感が大きかったんですよね。薬のことのみならず、健康の事もいろいろと…。

ホームドクターではありませんが、それに近い存在の薬局と薬剤師さんでしたので、これからどうしよう?とみんなでパニックしてます(ーー;)嶺

思えばうちは薬局には恵まれていて、上京区に住んでいた時はお隣が薬局で、祖母や父が非常に親しくさせていただいてましたし、気軽な相談というもの当たり前に出来てましたし…。これからそういう相手がなくなったらどうしようかなあ?と、なかなかに深刻な問題です。蓮

やはりそこの薬剤師さんもお母さんの介護のために、故郷に頻繁に行かなければいけないような状況になるそうです。電話での相談くらいは聞いてもらえるかもしれませんが…。父の時にも随分お世話になりましたしね~。怜

私も気軽に相談する方なので、ドラッグストアでの買い物はどうも物足りないと感じますし…。常に相談できる人がいる価値って精神的に大きいと思います。嶺

来年からのクリニックの処方箋はやはり別の薬局でお願いするしかないでしょうが、それでも自転車でなんとか行ける距離ですし、今までよりも遠くなるのは確かです。輦

ご近所にもう1軒ある調剤薬局は薬の種類とか少ないですし、いろいろと不便で使えないと思うし…。はあ…。来年からどうにも悩ましいかぎりですね~(^。^;)フウ嶺

 今日は母の内科の受診日でしたが、帰宅直後にそういう情報が入るからなあ…。落ち着くまで、当分右往左往していそうな気がします。嶺

食料品関係だけじゃなくて、他の生活部分でどんどん不便になっていくなあ、この周辺。かといって、気軽に引っ越すわけにもいきませんしね~。困ったことだと思っております。輦

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.