つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

振り返ると長いのか短いのかわからない30年

 

引っ越し荷物はほとんど置いて行くつもり

 

なんかいきなり暑くなりましたね。

 

昨夜は暑さのため、午前2時に目が覚めてそれから眠れませんでした。だからあたふたと羽毛布団をしまって、シーツを洗濯して、肌掛け布団2枚を用意して、これで温度調節しようと思っています。真夏でもエアコンを入れるから大体そう言う感じ。

 

うまく汗が出ないからすでに蓄熱しています。多少なり汗をかいても下がらないんだな、体温って。本当に変温動物だ(ーー;) 片付けるのが余計に辛くなります(ーー;)

 


で、予定どおり、昨日は不要品処分業者の人と不動産屋さんが来られまして、ものすごく大雑把に見て帰られましたが、あれでわかったんだろうか??

 

私は素人だから見当もつきませんが、弟も本棚以外は全部いらないと言ってるし、私も今使っているふた部屋のもの以外はいらないし、2トントラックじゃ足りないかもしれません。

 

2トン積み放題だと3~5万くらいかな?と思うと、4トンだったら倍で10万とかかかるかも…。それはもう仕方がないです。家族7人分の家具の量だから。

 

今まで誰もやって来なかったツケだから、費用の方もちょびっと優遇してくれないかなあ。もっとも宝くじも買わないから優遇する方法もないんですが。

 

前は交通事故の保険金だったけどね。救急車を寝たまま待ちながら心の中では「神様、ちょっと荒っぽい方法ですね」とか考えてた。でも傷跡はちょびっと残ったけど大事に至らず良かったです(^_^;) 

 

 

 

 

 これも30年ちょっと昔のやつかな


自分の原稿と同人誌のエリアに入りつつあるんですが、なんとも懐かしい昔の原稿を見つけてしまいました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511184923j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511184937j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511184957j:plain

 

職場(デザイン会社)で描いたカットです。チラシ用か販促ペーパー用か忘れましたが、毎月描いてたなあ。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185016j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185032j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185045j:plain

 

Macが導入される前だから、1988年~1990年ごろと思われます。

 

小児科勤務の後だったし、漫画でも子供を描いていたので、子供が描きやすかったみたいですね。姪が生まれた頃かな?まあ、そんなこんなで子供が好きだったしね。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185112j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185124j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185149j:plain

 

それでも本当に私の世界観は頑なに変化してないですね。頑固なのはわかってたけどさ。題材はやはり30年前のものですね。服とかも。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185401j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185215j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185227j:plain

 

やはりモノクロの技術はこのころのほうが上です。それは確実(ーー;)

 

これら以外にもA3位のモノクロ原稿を見つけたんですが、うちのスキャナーはA4までしか入らないので、諦めました。

 

うん、これも確かに描いてたなあ、と思い出す。当時はアナログでもほとんど修正の後がないんですよね。それだけ気合が入ってたのかなあ?と思ったりしています。

 

線の強弱とか、今はあえて使ってないから、昔の方がメリハリがあって線が生きてるのはわかります。どちらも好きだけど、Illstrator&Photoshopだって画材の一種だし。進歩したのか退化したのか停滞しているのかよくわからんなあ。

 

キャラクターは歳を取らないのになあ (ーー;)

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.