つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

自分の病気よりMacの不調の方が厄介だな 手が出せないし

 

病気を受け入れるということ

 

 

 


これね、やはりそれまで比較的元気だった人の方がギャップが大きくてショックもダメージも大きいと思うのですね。

 

私の場合は幼少のころから、すでに少なからずいろんなことを諦めていたので、多分普通にお元気だった人よりはショックを受けてないと思います。

 

いや…。振り返るとうつだと言われて8年半経って、やっと双極性障害と判明したんですが(なぜなら抗うつ剤が効果がなかったから)「ああ、やっぱりか」と頭の中ではしごく平静に受け止めていたから、むしろ安心した感がありました。おそらく心のどこかではそう思ってたんじゃないかと思います。

 

なんとなく自分の病気ってわかることが多いんですよね。すぐに生命に関わるような病気ではありませんが、自分があまりにも平然と納得しているので、自分で驚いたくらいです。

 

まあ、ホントに自律神経失調症と大差ないというか、病気に対する心構えが同じなのでした (^_^;) どのみち一生つき合うのですから、服薬も一生でも同じです。それまでも子供のころからすでにずーっと規則正しい生活をしてきたので、それも同じだし。

 

こんなふうな一生というのもあるんだなあ。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190210194728j:plain

 

 

 

 

 それはおそらく違うよ 素人にもわかるよ

 

 

 

 

 

反ワクチンの池田としえさんがこういうふうなことを言われていますが、思春期はもちろん、もっと子供の時からずっと調子が悪くて、いまに至るまでずっと調子が悪いのもワクチンとはなんの関係もありませんから。

 

決めつけは罪深いよね。

 

むしろ私みたいに片頭痛もちの若い人がいたら、ワクチンとは無関係なのに、ちゃんとした治療が受けられない可能性もあるよね、と思うと憤りを感じます。片頭痛以外にもそうだ。ホルモンバランスも狂いやすい時期だし。私も卵巣機能不全だと言われてた10代でした。

 

なんつーか、反ワクチンの人たちって、もっとシンプルなことをかき混ぜて余計にややこしくしてるよね。なんの得があるんだろうか?

 

すいません、話がそれました。なんつーか、自分の体験と比較して思うから、ついつい腹立たしく感じてしまいます。ワクチンで具合が悪いわけじゃない子をはやく助けてあげたいと思うし。

 

 

 

 

 time machineのfirst aidは止まらない


昨日はMacのtime machine用に使っていた外付けHDDが不調になりまして、一昨日にiMac本体のfirst aidは検査したばかりだったので、外付けのほうも気軽にやり始めたんですが…。

 

始めたのが午前10時半くらい。お昼になっても終わらない。仕方がないから昼ご飯を食べる。寒いのでお風呂を沸かして入る、ついでに洗濯もしたけどまだ…。午後7時半現在もまだ終わりません (ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190210194700j:plain

 

もうとっくにこのHDDは駄目だろう(寿命じゃないかな)と思って、新たに4TBのHDDを注文しました。まあ、それが届くまでtime machineは使えないけど、おそらく2、3日じゃないかと思うし。

 

もう途中でやめていいよ、と言ってるんですがキャンセルボタンがないんです〜(>_<)

 

私の方が気分的にしんどくなってきたけど、電源切るとかは本体への影響が怖くて出来ず…。えんえん待たされております。この原稿を書いているのが10日の午後7時半。寝るまでに終わってくれるんでしょうか…?

 

…と、ひとまず予約投稿はしておきます。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190210194643j:plain



 

追記: 

 

午後10時前、結局iMacがフリーズしてしまい(きっとPhotoshopを立ち上げたせい)再起動かける羽目になったので、強引に終了になりました。HDDを取り外して本体にFirst aidをかけたら問題でなかったのでおしまい。

昨日は12時間以上奪われて何をしてたんだろうなーと思います。がっくり_| ̄|○

 

まあ、お疲れ、LaCieのHDD。新しいのが早く届いてバッチリBackupしないと安心出来ませんが…(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.