つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

 

片頭痛は薬が効かない激痛でもある

 

片頭痛は苦痛が強い頭痛

 

チャーコさんがひどい片頭痛の苦痛を書いてらしたので、私も色々思い出してしまいました。我が家は全員が頭痛持ちでした。

 

harienikki.hatenablog.com

 

harienikki.hatenablog.com

 

harienikki.hatenablog.com

 

父は「壁に頭をぶつけたくなる」と言われる群発性頭痛でしたし、そういうところは似るのかなあ?と思います。

 

もっとも私の場合は幼少時から度々起こしていた自家中毒もあるいは片頭痛と関係があるかも、と最近言われているので、その延長だったのかもしれません。おそらくそうだと思います。

 

自家中毒もすぐに重篤になり、3日くらい意識不明になって入院になるので、親もそれなりに深刻に考えてはいたようです。これは1歳くらいから始まっていました。

 

 

medicalnote.jp

 

ホルモンバランスも?


片頭痛は女性に多い傾向があるので、ホルモンバランスと関係がありそうにも思えます。

 

それというのも、私の場合、7歳を最後に自家中毒にはならなくなりましたが、中一の時に初潮になって、それとともに片頭痛が始まった感がありました。だからホルモンバランスとの関係が疑われて、おまけにほぼ毎月、一度か二度は片頭痛に襲われていました。

 

市販の鎮痛剤は痛くなってしまうと効果がないので、暗い部屋でおとなしく寝ているしかありません。もちろん吐き気もしますしね。じっとしていないとどうしようもないです。

 

私の場合の前兆の「閃輝暗点」はこんな感じ。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190113150452j:plain

 

 

これも個人差があるようで、芥川龍之介は「歯車」という表現をしていましたが、私の場合は視野全体に白い光が埋め尽くすので、本当にホワイトアウトな感じです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190113150507j:plain

 

 

中3の時は7時間目に模擬テストがあって、この閃輝暗点の最中に受けたことがあります。(終わりかけに激しい片頭痛になりました)問題も答案用紙も見えないんです。ホワイトアウトだからさ。

 

それでどうして解答できたのか自分でも謎です。ほとんど勘で答えてたのかもしれません。

 

辛かったですね。よく登校してたと思います。受験っていうのはやっぱりストレスだったのかしら?

 

 

 

脳出血を心配されるお年頃


で、私もチャーコさんと同じく、救急車に乗ったことがあります。30代くらいの時で、その辺の年齢になると親が脳出血を心配するんですね。で、私も同じく吐き気はひどいし、腹痛もあるし。で、救急車。

 

検査して、点滴して、様子を見て、薬をもらってなんとか入院せずに帰ってきましたが、仕事を休んで3日間寝込みました。とても起きてられなくて。その辺りが一番ひどかったかもしれません。

 

その時にもらった薬がクリアミンなんですが、これを普通の鎮痛剤と同じだと思った弟が飲んで、ショック状態になりました。血管に働く薬だから。

 

www.rad-ar.or.jp

 

副作用あるからうかつに飲むのはやめて。父は昔カフェルゴットをもらってたけど、今は販売中止になってますね。

 

クリアミンは私もほとんど飲んでなかったと思います。

 

私はちょうどその頃にクリニックでうつ病と診断されて、のちに双極性障害とわかるまで、8年くらいパキシルをもらって飲んでいました。

 

片頭痛セロトニンは関係があるのでは?という説もあります。専門的なことはわかりませんが、ちょうど更年期を超えるのと前後して、パキシルがなんらかのプラス作用になった可能性もあるかなあ?と考えています。

 

ja.wikipedia.org

 

それからはおかげさまで重篤片頭痛は起きていません(^_^)

 

もっともまだ去年弟が閃輝暗点を伴う片頭痛が起きたと言ってたので、わかりませんが、どうも私個人は卒業できた気がします(^_^;) 

 

チャーコさんも早く卒業の時期が来るといいですねー(^_^;) 願っております。きっともうちょっとの辛抱ですよ。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190113150719j:plain

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.