つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

単純そうで実は複雑な双極性障害

 

クリニックの受診日なので、予約投稿しておきます (^_^;)

 


正しく思えない部分に×をつけよ

 

昨日、たまたま読んだ記事ですが、いろいろと首を傾げたところがありました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

少なくとも自分では経験したことがない人が書いているのはよくわかった。新型うつと2型の双極性障害を一緒にすると、世の中が混乱するからやめて。

 

肝心のことが書かれてないんだけど、軽躁状態には必ずあとから反動がくる、ということも書いてないね。これって結構深刻なのに。

 

出来る、と思ってやりきったあとの疲労感と落ち込みが半端ではなく、特に疲労感がいかんともしがたい辛さになります。まあ、わかっていて動く私みたいなやつがいるんですけど…。

 

「私、ずっと軽躁のままがいいです」と言って、主治医の先生に「みんなそう言うけど、あとから必ず反動が出るやろ?」と言われるくらいです。

 

それでもって、現在もメンタルは落ちていないのに、体調が悪く、疲労倦怠感が半端なく、慢性疲労症候群の人の気持ちがよく理解できてしまうほどにしんどいです。わかってて外出を決行したから余計に、ですけどね。

 

健康な人が傍から見るほど患者は単純な状態にはいませんし…。記事に書かれているよりはるかにややこしいのです。だから当事者が書いたわけではないのが一目瞭然ですね。

 


薬も複雑なんですね


私は今は抗精神薬の類いはもらっていません。デパスもその範疇に入るのかな?仮に入ったとしても一日2錠だし。あとはリチウム剤がぴったりの血中濃度で推移しています。私には合っているのだと思います。結構慎重なので、出来るだけ薬は増やしたくないタイプです。

 

なんの本だったかな?リチウムというのは塩分なんだけど、だから自然の中にもあって、ある町の水道の成分の中にも入っていた。するとその町の犯罪率が徐々に低下していったとか。ちょっと調べる気力がないから確認はしませんが、まあ、そういうこともあればいいよね、と思いました。気分安定に効果があったということですね (^_^;)

 

でも薬剤の効果は本当に個人差が激しいので、抗うつ剤を上手く併用されている方もいらっしゃいます。弟などもパキシルも飲んでますし…。

 

私もアップダウンがありますが、現在は身体症状ばかりが相当強いです。気候が不順で、もともと不安定な自律神経の不調と相まって、本当に疲労倦怠感と首や肩や背中の凝りがひどいです。

 

でも多分、今日受診しても薬は増えないと思います。


私はこの家の大黒柱だから、身体に気をつけてくださいね、とヘルパーさんにも言われるこのごろです。

 

年齢と共に、なのか、期間が長引くと共になのかわかりませんが、本当に年々辛く感じることが多くなってますね。やはり身体的に、かな。

 

気分の上下動は、特にうつ状態はあまり長引かなくなりましたが、身体症状は辛いな。これってもっと改善の余地があるのかな?それともこのまま緩やかに低下するばかりなのかな?

 

なんとなくため息が… (*-д-)-з

 

 

 

 

お絵描きもあんまり進みません。

ひさびさのらくがきと、線画と…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180513185746j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180513185805j:plain

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180513185819j:plain

ジェットコースター的人生。

 

 

 

 

 

 

保存保存

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.