つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

おかげさまで母は元気です(^^)

母のところに行ってきました。

 

カンファレンスが2時からなのに、着いたのが12時半だったので、
ちょうどお昼時でもありますし、母の隣に座っておりました。

 

ご飯もおかずもペースト状ですが、うなぎのたれをかけてもらって、
しっかりと勢い良く食べて、完食です。朝も完食したらしいです。

 

よくしゃべるようになっています。何を言っているのかいまいちわからない方が
多いですが、とにかくそれなりのコミュニケーションは出来ているようです。
介護士さんに「あれ欲しい」とか「ゼリー欲しい」などと催促もしているようです。

 

お茶もとろみ付きですが、よく飲みますし、私がコップ1杯飲ませたけど
まだ足りないようで催促してました。

 

「これ、私の娘、ってみんなに言うねん」「もうみなさんとっくに知ったはるよ」
…それでも言いたいらしい。まあ、好きにしてください。
「自慢の娘さんやね〜」とスタッフさんたちも言われていたので、要するに
自慢したかったようです(^_^;) 好きにして〜。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150821160437j:plain


で、カンファレンスでは、えらい調子がいいので、「良すぎて怖いくらいです」とか
言われてました(^_^;)

 

よく食べるから、お通じもわりとよくあって、私が持参していた便秘薬がいらなくて
マグミットだけで大丈夫な感じですね。

 

今後もおやつのゼリーやプリンやヨーグルトは持っていくとにします。
塩分が入る食べ物の方はもうちょっと様子見ですね。
おやつには塩分が入りませんが、それは仕方がないですね。

 

食べられなかったこともあって、39.8キロになっていますが、
それも食べているから徐々に戻るかな?
ただ、褥瘡はなかなか全快にはいきませんが、これも栄養状態が
ましになれば改善するかなあ?と思いますが…。

 

もしもこれからまた電解質のバランスが崩れたら早めに入院させたいと
お願いしてきました。どうも母の性分で、入院して治療というと安心する
ようなところがありそうなので…。

 

私は結構大変ですけど、在宅で介護していたら、本当に入院させたい時に
入院させるのが大変だったので、そういうことを比較しても
病院グループの系列の特養っていうのはありがたいなあ、と思います。

 

まあ、できれば、今のように元気な状態が1日でも長く続いて欲しいものです。



 

f:id:haruusagi_kyo:20150821160545j:plain

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.