つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やる気はあっても身体がついてきてくれない悔しさ… (/_;)

 

今朝起きたら、右目がくっついて開かないようになっていました。時々あるんですよね。いつも寝る前と起きた時に目薬さしてるんですが、なんか、起きても頭の右半分が痛いし、右目も痛いし、これはドライアイかなあ、と思っているところです。

 

Macブルーライトを消すと色がまともに見えないし(照明の色の違いも過敏にわかる方だから)、あと対応可能なのは時々暖かいおしぼりを作って温めるくらいかなあ。温める方がいいらしいのです。午後にはマッサージの先生が来られるから相談してみますが、首も肩の凝りもあるし、これはPCに向かう時間が長いものの宿命かもしれませんね〜。うっとおしいなあ…(ーー;)

 

 


今年、サイトの更新頻度ががくっと落ちているのはもしかしたら仕事が増えているせいかな?単価が安いせいでそんなにやっている気がしないんですが、雑用だけなら、去年の方が部屋のリフォームが終わるまではたくさんあったと思うし…。

 

あちこちにメモってある仕事の収入、きちんとノートにつけてみないと駄目だなあ、と思っております。

 

昨日、地元の障害者ITサポートの所長さんといろいろなデザイン料についての見積もりを検討していました。どうも私が考えると安くなりすぎるみたいです。もともと相場があってないような世界ですから…。ものすごく悩んだんですが、とにかくお客さんに数字を出さないと先に進めないらしいので、わりとお任せしました (^_^;) どうなるかわかりませんし、正式に仕事が入るかどうかもわかりませんが、他の方とのバランスもあるでしょうしね。

 

「通勤が大変」もしくは「難しい」。でも在宅なら働ける障害者のためのテストケースみたいな意味合いもあるかしら。これが普通のことになって、障害があっても普通に近く働けるようになったら本当にいいことなんですが…。

 

 


まあ、そういうことで頭を抱えていたら、10年来の旧知のケアマネさんから「名刺作ってください」という電話があったので、今はそれをやっています。プリンタ使用なので、ほぼ手作業で採算度外視の仕事ですが、ホントにこれはお友達価格なんですよね~。

 

足りない名刺用紙も注文したし…。20点デザイン違い×10枚ですしね。こういう面倒なことは普通の印刷屋さんやデザイナーはまずやらない (ーー;) もともとは私が遊び心で始めたから定着しちゃったんですね (^_^;)

 

これを仕事にしようかと考えたこともありましたが、デザインから原稿作成やもっと面倒な事務作業のあれこれを一人で全部やるのは無理だろうな…と思ってしまって… (ーー;) レーザープリンタもいるだろうし…。で、とりあえず諦めました。事務的な作業って結構面倒くさいです。事務の仕事もやったことあるけど…、それだけならいいけど、出来たらデザインの方に集中したいしね…。

 

 


私には3歳年上の従姉がいます。3年前の誕生日にそれまで勤めていた銀行を定年退職しました。それまでにも体調が悪いとぐずぐず言っていましたし、もしかしたら早期退職するかも…と言いながらなんとか頑張ったみたいです。

 

30年前に両親を立て続けに亡くして、それなりに苦労だったと思います。まあ、そのかわりに現在は介護をする必要はないですが…。人生って本当にいろいろだなあ…。

 

その30年前にすでに貯金が1,000万出来た、とか言ってたので、金融機関ってすごいなあ、と思ったことを覚えています。それからさらに年月が過ぎたから結構もっと貯まったかもしれませんが、やはり家のリフォームをしているし、老後を考えると貯金は必要だろうしね…。

 

 

うん、でも私は従姉が辞めた年齢になっても働かないとね。いや、他人に余計な気を遣う会社勤めでなければ出来ると思いますが。今のスキルを生かさないといつ生かすの?ってことになると思うし…。

 

 

そういうわけでお絵描きはさらに遅れます~(>_<) いままだこのへん。でも今からまた仕事です~。

 

f:id:haruusagi_kyo:20160526085255j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20160526085308j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20160526085329j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20160526085348j:plain

 

ここいらにくるとスピードアップするんですが、今は無理ですね〜。