つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

マイナスの体験からでしか学べないこともあるのよ

 

 

体調不良につき、本日お休みいたします。

 

とても足がだるいです。

昨日も買い物に行った時、倒れそうにしんどかったけど、夜になるにつれて

ましにはなっていったので、そういう日内変動があるみたいですね。

これはどうしようもないわー(*-д-)-з

夜のうちにブログを書いて予約投稿するならまだしも…。

 

Twitterあたりでよく見かけるんですが、精神疾患になってまだそんなに

経験が長くない人が「他人から『病気になるのもいい経験』とか言われると

腹立たしいだけ」とかって呟いておられますが、それはまだ余裕が

ないだけなんだよね。

 

どうしても苦痛や辛さの方に気持ちが集中しちゃって、少しでも距離を

置いて自分のことを考えられない状態じゃないかと思います。

まあ、そういう時期の患者さんに上記のような言葉は酷なので、

今現在、その人がちゃんと自分の病いと向き合っていることを

評価してあげてほしいと思います。

 

徐々に改善して、気持ちの余裕ができてきて、冷静に振り返って

「あ、あれもいい体験だったなあ」と思って何かを学び取って来れれば万歳で。

 

他人のせいにしたりすると、これが何度繰り返しても学びにならないケースも

あるので、闘病中は孤独ではありますが、内観で自分と向き合うチャンスでは

ありますね。これも気づかない人は気づかないかもしれませんが。

 

人間ってマイナスの体験からでないと学べないことが多いのです。

これが体験で理解できると「転んでもただでは起きない」感じで

あらゆることから得るものが大きくなる人生になると思います(^_^;)

 

 

 

こんなページを見つけました。

 

happylifestyle.com

 

似たようなことを言うてはる気がします(^_^;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180924085407j:plain