つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やっと出来たー!(^_^;)

 


涼風が心待ちな今年の夏です。立秋は名前ばかりで厳しい暑さが続きます。


この作品、一番最初は龍を描くつもりでした。ちょっとね、
水系の涼が欲しいと思って。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180807201346j:plain

 


でもいまいち大変だと思ったので、次は麒麟にしてみました。
麒麟は実際に描いて着色までしたんですが、置いて見ると「やっぱり違う」と。


結局は鳥になりました。まあ、鳥も風のイメージに関与してますよね。
少し早めの秋の白萩が咲いています。


背景の五重の塔は実はフリー素材をお借りしています。
自分で描こうと思ったんですが、やっぱり気力が足りなくて…(^_^;)


気力と集中力がなければお絵描きは完成に至りません。
いつものようにブログに途中経過を載せて、
必ず完成させるように頑張りました(^_^;)←これ、いい方法ですね。


私ごとですが、5月下旬に母が亡くなりました。
いつもブログをお読みくださっている方はご存知ですが、
前回の更新の翌日です。まあ、割と急ではあったんですが…。
葬儀を終えて、事務的な手続き一切を終えた私は無意識に
「やれやれ…」と思ったようです。


それまでは相当テンパってた自覚もありました。
その力が抜けたら、この病気もあって反動がどーっときました。

一気に何年ぶんも年を取った感じで、体調がガクッと落ち込みました。
この夏の猛暑と相まって、まだその反動のしんどさから立ち直れていません。


まあね、介護も長かったですしね。それらすべての疲労が出たんだと思います。
父の在宅介護に入った時、ケアマネさんに
「恭子さん、絵を描くことは何があっても手離さないでくださいね」と
言われたのを思い出しました。

おかげさまで描き続けています。無形財産です(^_^;)

大きなサイズはサイトでご覧ください(^_^;)

星宿海 渡時船



f:id:haruusagi_kyo:20180807201421j:plain






Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.