つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

いずれにしても他人事ではない

本来は午前中はマッサージの時間帯なんですが、先生の方の都合で時間帯が変更になりました。

で、まあ、ぼんやり待っているのもなんなので、先に抽選のためにドラッグストアに行ってきました。ささやかな景品ですが、2,000円分近くになる金券が一番嬉しかったりして… (^_^;) 使えるのは来年ですが。

今日なんかもう全然普通に自転車で走れるようになっていまして、あの一歩も踏み出せなかった状態って、本当になんだったんだろうなあ、と感じるくらいでした。まったくの初心者みたいになっていましたので… (ーー;) 

脳の状態ってものすごく微妙なんだなあ、と感じますね。

昨日は区役所で書類を書いて、やっと、まともに字が書けるようになっていて嬉しかったです。 ラミクタールは私には本当に天敵くらいに合わなかった薬ですね〜。上手く合う人は問題ないと思うんですけどね。

今は私もイライラがつのる傾向がやや戻って来ていますが、これは様子見でいこうと思っております。出来ればあまり薬は増やしたくない気持ちです。

…それにしても。自分が関わる世界の中の人間関係ってごくごくわずかな狭い範囲だと思っていましたが、それでも介護の関係やメンタルヘルス関係の繋がりは意外なところで輪になったりするから面白いですね (^_^;) やはりそれだけ生命や生活そのものと密着した関わりだからかもなあ…と思えたり…。

 ここ2年ほどのあいだにお腹を2回、頭を1回手術した伯父ですが、今回の首の手術が一番痛くて不自由で大変だったようです。昨日すでに傷口からのドレーンは抜けていましたが、固定のための首のコルセットのようなものを装着しているため、ベッドを起こしてもらっても俯けずに食事も不自由だと言っていました。

ちょうど年末年始の休みに入るので、リハビリもあんまり進まないかもしれません。それでも1/8日頃には転院になるんですよね〜。その転院先がどうなることやら… (ーー;)

すごく妥協して、家族が通えそうなリハビリ専門病院はやっぱりJ病院しかないのかな…? (ーー;) ここだって往復だとタクシー代が3,000円はかかる。バス停からも駅からも遠いので、他の手段では母が行けないし…。都会なのにメチャ不便… (ーー;)

伯父は頭はしっかりしていますし、うちの父のように夜中に声を出したりするようなこともないし、さほどひどい扱いをされることもないかな?とか思いますが…。

父の退院後にケアマネさんが猛抗議されて、その後少しは改善されたような噂もありますし…。患者さんに直接対応される看護師さんや療法士さんたちは親身になってくださるので、そこも妥協点ではあるとは思います。

(私の経験では担当医師と看護師長さんがなんだかね〜、という感じでしたし)

まあ、まだまだ未定の話です。病院に入るにしても、在宅でやるにしても介護関係は本当に半端なく大変だよなあ…と改めて思います。

みんないずれは平等に歳を取るんだけれど…。

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.