つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

摩訶不思議な京都のイメージ

 

本日の予定 特養と買物

 

今日は可能ならば母のところに行って、その後、本日待望オープンするスーパーに買い物に行く予定なので、やっぱり予約投稿しておきますね。

 

耳鼻科通院とか入ると結構毎日忙しいです。作業療法士さんと看護師さんが来られる日、マッサージの先生が来られる日、今月だけは休みにしていただいていますが、ヘルパーさんが来られる日、母のところに行く日、耳鼻科に行く日、クリニックに行く日、あいまに買物などを挟むと結構毎日忙しいです (ーー;) 

 

なんかしら用事があるような気がします。

 

あー、でもこの辺は本当に都会の買物難民していたので、食品スーパーが出来るのは本当に嬉しいですo(^-^)o

 

これはまだ準備中の20日に撮った写真ですが。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170821185249j:plain

 

なんというか、郊外の方(特に南部かな)が大型の商業施設があって、まとめて便利なんだよね。このへんは半端な場所だったのでした。50年前は新興住宅地だったけどね。

 

 


この人らはどこの京都人??


最近、妙に続けて京都人の性格についての記事を見かけるんですが、まあ、昔からよく一般的に言われているんですが、これってホントに??と個人的には不思議で仕様がないんですよね。

 

matome.naver.jp

 

私、生まれてから8歳まで京都御苑の近くに住んでいて、その後は現在まで50年ほど伏見に住んでるんですが、その上京区でも伏見区でもこういう記事に出てくるような人に会ったことがないんです。

 

だからこういうのを見ると「もしかしたら私は同じ京都でも次元がズレてるような場所にいるんだろうか?」とか、レイヤーが違う同じ場所でこんな会話をしていたりするんだろうか?と、いつも不思議で仕方がありません。

 

排他的でも上から目線でもないし、いなくなった途端にその人の悪口をいうこともありません。実際にこういうことを言う人を私は知らないのです。私はどこに住んでるんだろうか?やっぱりレイヤーが違う京都?ホントに摩訶不思議だと思う… (ーー;)

 

あまりにもこういうことが話題になると、誰か印象操作でもしたいんだろうか?とも思ってしまいますが…。

 

「うわさ話で人が殺せる」というのもどこかで見たけど、ホンマやったらめっちゃ根性悪いで。美意識もなんにもあらへんし。それで潰れるほどやわな神経でもなし (ーー;) …やっぱり私が知ってる京都は別の場所に存在している京都なんやね。

 

「他人」というのはある意味自分を映す鏡のような存在でもあります。どこの土地でも偏見を持たない人間に対して、一方的に偏見だけで相対する人は多くないと思う。だからどこの都道府県でも当てはまる話だと感じていますが…。


ただ、真実なのは、夏の京都は観光には向きません、ということくらいかな。フライパンの上にいるような気分になるから、暑さに弱い人、体力に自信がない人は夏の観光は避けた方がいいです。冬はそれなりに寒いけど、雪景色とかでお得な気分になれるからいいかも (^_^;)

 

 

ゆっくりとお絵描きしています


陰影が入って、色調整もしたので、これから着色に入ります。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170821185353p:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170821185410p:plain

 

 

こういうオブジェクトも作ってみました。なにが描きたいか一目瞭然ですが (^_^;) まだ修正する可能性はあります。気分はもう秋。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170821185432p:plain

 

 


仕事の原稿は昨日修正して送ったので、あとはOKが出たら納品が可能になるかと思っています。

 

8月はもう、個人的にちょっとした地獄を見たような気がするけど、いずれ改めて記録いておこうかなあ、とは思っています。備忘録なので…。

 

 

 

 

 

保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存