つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

生きるために必要なことは自分が見つけないとね

 

ここしばらく、どうにも「しんどい」という言葉しか出てこなくて困っています。ただ座っているのも結構しんどいので、横になる時間がうんと増えました。横になってできることって読書くらいしかありませんけど…。それが現状だから仕方がありません。なるべく軽めの本とか漫画とかを読んでいます。

 

思えば去年の夏もダウンしていて、母が入院してもすぐに病院に行けなかったし…。動けない時は動けないからどうしようもありません。気分は落ちていないんですけどね…。

 

 


そうしてのびていたら、玄関チャイムが鳴るので、お弁当屋さんかと思って出てみたら、宗教勧誘の人だった(ーー;) いま忙しいとも言いづらく、なんとなく数分話をしてしまったが、いまどきは聖書もタブレットで持ち歩く時代になってるんですね。文字のサイズ以外は本でもあまり変わりはないような気がしますけど…。

 

人間の根源的な問い「我々はどこから来たのか?どこへいくのか?なんのために存在しているのか?」というものはいろいろなことで、主に不幸なめにあった人間は考えざるを得ない状態に追いやられるのが無理ないことでしょう。

 

そうじゃないきっかけもあると思いますが、人生の不幸や不運が根源的な問いを抱くきっかけになった人は少なくないと思います。

 

いや、そういうこと質問されたので…(ーー;)

 

で、それを入り口として哲学とか自分なりの宗教などについて考えることに発展していくのですね。私はたぶん子供のころからずっと考えてますね。

 

それでかなり独自の考え方になりましたが、これは一神教とはきわめて相性が悪いです。唯一絶対神というのとは違うから…。だからそれでなくてはダメ、という宗教には近づかないのが無難だと思っています。そういう信仰を持つ人の信教の自由を大切にするためにも、近寄らないほうがいいことも多々あるんですよ…。

 

私自身も動かないし、観念的に融合が難しいものもあるよね。そのほうがうまく行くことも少なからずあるよね、と思っております。いま現存する既成のどの宗教とも違います。自分だけのものですが、それを布教するようなものでもありません。まず「宗教」というカテゴリにも入らないだろうし。

 

…だから勧誘に来てもらっても根本的に無駄なんです。最初からきっちりお断りしたほうが親切かもしれませんが、でもまた違う人が来られたりするからなあ…(ーー;) また「新聞と宗教勧誘はお断り」って玄関に貼っておいたほうがいいかもしれないですね〜(*-д-)-з

 

 

 

昨日、唯一やったこと。

 

こういう色鉛筆を買いました。 

 

中国製ですが、レビューも悪くなくて、安かったので、気軽に普段使えるといいなあ、と思いまして…。500色や100色も持っていますが、あれは「気軽に」って感じじゃなくて…(^_^;)

 

で、これはですね、安いのはいいんですが、紙の箱にみっちり3段になって入ってまして、取り出すのもしまうのも、色を探すのもえらい大変な感じになります。パッケージを手抜きして価格を下げてあるんだなあ…(ーー;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20160613091545j:plain

 

全色が見えないと不便きわまりないので、考えた結果、うちにあるものでなんとかしようと思いました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20160613091604j:plain

 

で、使ったのがもらいもののお素麺の木箱とボール紙、カット綿ですね。

 

ボール紙で中箱を作って2段にして、全部の色がわかるようにしました。まあ、箱があつらえたようにぴったり。長さであまるところはカット綿を切って先端保護のために敷いています。

 

f:id:haruusagi_kyo:20160613091631j:plain

色がたくさんあるのって幸せ〜(^_^;)


やるなら自分の絵を描けよ、とか思いつつ、ぬりえとかにもちょっと興味がある私でした(^_^;)