つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

まだ復活出来ず(ーー;)

精神的なダメージが徐々に強くなってきている気がします。我が家の場合、私以上に母が、さらには弟も不調を訴えています。季節的な気候変動も堪えていると思いますが、今回はやはり災害のダメージがかなり影響している感じです。なんとかもっと軽く、動きやすい方向に持って行きたいのですが、難しいですね。嶺

取りあえず、なんとか出来る限りの日常生活は続けております。私や弟がそれぞれ買い物にも行っていますし、母は少しずつでも食事の用意をしています。でも全員が早い時間にダウンしています(ーー;) まあ、これは節電になるからいいのかもしれませんが…(^^;)嶺

ジャパンネットバンクからも赤十字に募金が可能になったので、心ばかりの金額ですが入金して来ました。おっつけ町内会あたりからも募金の呼びかけもあると思いますし、機会があれば何度も(少ししか出来ませんが)募金が出来れば、と思っております。

あとは、たとえばもっとクリエイティブなことが出来ればいいのですが…。今回ばかりは父の死の時よりも、阪神大震災の時よりも受けているダメージが大きいのか、なかなかその気力もイメージも浮かんできません。情けないなあ…(T.T)輦

海外のメディアでは「日本の技術だから、これだけの被害ですんだ」という評価もあるようで、そうなんだ、と再発見。

天然資源もほとんどなく、何枚ものプレートの上で、こんな小さな島国で、それでも長い歴史があって、ここまで技術的に優れた国になった日本という国の存在意義のようなものを改めて考えてみたい気がしました。