つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

キツイ性格かもしれない

ああ、やっと土曜日の午後になりました。正直かなりほっとしています。昨日は前の夜に父に飲ませた緩下剤のために、おむつ全交換を7、8回やるはめになりまして、とてもじっくりと座っている余裕がなかったのでした(汗)嶺 おむつ交換のためにごろごろと横を向かせたりしていると、余計に気管のあたりがごろごろ言ってくるので、その都度吸引作業。無限に続きそうな繰り返しでした。飲ませたのは1才児の分量なんですが、過敏に効果が出てしまったみたいです。本人も疲れたけど家族も疲れました。蓮

でも珍しくゆうべはテレビを見てましたが。「AllWAYS-3丁目の夕陽」を。 かなり懐かしい背景ですが、母に言わせると「ちょっとオーバーかも」とのことでした。まあ、うちの表の道などはすでに鋪装道路だったりしましたし。でもなあ…氷で冷やす冷蔵庫とか布カバーに守られたテレビなんかはしっかりと記憶にあるしなあ…。そのあたりはそれなりに懐かしかったです。ついでにしんみりとやはり泣かされてしまいましたが。秊

Web拍手ありがとうございます。

 ……………………

このごろの私はかなーり喜怒哀楽の感情の起伏が激しい自覚があります。自分のまわりの環境が平穏であれば、もっとゆったりした気分でいるだろうと思うのですが、どうも今年はいろいろありすぎて、大事なものを守ろうと思うと、必要以上に気を奮い立たせているような部分があったり…。

パニック状態に陥って、なにも出来なくなってしまうよりはましかな?でもそのせいでかなり性格がきつくなった気もします(汗)蓮 対外的にはあくまでも平和主義なのにね。まわりがそういうふうにさせてくれないので。

いつまでも張り詰めてはいられないし、どこかで気を抜く部分が必要で、それが創作になっているのかな?とも思ったり。

でも心の中が時々すごくけばけばしい(こういう表現はおかしいかな)雰囲気になると、どこかでもっと綺麗なものを見て来ないといけないなあ、という考えたりもします。ただこれからは家の中に風邪のウィルスを持ち込むのが大敵なので、あんまり人が多い所へは行けないなあ、とも思うのですが…。蓮

やっぱり地味に家の中でお絵描きしているのが一番無難なのかしら…。ちょっとやれやれ、という気持ちですね。玲