つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

普段には化繊

お人形サイズの着物に必要なものってなにがあるかな、と

ふと思い立って呉服関係の検索をしてみました。

それで改めて驚く、和装小物のお値段(汗)

八掛けも表地が正絹ならばやはり正絹を使うよね。

なかなかに高価だわ。帯締めしかり、帯揚げしかり。

古布を捜してみても半端じゃないお値段になるのは

確かです。やはりお人形用はポリエステルにするかな。

どのみち表も正絹じゃないもんね。さもなければ

無地の縮緬かなあ。表が縮緬だと。

これは腕が上がらないと手がつけられないですね(汗)

しかしながら、普段に気軽に着る着物というと、

やはり日常のお手入れは気になるところだよね。

正絹ならば無理はないんだけど、やはりもっと着物が

広く一般的に拡がるにはお手入れの簡単さが

大事になるだろうな。気軽に洗濯出来そうな感じの。

あ、これは人間の着物の話です。

普段着の着物ならやはりポリの方がいいなあ、と

思うと、ポリの八掛け地をもっと売っていてもいいような

気がするんだけど、あまり見かけない。

自分でお買い物に行くしかないのか…。