つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

お豆さん

…と、丁寧に親しみを込めて呼ぶのが京都での豆の

位置付け。ちなみこの場合はほとんど全種類の豆を

指すと思われます。五色豆などのお菓子はその代表。

今年もエンドウ豆のシーズンが来て、買うのみならず、

知り合いのお宅から何件かからいただいてしまいました。

早速まぜものなしのエンドウ豆100%の煮物です。

お椀に一杯。堪能しました。

まだ余っているので、一部は冷凍。いずれ豆ご飯でも

作ろうかなあ、とか考えています。

お豆さん、種類を問わずほとんどの豆が好きです。

大豆に至っては加工した豆、豆腐や湯葉、油揚げも

好きだったりします。特に暑い季節、ふっくらとした

油揚げを焼いて、ダイコンおろしとお醤油で食べる。

…美味です。幸せです。

湯葉はちょっとお高いのでこのところご無沙汰。

汲み上げ湯葉が食べたくなってきました。

甘い方の小豆もいいですね。夏は葛まんじゅうかな。

私、精進料理だけでも充分満足して生きていけそうです。

ちなみに新茶もいただきました。

やっぱり幸せです~。