つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

 

どこかで誰かがあなたのために祈っているかもしれない

 

私、クリスチャンではないんですが、なんとなく「そやな」と

思ってしまいました (^_^;)

 

 

 

今、寂しいと感じておられるかたへ


数年前の一時期、全く通りすがりのブログに「死にたい」というSOSを続けざまに
見つけたことがありました。一晩に5、6件とか、異常でしょ?

 

それだけ固まると私も無視できなくて。必死で考えました。
コメントが書ける場合にはコメントを。匿名ですが、地方がわかる場合には

警察に電話を。

 

でも警察はことが起きないと動いてくれませんでした。

 

仕方なく今度は地元の福祉関係の係に電話して「こういう方がいらっしゃるので、
もしもわかれば(記録などがあれば)気をつけてあげてほしい」とお願いしました。

 

相手は役所なので、なにが可能かはわかりませんが (ーー;)

 

何かやった、というにはあまりにもささやかなことですし、効果があったか

どうかなんて全然わかりませんでしたが、でも何かしないといられない

気持ちがさせたことでした。

 

その時に助かった人がいらしたら、と願っていますが。

余計なお世話だったかもしれません。

 

でもね。過去の自分がそうやって必死になったことがあるので、自分が死にたく
なった時には、もしかすると友人知人家族のみならず、見知らぬ人がどこかで
祈っていてくださるかもしれない、と思って、ちょっと考える余裕を

持つことが出来ています。

 

f:id:haruusagi_kyo:20181223142750j:plain

 

 

Twitterのフォロワーさんの中にも同じような経験をした人がいらして、
警察に電話したけど「住所氏名がわからないと無理です」と言われたそうです。 

崖から落ちそうな人がいたら、思わず手を伸ばすというのが

人の心情じゃないかなあ、と今でもそれは思っています。

 

余計なお世話かなあ、と思うけど。でもやってしまう。


手を伸ばそうとしたその時の誰にも伝わっていないかもしれませんが。
でもやらずにはいられなかった。不思議ですね。

 

大きな事故や災害の時にも無事を祈りますよね。そういう気持ちと同じです。
直接に助けにいけないもどかしさはありますが。


私が祈っていたことをご本人たちはまずご存知ないです。それでいいと思っています。

 

でもそれは伝わらなくていいから、いつでもそういう祈る人がいてあなたの支えに
なりたいと願っていること、それだけは心のどこかにとどめておいて

いただきたいなあ、と思います。

 

どうかその人たちが今は少しは楽な気持ちでいてくださるように心から願っています。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20181223142727j:plain

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.