つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

冬のうちの定番メニュー、暖まる粕汁

で、粕汁です。

 

弟が自分でわざわざ酒粕を買うくらいだから、よほど食べたいんだな、と思って頑張って作りました (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20151217122650j:plain

 

玉乃光の酒粕だから上等だと思いますが、しっかりとアルコール分は飛ばしました。

酒粕だけだとどろっとなってしまうので、うちは1/3〜1/2くらいお味噌も入れます。

だから若干濃いめの色になっております。

 

ネギはコンビニで運良く見つけて買いました。

 

私は豚肉は食べませんが(だし扱いですね)、弟は欲しがるから入れてます。本来はお揚げだけでも結構いけると思うんだけど…。

 

で、食べた弟が母の味と同じだと感激していました。

違うのは野菜の切り方くらいで。

 

舌が覚えている味は脳と舌で再現出来るものらしいと知りました。

参考にしたレシピも酒粕の量くらいでしたし。あとは舌だなあ。

 

「おいしいものを作る過程」がもっと好きになれたらいいのになあ。まあ、母もそんなに料理は好きじゃなかったですけどね。そのわりに美味しいものを作りました。「好き」と「才能」が分離しているケースかもしれません。親娘二代で… (ーー;)

 

 

たくさん作って残ったので、また明日も食べます。明日の方がもっと美味しくなっていると思います (^_^;)