つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

おそらく台風通過中…

台風来てますね。ひどくはないけど、風雨はそれなりに強いです。 本来はかかりつけの先生の往診なんですが、台風だから、とお休みにしていただきました。私もその方が気楽だし、さほど褥瘡が悪化するとも思えませんし… (ーー;)

 

母は相変わらず「ごはん」とうるさいですが、お昼のお弁当はきちんと届くかな?一応車だけどね。 朝にはまだ雨の止み間があったので、その隙にコンビニ行って、今日の食料は仕入れてきました。明日はクリニックの受診日です。ついでに銀行に行って、行けたら整形外科にも…と思いつつ、帰りにまた買い物があるからどうなるかわかりません (ーー;) なんだかいつも私ばかりが忙しいです (ーー;)はあ… (*-д-)-з

 

そういえば今朝、弟が自分の誕生日だと言ってたような…。まあそういうことは私の誕生日も近いんだなあ。やだなあ…。 うちは家族の誕生日でもその他の季節の行事でも、本当になにもしない家でして。 まだ甥や姪が一緒に住んでいたころにはわりとマメにやってたんですよね。誕生日はもちろん季節の行事も。母曰く、「次世代に伝える義務がある」とのことで。でもその次世代がいなくなったら、本当になにもやらなくなってしまったなあ。 氏神様のお祭や、お盆とか正月とか。もちろん家族の誕生日もスルーです。

 

まあね、昔からサンタクロースを喜ぶ家でもなかったし。あれですね。私もものごころついた時にはサンタクロースを信じていなかった子供なので…。…というか、本をもらったときくらいしか喜ばないから、親もやらなくなったみたいですね。お年玉はそれなりに嬉しかったけど。(でも買うのはやっぱり本)

 

なんだか夢がないけど、この種の夢は子供と一緒でないとみれないんですよね〜。しらけてしまって。虚無に支配されがちな人間の性ですね。いついかなる時でも自分の中にひどく醒めている一点があるのは自覚しているし…。 私の感覚だと、誕生日も年忌も単なる区切りでしかなかったりします。

 

こういう人間だと心から楽しめるものなんて、やっぱりクリエイティブな祭りしかないだろうな、と思います。コミケとかコンサートとかライブとか、そういうのとは違います。自分がメインに近い立場で少人数のグループで…というのがベストかも。現実問題として、そういう機会はまずないと思います。 …ちょっとため息ですね〜 (*-д-)-з