つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

頑張れない現実 (ーー;)

昨日はただ病院で待つだけで疲労困憊してしまったので、今日はおとなしく家でごろごろしております。…というか、正直、まだ熱もあるし、動きたくても動けません (ーー;)

母も同様にとっぷりとくたびれていますが、それでも強引にタクシーを呼んで、伯父の様子見に言っております。福島から帰っている従兄が日曜までこちらにいるらしく、従兄と適当に交代して今日は早めに帰る、と母も言っておりましたが。土日あたりは叔父夫婦が行ってくれるだろうと思いますし…。私はやっぱり月曜日くらいかなあ。

それでも昨夜どっぷり疲れて帰ったところに「150円ちょうだい」とかお酒代を要求してくる弟も、思わず殴ってやろうかと思いましたが… (ーー;) この弟のことも相談に行きたいと思いつつ、やはりクリニックで長い時間飛び込みで待っている気力が出ないんですよね〜。やはり予定の20日まで待つしかないかなあ、と考えております (*-д-)-з

実際にここまで頑張れないというのは自分でもそれなりにショックです。まあ、これが病気だと思えばそれまでなんですが…。

従姉などは私と同じ歳で大学生から高校生までの子供が3人いますが、平日はパート、土日はボーイスカウトの用事、さらに合間に習い事とかしていて、信じられないくらいに元気なんですよね〜。(ちなみに旦那は兵庫県に単身赴任中)今年、35年ローンで家まで建てたばかりですし…。なんだかちっとも家にいないというか、動き回っている印象です。

今回手術した88歳の伯父、いまだに仕事もしている73歳の叔父よりもうちの母の方が弱っている感じだしなあ… (ーー;) 

いくらストレスが多いとはいえ、かくも違うものかなあ、としみじみ思いますね〜 (*´д`*)〜з 杖が必要でよたよた…という感じで歩いている母を見ていると、どうしても一気に老けた感じも否めません。本人も「元気なのは口だけ」と言ってますし… (^_^;)

私も本当にお絵描きと読書だけしか出来ませんし、来週などは買い出しに行かないと、とか考えるとそれだけで眩暈がしそうな気分になります (ーー;) まあね、私や弟の場合は公的機関にお願いすれば、ヘルパーさんにお願いできるんですが、これは母が「気を遣う」と言って、納得してくれませんし…。

自分たちの生活自体に支障があるのが現実なんで、あまり人に手を貸せないし、手助け出来ないという悔しさもあります。悔しくても辛くてもそれが現実なんですが…。

せめて弟だけでも母や私に心配かけないでいてくれると助かるのになあ、と改めて願ってしまいます (ーー;) 

また愚痴こぼしになってしまった…。申し訳ありません m(_ _)m