つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

長編漫画につきあう

私はいまでもそれなりに漫画は読む方だと思うけど、

雑誌のリアルタイムの連載で追いかけているものは

そんなに多くない。今現在で、「風光る」「雨龍堂夢咄」

百鬼夜行抄」くらいかなあ。あと短編のシリーズもので、

長岡良子さんをコミックスで読んでいるくらいかしら。

あ、「フラワー・オブ・ライフ」もコミックスで。

雑誌で一度読んで、さらにコミックスで再読しようと

思える作品ってすごく少ないなあ。

連載も長くなると、コミックスで買い続けるのも

だんだん根気がなくなってくる。

で、連載がラストに辿り着いた段階で、ああ、もう

ラストがわかったからこれでいいや、と最終巻を

買わないケースも多い。

わざわざ最終巻まで買って、ラストの余韻をもう一度

味わいたい、と思える漫画って本当に少ないなあ。

それくらいならばコミックス全巻が完結してから

まとめて読めばいいんだけど、それは経済的に

大変だったりするし(汗)

いずれにしても雑誌のラストで満足してしまう作品って

多いよなあ。それに比較すると何度でも読みたくなるのは

やはり小説の方だと思ってしまう。

ハードカバーを持っているのに、手軽に文庫で買い直す

のもやはり小説に多いような気がしたり。

長編漫画をラストまで描く方も大変だろうけど、

読む方もかなりの根性がいるよなあ、と改めて思う

今日このごろだったり。