つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

定期的に短期間引きこもりたいという要求が強くなる

 

どこかしら複数の不調が表面化している

 

昨日はマッサージの日でしたが、肩や首や腕はもちろん、背中も凝っていたようで、「ちゃんと眠れてますか?」と聞かれたんですが、まあ、眠れているはずではあると思います。

 

寝る時はエアコンを切るから、布団の中にいても寒いのかな?昨日なんて、室温10度しかなかったし…。今朝は8度しかなかったけど…。鎮痛剤を飲んでも治らない頭痛…。どこか身体を硬くして寝ているのかもしれません(ーー;)

 

レクサプロを頓服で飲んだらきっとまた起きられないだろうしね…。今回の調子の悪さは年末から続いてますが、冬季うつ病があるくらいだから、仕様がないと思っておきます。

 

 

 

昔からの記憶を思い出した


こうやってちょくちょく「ブログ休みます」と書いていて、なんとなくこのリズムに覚えがあるなあ、と思ったんですが…。このしんどくなって書きたくないと思うタイミングがね、20代の頃からずっとパートで働いていて、それでもしんどくなって休みをもらわないとダメだった、あのタイミングなんですね。

 

私が休まないで頑張れたのは中学生のころしか覚えがないです。学校は嫌いだったけど、サボろうとまでは思ってなくて、中学時代は片頭痛と腹痛に悩みつつ、一応真面目に通学してました。

 

が、仕事を始めたあとは、やっぱりなにかに集中すると必ず反動がきて、ハンパじゃない疲労感に襲われるので、どうしてもイレギュラーの休みが必要になってしまいます。そのあたりですでに正社員になるのは諦めたというか…。現実はどうしようもなくて…。

 

 

いま現在も、とにかく「ひとりになりたい」願望が強くて、とっくの昔にテレビは追放したし、新聞も読まないし、あとはネットの情報ですが、それすら情報過多に感じることがあって、そういう日はなるべくネットも短い時間になるようにしているのですが…。

 

とにかく誰とも喋りたくない、とかあって、一階と二階にいるから1日に2、3回しか顔を見たり話したりすることがない弟でも、もっと距離が欲しいと感じてしまったりします。マジで冬眠したいです。2、3日でいいから、山奥のお寺にでもこもりたくなります。

 

入院だったら、他の患者さんがいるもんね。

 

 

 

田舎にひとりで引きこもりたい感じ


私は普通の人よりも一人になりたい願望が強いのかもしれません。HSP関係の本を読むと、非常に当てはまるようでもあり、それでいて微妙に違和感もあったりして、よくわかりませんが、これもやっぱり子供の頃からの特性が強く出ているなあ、と感じます。

 

昨日もできるだけ横になって、ぼーっと本を読んだりしていました。本は…特に漫画なんかだと自分のペースで読めるから辛くならないですね。この時期はとにかく他の誰かのペースやリズムに合わせるのがとても無理だと感じます。

 

家族からも離れたいと感じるんだから、ものすごく結婚とかには向かないなあ。いつもそばにいられたら家出したくなるもんね。好き嫌いとかは別で、一人になれないと自分が自分でなくなる不安が大きくなります。それで身近な人もうっとおしいと感じてしまう。

 


田舎でも人間関係がうっとおしくないところ、という限定付きですが…。あんまりそういうところってないだろうな。私、免許も持ってないし、車がないとなにもできないところでは生活できないし…。

 

人嫌いでは決してないのに、とにかくとても疲れてしまうあたり、これも生涯付き合っていかないといけない性質ののようです。でもしんどいけどね…。基本的に生きていることは修行以外のなにものでもない感覚です。

 

辛いのが当たり前だと思うと、意外なところで綺麗なものに出会うと感動したりしますけど、そこで終わりではないので、また心を引き締めて次の日も頑張るために、まるっと休養のために引きこもる日も必要なのかもしれません。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180112073500j:plain

 


今日もなにもしたくないです。ご飯も作らない。寒いけどあとでお寿司でも買ってくる。本当は耳鼻科に行く予定だったけど、それもしんどいからやめる。

 

きっとしばらく何もできないままになっていると思います。充電と休養ができるまで。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180112073520j:plain

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.