つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

私のコントロール法のようなもの

いろいろと片付ける用事を優先していたら、なかなか年賀状の印刷まで辿り着けません (ーー;)

まあ、それでも薬局に薬を取りに行ってきましたし、帰って仕分けしたら結構疲れるなあ、と。

朝昼晩と寝る前と、飲まねばならない薬の量が多いので、時々全部投げ出したくなりますが (ーー;) 精神科の薬でなければそうしていたかもしれないなあ、と思います。まあ、デリケートな量の調節が必要な薬でそれは出来ないわ、ってことで。

こういう手間が不要だって事だけでも健康な人はありがたいなあ、と思いますね〜。

やはり自転車で大通りは怖いですね。避けようとする方向へ寄っていくのが謎ですが。前から来る車にクラクションを鳴らされたりとかするし…。

あーあ、同じ町内に2件も調剤薬局があった時は本当に便利で良かったんですが。不便な都会の片隅です (ーー;)

まあ、それでも今朝は作品が完成したので、自分のサイトを更新しました。

やっぱり作品がメインのサイトというのはポートフォリオの役目もありますし、そこそこマメに更新する必要性を感じます。チャンスやきっかけはどこに転がっているかわかりませんしね〜 (^_^;) 好きを幸いにやれることはやりたいなあ、と思うのでした。

でも、いろいろと根を詰めたり、もろもろの事情でどうしても疲労がたまってきますが、その時は半日くらい寝込むこともあります。幸いにその時はあまり忙しくない、というか、ちょうどやれやれと一息ついたタイミングですね。

よく風邪を引くタイミングもそうですよね〜。忙しい最中は気を張りつめているから、風邪を引かなくて、その多忙の山が過ぎて「ああ、やれやれ」と思ったら風邪引いた、とか… (^_^;)

そういう精神的な免疫力のようなものを少しでもコントロール出来ないかなあ?と思ったりするんですよね。

いまでも時々「やばい!鬱になりそうだ」という瞬間が何度もあるんですが、その時に鬱に注意を向けるのでなくて、咄嗟に違うことを考えるようにすることで、本格的な鬱に落ち込まずにすんでいるようです (^_^;)

実はこれはパニック障害の時にも役立った方法でして、私はこのパニックにも40年近く悩まされていたんですね。交差点の信号も渡れず、強い時は家の中でも発作が起きてました。

まあパキシルの効果もありましたけど(パキシルのおかげで片頭痛も治りました)咄嗟に症状から気をそらすことで何度も発作から逃れることが出来ました。これも「あ、やばい!」と感じた瞬間が勝負なんですよね〜。これは20年くらい前に見つけた方法です。それの応用を現在やっているわけですね。

コントロールが難しい病気ばかりですが、長年つきあっていると、それなりにコツを覚えるというか、上手く病気と共存出来る方法がわかってくるのかもしれません (^_^;)

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.