読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

軸がブレない私という人間に自分でちょっと驚いています

お絵描き つれづれに思うこと クリエイティブなお話 大事なこと言いたい 好きなもの

 

今朝、爆睡から醒めたら鼻が痛くて、まずいな、風邪かな?と思ったけど、大丈夫のようで良かったです (^_^;) やはり昼間に頑張ると(脳の仕事と身体の仕事と両方ですね)質のいい睡眠が取れるようです。

 

ただ、時々頭にキリキリした痛みが時々走るので、鎮痛剤が必要かどうか現在様子見中です。

 

まだやることはたくさんあって、11月の上旬までに詰めて考える必要がある仕事関係のものとか、いろいろ調べないといけないこととかあって、結構多忙です。

 

サイトの登録関係もたくさんありすぎて自分でもわけがわからなくなっていますが、まあ、ぼちぼちと、ですね (^_^;)

 


Yahoo!カテゴリ登録について

 

そういえば私のサイトは一応Yahoo!のカテゴリ登録サイトでもありました。

 

結構早かったんですよね、これの登録も。2001年の4月にサイト開設で、それから半年以内くらいに申請したら一発OKで登録されました。結構難しいと聞いていたのに…。

 

もとより商用サイトではありません。私が思うに商用サイトの方が難しいだろうな、という気はしますが。あんまり面白みがないだろうしね。でもそういうところを重視しないのはいいかもなあ、と思っております。

 

で、Yahoo!も登録URLの変更を頼まないといけないなあ、と思ってフォームを捜していたら「登録基準について」というのを見つけました。15年前にはこんなのなかった気がする… (ーー;) 私が気付かなかっただけかもしれませんが、公表されていなかった可能性もありますね。

 

Yahoo!カテゴリヘルプ - 登録基準について

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登録基準について

 

Yahoo!カテゴリでは、さまざまなサイトを閲覧、分類し、お客様に優れたサイトをご紹介できるように心がけています。Yahoo!カテゴリが探しているサイトは、以下のようなサイトです。

 

○十分な量のオリジナルの情報を提供している。
単にいくつかのリンクを集めただけ、簡単な内容と連絡先が書かれただけ、すでにほかのサイトから容易に得ることができる情報しかない、といったサイトは登録されません。

 

○サイトの目的や伝えたい事柄が明確で、デザインや内容がわかりやすい。

 

○設置されたリンク先のページがすべてきちんと表示される。画像がすべて表示される。

 

○デザインや構成に工夫やオリジナリティがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そうなんだ…。それじゃあ、私のサイトは15年前にそういう基準を満たしていたんだなあ…。もともと私の中にはブレない軸がありますので…。

 

 


「私の画材はPhotoshop」という主張

 

私が自分のMacが欲しいと思ったのは、会社で使っていたMacに慣れ親しんだおかげで、

 

Macでデジタルで(Photoshopメインで)お絵描きがしたい」というのと
「作品の発表のために自分のサイトが欲しい」のと
「交流のためにネットがやりたい」という三項目がきわめてはっきりしていたからですね。

 

その他の「出来ること」は全部おまけ、という感覚。最初の軸を大切にしておけば悩むことも迷うこともないだろうしね…と (^_^;)

 

そのとおりですね。自分でもあきれるくらいこれはブレないし、悩みませんね。

 


デジタルとアナログの違いっていうのも、単に「画材の違いと同じで、個人個人で使いやすい相性があるかどうか」っていう感じですしね。私はペンで漫画を描いていた時期もかなり長いので、モノクロでアナログな表現も結構慣れています。ペンで点描やカケアミやナワアミとかもやってたんですし…。いまでもそれは出来るけど、でもカラー作品は絶対にデジタルの方が私には向いてるんですよね。

 

色鉛筆で素晴らしい風景画を描かれる方や似顔絵を描かれる方もいらっしゃいますし、エアブラシで写実的、かつファンタジックな作品を描かれる方もいらっしゃいますし…。

 

そういうのってやはりその方が「これをこういう風に描きたい」と言う思いがまずあって、そのためにはどういう手法がいいだろうか?と手探りしながらその人らしい画材を見つけて修練を積んでいかれた結果として「その人にしか描けないもの」が作品に結実しているのですね。絵というのはそういうものだと思います。

 

だからアナログやデジタルな手法だけにこだわるのは基本はナンセンス。どういう画材でもデッサン狂いの修正はしてくれません。そこいらは基本ですが。でも「独特の世界観」と作るのは画材との相性と習熟のための努力ですよね。

 

f:id:haruusagi_kyo:20161026093832j:plain