つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

伝えたい気持ち 伝える手だて

あー…。しんどい…。我ながらよく動けているなあ、と感心しているんですが…。

 

昨日は「ココナラ」のお仕事二つクリアしました。
作品のDVDも投函出来ましたし、その後はぼちぼち部屋の片付け。

 

…終わるんだろうか?これって? なにかよくわからないゴミが45リットルの袋に7つ分出ましたが、まだこれだけじゃすまないだろうしね。資源ゴミも電化製品のゴミもあるのね。ああ、大変。

 

 

昨夜、従姉に電話して、母のことを伝えるついでに、去年室内リフォームしたという話を詳しく聞きました。従姉の家も築50年だから、退職するまで30年くらい手をつけてなくて、怖いしなあ、と思っていたようですが、マンションに越すかどうかも決心が出来なくて、結局、この先も住むのなら手を入れずにはいられないということで、全部の部屋の床をフローリングにしたり、台所回り、水周りをメインに手を入れたそうです。

 

従姉は退職金もあるし、お金持ちだしなあ。リフォーム中は階下と二階を行き来しながら寝泊まりしていたようです。んー…。やっぱりねえ…。もしかしたらネットカフェに一泊くらいはありかもしれませんね。無線LANが可能なら、二階にノート持って上がればいいんだけど…。

 

なんにしても家に手を入れるというのは並大抵ではありませんね〜 (*-д-)-з

 

f:id:haruusagi_kyo:20150413195141j:plain


一昨日、母が施設のラジカセを借りてラジオを聴いていたので、新しいCDラジオを注文しました。水曜日くらいに届くといいけどな。外国製ですが、3000円くらいであってびっくりです。好きなCDも持っていったら喜ぶかもしれません。泣かれるかもしれないけど… (ーー;)

 

入所の日に特養の相談員さんと話していて、どうしてそこ1ヶ所しか申し込みしなかったかというと「ここを利用されている方々のご家族や、ここをご存知の方の誰からも悪い評判を聞かなかったからですよ」と告げてきました。…なんか感激されていたみたいですが、ホントのことだもん (^_^;)

 

まあ、病院との連携がいい、というのが一番ですが、あとは本当に悪い評判を聞かなかった、というのも大きかったのですね。訪問看護師さんなんか別の施設で働いていた経験があるんですが、「あそこだったら私も入りたい」と言われていましたし… (^_^;) 私も入りたいんだなあ。椅子と机とMacと本棚があったら、それで充分だし〜 (^_^)

 

で、あちらでトイレを使ったら、「いつもトイレをきれいに使ってくださってありがとうございます」という紙が貼ってありました。ああ、気分的にはこれと同じかな?と思いましたけど…。褒められてわざわざ評判を悪くしようとする人は少ないからなあ。そういうのも人情かなあ?と思いつつ。

 

母ももうちょっと車イスで部屋の外に出てくれるといいんだけど…。「男の人が怖い」とか言ってましたが、男性スタッフさんは非常に優しい対応をしてくださるので、他の患者さんのことかな?まあ、たまに大きめの声を出す人もいるでしょうしね。父はあまり大声を出すタイプではなかったので、それでかな?

 

徐々に慣れてくれることを祈っています。

 

弟もそのうちに一緒に行ってくれるといいんですが…。ドラッグストアと郵便局に自転車で看護師さんと行っただけでくたびれているもんなあ… (ーー;) 弟を見ていると自分が動けていることがすごく不思議に思えます。軽躁スイッチが入ったままでいるのかもしれませんね〜。