つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

PEGの交換がすみました

 どうにかこうにか、父のPEGの交換が済みました。ほぼ無事でしたが、昨夜は気にした父が寝てくれないし、おまけに熱も出すし、ぎりぎりの所まで心配させてくれましたが。嶺 おむつ交換も結局十数回になって、腰に響きます。輦

 病院に行ったあとも30分くらい待たされて、さらに処置に25分くらいかかったかな。1年9ヶ月も使ったPEGはかなり劣化していて、もうちょっとで取り出せなくなる所だったようです。聯 そうなったら手術になってしまうよね。「せめて長くても1年までに交換してください、と主治医の先生に手紙を書いたから」と内視鏡の先生に言われてしまいました。嶺

そうだよね。もうギネスにチャレンジはやめて、次回は秋くらいに行けるように先生に頼んでおこうと思います。嶺 明日はその手紙を持って行ってこないとなあ…。報告がてらに。

 うちの父は体格がいいので、ストレッチャーに移すだけでもすごく大変なんです。嶺 角度の関係でストレッチャーも玄関の外までしか持ってこれないですし…。数メートルはみんなで担いで乗せるしかないんですが、母はもとより力的に人数外ですし、タクシーの運転手さん(ヘルパーの資格あり)と弟と私とで力仕事をしましたが、帰宅後、初の食事の際にすごく手が震えると思いきや、父が重かったせいみたいですね。蓮 すでにおむつ交換から続いているので、かなり私もガタガタなんですよ~。足腰も腕も。輦 明日、マッサージしてもらって楽になるかどうか…。怜

やっぱり瞬発的な力は男性にはかないませんしね。このごろいろんな部分で体力の限界を感じております。輦 歳を取るのって厳しくて辛いですね。輦 このどうしようもない全身倦怠感は鬱の症状かもしれませんが…。

Web拍手ありがとうございます。

ともかくひとまずはやれやれです。これでまたゆっくりお絵描き気分に戻れるといいなあ…。これからペンいれに入れるかな…。疲れて先にダウンしそうな気もしますけど…。怜