つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

キャラクターって…

頭の中にあるイメージと現実の自分の表現力との

ギャップが痛い今日このごろ。

「もっと実力のある人の所に生まれてたらよかったのにね」

と自分のキャラに言いたくなってしまう。

でも世の中で一番キャラを愛しているのも私なんだし。と

ちょっと開き直ったりもしたりして。

昔、友人が「可愛くて可愛くて原稿をなめるみたいに

して描いてるよ」と言ってたけど、何十年も大事に

育ててきたキャラクターってやはり子供と同じなんだなー、

と改めて思うこのごろです。

こういうのも一種の自己愛でしょうか。

いや、考え方によっては何人もの人生を経験できる分、

得なのかもしれないですね(笑)