つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

年末警戒2

ものすごく久しぶりに外出&外食した。今年はどうも鬱がひどくて、出かける気分になれなかったことも大きくて、もしかしたら1年ぶりかもしれない。母と弟と3人で、母の快気祝の商品券を買いに行った次第。

母と二人でなら、いつもあちこち小物を見たり、お漬け物を買いに寄ったりもするのだが、弟が一緒だと本当に目的の所にしか行けなくて、なんだか不満。買い物は女じゃないと楽しくないのかなあ。ぶつぶつ。

でもとんかつ屋さんで食べたレディース御膳は、おにぎりが3個もついていて、デザートもありで、すっかり満腹。ボリュームがあった。お得感。

Web拍手ありがとうございます。>シオンさん、いつのまにかなんとなく壁紙にこだわりたくなってしまいました。まあ、Photoshopのパターンを作るのと大差ないですから、これからもそうしようかなあ、と考えたり。なかなかセンスのいいものが作れるか自信がないですが、数をこなせばいいものが出来るかなあ、とかふと考えてしまいました(笑)

 ………………

京都府下K市に在住の叔父は夫婦二人暮し。なのにかなり大きな家に住んでいる。(8LDKとか聞いてるなあ(汗))で、外車にも乗っている。まだ仕事もしているし、叔母も外出の機会が結構あるようだ。なので家がまったく留守になることもあったのだ。

で、ある日、帰宅するとどことなく家の様子が違うような気がする…、ということがあったらしい。でも最初はどこがどうおかしいのかわからなくて、ふと金庫を開けると、お金がない!慌てて家の中を捜すと貴金属もない!ここで初めて盗難に気付いたそうだ。

空き巣なのね。いまどきの泥棒はいかにも、という感じで、物色したあとを残さないらしい。だからすぐに被害にも気付かないことが多いとか。

でもなあ、大きな家、外車、というので、わりと前から標的にされていたのかもしれない。外から見てもお金がありそうだってわかるものね(汗)何百万円単位の被害だったそうな。その後、多分犯人は捕まっていないんだろうなあ。

それに懲りて、叔父はしっかりとセコムの対策をした。

不幸中の幸い、というべきか、力づくでの強盗じゃなかった分、まだよかったかもしれない。今はそういうケースも多いし、お金だけじゃなくて、命までも取られかねないもの。

やっぱりせちがらい世の中になったものだ。

見るからに貧乏な我が家はどうしたって、泥棒に狙われそうにないんだけれど、やはりひったくり犯などには気をつけねばならないのよね。弱いものからお金を盗るのがなんともない傾向はやっぱりどうかと思うんだけど…。

みんなが用心しなければいけないようだ。