お互いさま おかげさま ありがとう

両親の介護も一段落 双極性2型障害と気長に共生中

私の記事は双極性障害のサンプルみたいだな(^_^;)

 

どっぷり波の底

 

すみません、まだ浮上できそうにありません(ーー;)

 

弟がコンビニにタバコを買いに行くというので、お昼も頼んで買ってきてもらった。これで今日は何もしないし買い物にも行かない。起きると背中が痛いけど、ずっと寝ているわけにも行かないけどぼーっとしていたい。

 

うつの底には到達したんだろうか?生きてるだけで精一杯な感じ。

 

 

 

かろうじて冷蔵庫の小松菜としめじのおひたしは作りました。料理は苦行です。昨夜焼いたホットケーキの残りが今日の朝ごはん。生きるのってしんどいなあ…(*-д-)-з

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601075106p:plain

 

「対等」って何だろう?


昔「精神障害者の人とは対等に付き合えない。常に気遣いが必要になると対等でなくなる」と言われたことがあります。

 

ちょっと待って。障害者が健常者を気遣ってないとでも?お互いに都合や不自由はあってもそこを理解して無理を言わないのは障害のあるなしに関わらず基本では??

 

その人の友人の双極性障害の人は仕事もされていて休日には一緒に外出したりするとかで、それくらい症状が軽ければいいけど、無理されてるなら気の毒だな、とか色々思いました。でもその人を規準にした理解だともっと重い人は永遠に対等になれないね、と。

 

その人のブログは今でも時々読むけど、どんなにすごい内容でも、過去の自分の体験がフィルターになって、すべての内容を頭からを信じることはないです。人は自分を信じてくれる人を信じるものだなあ、と思います。

 

 

 

 

 

 

少なくとも偏見がなくならないと対等には慣れない気がする。偏見を持つ側のコンプレックスとかも無関係ではないしね。

 

 

 

そうだよねー。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601075106p:plain

白い壁を彩る


白い壁の部屋が好きです。今の家は真っ白の壁はDKしかないけど、さあ、どう飾ろうか、という無限のキャンバスに見えてわくわくします。

 

賃貸で出来ることは限られてるけど、100円ショップに行くたびにフレームを買い込んでしまう。

 

トイレには自分のカレンダーの花の絵を10枚くらい貼ってます。

浴室の壁には猫と蝶のウォールステッカーを貼ってます。気分で変えられるのがいいよね。

 

特養の母の部屋もいろいろ飾って貼ってます殺風景を払拭してました。退所の時に綺麗なんでそのままにしておいてくださいと言われました(^^)

 

紙だろうが壁だろうがやり甲斐が見えて好きなのは同じだな。

人生クリエイティビティ(^^)

 

白い壁は鬱になりやすいと聞いたことがあるけど、私には逆だと思います。白いままではほっとかないし。

 

居心地のいい空間を作るのも楽しいし、白い部分を「間」として生かす発想もあるので。明るい「間」ですよね。

 

で、「白い間」がある作品を作って見ました。フリー素材を利用して、インクが少なく印刷できて、それなりにオシャレっぽく見えるような(でもセンスがいまいちだわ…)

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601074818j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601074834j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601074851j:plain

 

やっぱり理科系のモチーフは好きだなあ、と思います。

 

 

線画はノロノロで…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200601074933j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のお絵描きの歴史的なもの

 

三つ子の魂百まで


なんとなく昨日から続きます。

 

私がリアルな絵が苦手なのは小学生の頃から。だから魅力的な羽生さんが描ける人たちは本当にすごい素敵だし尊敬しています(^^)

 

私が友達をモデルにすると似てないとか実物より美形すぎるとか言われてました。小学生の頃から(^_^;) もしかすると人の何を見るかとかが反映してるのかな?とも思える。

 

花は花のままリアルに描いても美しいのです。あとデザイン的なものはわりと評価されてたけど、リアルな人物画は駄目で、描いても楽しいと思えなくて…。

 

そのうちにモデルを描くのが駄目になって頭の中に降りてくるイメージしか描けなくなりました。実在人物は対象じゃなくなったみたいです。あまりにも似ないから嫌になったんだな。

 

モデルより美形に描けても文句を言う人はいるんだよね(主にまわりの人間が)

 

そのへんの理由は人間に対する受けとめ方なのか自分特有の脳の構造によるものなのかはわからないです。

 

実物より良くなるのはまず先に人の長所を見つけるのが得意なのと深く関係があるのかも…。じゃあ別に記号的でもいいかな、と思ったし私の場合は10代前半に受けた萩尾望都さんの影響が絶大かも。

 

萩尾さんの模倣から抜け出して自分独自の絵柄を作るのに苦労しました。その過程でルーミス先生の本を教材にリアルな人物デッサンもやりました。あれもでも日本人体型じゃないけどね(^_^;) そこから自分のデフォルメを加えていったんですが、キャラの設定の時にこの数値はないよね、まあ少女漫画だしと思った。

 


だからそのリアル版で羽生さんを見た時は本当に驚いた。50年前の設定がリアルに存在する!すごいよね。でも相変わらず描いても似ないけど(-_-;) 素敵な羽生さんを描かれる絵師さんは多いですが、もっぱら見せていただくのを楽しみにしています (^_^)

 

写実的な絵が自分でもこんなに駄目な理由がわかりません。クロスドミナンスって脳の構造が特殊なのかな??謎です。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200403194446p:plain


 

アニメはあんまり知りません

 

私はオタクですがアニメはそんなに見ていないし知らないです。

 

10代に最も影響を受けたのは当時の24年組の漫画家さんたちだな。それ以前には手塚さんとか石ノ森さんとか白土さんあたり。絵柄じゃなくて作品で。24年組の漫画家さんはヨーロッパ志向が強かったイメージがあります。作品の舞台とかね。イギリスとかドイツとかフランスあたりだしなあ。描写がとても綺麗でしたが。

 

私も幼い頃から日本画的な絵本の時代とか、ディズニー絵本とか貸本漫画とか色々見てきたからなあ…。でも何十年経っても「リアルな人物画が苦手」という意識は払拭できません。そもそも描く気がしなくて。

 

たとえると運動神経がなくてスポーツするのが嫌いというのと同じかもしれないなあ。実物を見ないで頭の中に降りてきたイメージだけを形に出来ます。ある種のイタコみたいな感じ? (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20200523074051j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20200403194512p:plain

影響が大きいのは物語の方だと思う


いろんなものの影響を受けつつ成長&淘汰されてきたから、ほとんど自分史みたいですね。

 

それと今の病気を抱えてるとどうしても脳科学の問題は無視できません。まだそこまで分析されていませんが、いつかそういうことがわかるといいな、とは思います(^_^;) まあ私には必要不可欠なお薬です。

 

自分を支えている支柱の歴史は多分私自身の人生と同じかもっと長いのかもしれないです。

 

絵が好きじゃない人は学校を出るともう全然描かなくなりますが、描かなくても生きていける人もいれば描かないと生きていけない人もいる。

 

創作というのはしみじみ人の存在意義に深く関わっているなあ、と思います。だから本当は他人にあれこれ言われたくないのが正直なところだよね〜。プロの作品はもっと色々あるだろうな。本当に好きなことは仕事にするな、嫌いになるからというのもわかりすぎる(-_-;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200403194446p:plain

世界共通言語ですね


ネットの時代に海外在住の日本人や外国の友人がいるのは当たり前、という私の認識は普通じゃないのかな?いや、別に語学が堪能じゃなくても日本語が得意な人とか、翻訳頼みで意思の疎通は結構なんとかなるかな、と(^_^;)日本人は多言語の語学の才能はあまりない。

 

中国とか韓国の人の方が語学が得意で負けてる感はあるけど、韓国の人とはなぜか英語でやり取りしてます。それ以上に共通語としての「絵」もありますけどね(^_^;) そう、憧れの写実タイプの画家さんだ。絵を描くことと創作することが共通言語です(^_^;)

 

ちなみに私が知る海外の絵師さんたちは「セーラームーン、知ってる(^^) いいね♥」という好意的な反応を寄せてくださったことは書き添えておきますね(^^) 

 

自分が描かれる方は自分独自の表現や手法にこだわりがあるから、ほかの人のそれも大切に思われるみたいです。 


うさぎちゃんの知名度はすごいのよo(^-^)o


セーラームーンチャレンジのおかげでちょっとお絵描き出来そうな気分になってます(^_^;)途中でほっぽってあったラフの続きを描きたいな。天中殺でも現状維持は問題ないはずだしね(^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20200403194512p:plain

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200523074111j:plain

 

 

 

 

 

 

企画に便乗してお絵描きリハビリーこころのお薬ー

 

セーラームーンチャレンジ


えーと、すみません。
昨日はお休みだと言いながら、ずっとお絵描きしてました (^_^;)

 

みなさんが楽しそうでしたので、つい自分もやってみたくなって… (^_^;) 

 

rito.gameha.com

 

りとさんのぬりえの企画も楽しかったですが、「セーラームーンを自分の絵柄で描く」というのはもとは海外の絵師さんが始められたのではないかと思われます。

 

その結果、面白そうだと思われた方々がプロアマ関係なく参加。いつのまにかここにまとめが出来ていました。

 

それに乗っかってみた次第です。私もちょっとリハビリがてらに遊ばせてもらおうかと。

 

togetter.com


線画は本来はIllstratorでベクターで描きますが、今回は普通のミリペンです。

 

まったくのラフと下書きから完成まで数時間というのは私にとっては最速ですが、色も表情も全部決っているから速かったんだと思います。それでも結構疲れましたが (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200521192250j:plain

 

懐かしいな、まだ姪が小さい時(小学生くらいかな?)に一緒にアニメ見てました。同人誌のゲスト原稿描いてからコミックス全巻は姪に譲ったし。もしかして20年くらい前かも…?

 

f:id:haruusagi_kyo:20200521192308j:plain

 

背景は真似してません。やっぱり20年ぶりくらいか。久しぶりのリハビリで楽しかったです (^_^) 一日で出来るって最速だけど、私には結構きついわ。体力的に。でも精神的充足感はすごい(^^)

 

ほとんど子供の無心なお絵描きとかぬりえとかそういうものに近いです。既成概念を取っ払ってしまえばいいのよ、という最高の遊び〜(^^)

 

f:id:haruusagi_kyo:20200504082633p:plain


 

 やはり最高の「こころのお薬」だと


ああ、お絵描きの癒され感といったら、やはり私にとっては最高の精神安定剤。お写経よりも瞑想よりも効果があるのは確実です。あくまでも私個人にとっては、ですが。だから描かないと死んじゃう切実さがあるのでした。

 

少しくらい体調が悪くても、時間を忘れるほど集中してしまえるのって、お絵描きと面白い小説を読んでる時くらいしかないです。そういうことが日常茶飯事に出来ないからこそ出来る時が貴重 (^_^;)

 

評価されるとかされないとか、そういうことは本当に関係なく「描ける」というのが至福ですね (^_^) 私にとってはそういうものですね。

 

それが途切れなく描けていた時があって、他のことが一段落したら、またあれほどの意欲を取り戻してお絵描き三昧に戻れたら、と切望しています。私の幸せってそういうささやかなものです。でもかけがえのないものです (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20200504082647p:plain


 

 

 リアルな絵と記号化された絵とは使う脳の部分が違うのよ。だから得意不得意があるのは当たり前なの(-_-;) このあいだの「猿沢の池」じゃないけど自分の物差しをすべての人を測るスケールに使っちゃいけないと思うよ。

 

私が見る限り、なにかを問題視したがる人はその人自身の中にその問題を抱えています。だからそういう意図ではない意見や投稿に対して過敏に反応するケースが多いです。だから思い当たらない場合はスルーするのが一番いいような気がしますが。

 

ましてや押し付けちゃ駄目ですね。私も気をつけたいです。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200504082633p:plain

 

人種がどうのこうのと言う人はその人の中に意識が強いから反応したんだと思います。普通はスルーするでしょう。創作の2次元なので、実在の誰かをイメージしているわけではないですし、記号化されてるのが漫画やアニメなんだし。なんとなく八つ当たり的なものも感じるなあ、と… (ーー;)

 

こだわりがあるからこそ反応するのは普通の、誰でも思い当たる反応だと思います。でもその「こだわり」の部分は人それぞれで、明らかに道徳的に違うとか人権問題だとかでもなければ、なんとなくわかった、そうなのね、とは思っても自分の課題かどうかは考えないとな。明らかに問題意識が違ったりするし。

 

このへんの差異や誤解から戦争がおきるんじゃないかとふと思いました (ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20200504082647p:plain

 

引力には逆らえません


絵が完成してから、しばし横になっていました。

 

訪問看護師さんと相談して、利尿剤よりもよく効くなら、毎日30分くらいでも足を高くして横になるのを続けてみることになりました。実際に足を見てもらった感じではまだまだ腫れてるというか、むくんでいます。横になると重なった足の形に凹みます。まあ、痛みはほとんどないのでましですが。

 

来週月曜に一度に受診出来ればタクシー代が助かるなあ、と思うんですが…。どうなることやら?

 

これはオリジナルのキャラ。朱雀の朱夏
アニメ塗りに初めてチャレンジして玉砕してます。

 

f:id:haruusagi_kyo:20200521192342j:plain

セーラームーンは頭のどこかにあったと思います (^_^;)

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.