つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

あの時代の完全燃焼の名残が出てきた (^_^;)

 

なにもかもが宙に浮いてる感じがする


昨日は不動産屋さんが来られると思って、バタバタと帰宅したのに、結局来られませんでした。薬局で送料払って送ってもらう手配をしたけど、無駄だった(>_<) 待ってればよかった。

 

かわりに来られたのはガス会社の人で、期限切れのガス漏れ警報器をはずしてもらいました。なにしろ「抽選」だからいつ当たるかはだれにもわからない、ということで、私も困るんですが。

 

自分が勉強して試験を受けてだったら、どれくらい出来たか、出来なかったか、とかわかるんですが、そうじゃないから。もどかしいですね。

 


まだ部屋の片付けは終わっていません。なんだか人の出入りが結構あって落ち着かない印象です。段ボールを追加で買ったので、届いたら残す本も詰めて行こうかな。

 

ネットオフに送るのももう一度くらいでいいかな。まだ頼んでないけど。

 

 

 

 

昔の漫画のネームを見つけた


えらいものを発掘してしまいました。昔描いた漫画のネーム。残ってた(^_^;) えーと、やっぱり40年近く前になるかもしれません。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190520184934j:plain

 

 

 

こうしてみると真面目に漫画を描く過程を辿っていたのがよくわかります。当時はいろんなプロの漫画家さんによる「漫画の描き方」の本が出ていたし、そういうのにも一応目を通してました。

 

ネームの描き方は人それぞれで、○だけで描く人や、プロでもネームなしでいきなり原稿、という方もいらっしゃいます。

 

基礎になるかな、と思った映画や演劇のシナリオの本なども読んでたね。ネームを作る前にはセリフメインのシナリオの段階が存在します。

 

忘れもしないけど、さあ寝ようと思って横になった瞬間にわーっとクライマックスを始めとする一連のシーンが浮かんできて、その全セリフをメモしないと眠れず、ほとんど徹夜に近い状態になりましたが、あれも今振り返るとちょっとした躁状態みたいなものだったかも。

 

そうなるとキャラが勝手に動くので、うまくラストシーンまで持っていけるかどうかが勝負になります。でも正直、ちらっと「私って天才?」とか思ったこともあるわ(^_^;)

 

ネームが出来てから友人たちに読んでもらってわかりにくいところとか全体構成とか、感想とか聞かせてもらって少しずついい形になるまで修正を加えていきました。これはストーリーそのものの話かな。

 

絵の部分で、漫画がイラストと違うのは構図やポーズや視点が非常に変化するので(またそういうのが好きだったので)普通ではなかなか描かない構図やポーズを懸命に描くから、確実に腕が上がると感じられることですね。

 

我ながら「うわー、すごい構図」と思ったことが何度もありました。「これって視点が水中だよなあ」というところとか。鳥の視点になったり、舞台みたいな人の目の高さに近い視点ばかりじゃなくて、私の場合は無意識で視点が変化してました。

 

あと動きの早いシーンだと変形ゴマが増える傾向とかも。自分で観察していても面白かったです。

 


でも私は遅筆だから1作60~80P描くのに平気で1~2年くらいかかってたなあ。アマチュアだから可能な贅沢な時間の使い方でした。それで仕事して印刷費貯めて本を作るの(^_^;) 充実感半端なかったです。一番元気な時代だったかも…(^_^;)

 

今もね、結構断片的なシーンは浮かぶんですよね。でもそれを何年もかけて漫画にする気力がないのです。

 

「気力」最も大きな要因はそれで、気力が続かなくて出来ないことの方が圧倒的に多いのが現在です。凄い悔しいけど。

 

でも本当にやりたいことができてよかった、としみじみ思います。その時代を完全燃焼できたなあ、っていう満足感は強く残っています。

 

本が出来て届いた夜、ダンボールに積まれた自分の本の新しい紙とインクの匂いに包まれて眠るのは、人生で1、2と言える幸福の実感です。死ぬまで忘れない(^^) あれに並べられる幸せは好きな人と両想いになった時のことくらいじゃないのかな(^_^;)

 

作品=自分の本は苦労して生み出した「我が子」なんですよね(^^) だから本当に愛しています(^^)

 

いまはいまで、エネルギーは昔ほどないにしても、結構日々完全燃焼している感はあるので、多分いつ死んでも後悔しないと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190520185010j:plain

 

 

 

 

決断するときに重要なのは「後悔しないこと」

 

幼児期にしっかりあった自分軸

 

子供のころ、主に幼稚園児のころからだと思うが、誰かに「大きくなったらなにになりたい?」というありがちな質問をされて、私はいつも他の子たちのように「なりたい職業」を答えることが出来なかった。具体的に大人になったらやりたいことが浮かばなかった。

 

ただ、ものごころついた時からずっと絵を描くことと本を読むことが好きだったので、大人になっても絵を描き続けていたかった。(それが「職業」ではないことがポイント)

 

そしてずっと現在に至るまで、好きなように絵を描き続けているが、やはりそれが職業というわけでは決してない。

 

高校受験の時、可能なら美術系の公立高校に行きたかったが、経済的にはそれも無理で、普通の公立校に進学した。

 

高2の時に慢性膵炎になって、長期の療養を余儀なくされた。卒業と同時に就職するつもりが、その後も数年の療養が必要になった。まあ、特に大学で学びたいことがあるでなし、と、そのへんはさっぱりしていた。

 

でもかわりに手に職をつけたいと考えた。そこで20歳の時に個人で教えておられる洋裁教室に通って、ドレメ式洋裁を基礎から学んだ。ある程度技術が身に付くと、自分の服だけでなく、母や祖母の服も縫った。ちょっとしたバイトにはなったし、技術は身についたけど、あまり収入にならないと思ったので、突然に通信講座で医療事務の勉強を始めた。

 

これは高校生の時にパニック障害になったため、なにかあったときでも、お医者さんがそばにおられたらなんとかなるし、という精神安定剤的なものを求めた結果。

 

3〜4ヶ月の勉強で資格とか修了証をもらったので、仕事を捜した。求人をみつけて内科の面接に行ったら、そこの先生が「うちの姉のところを紹介します」と言ってくださって、小児科医院(先生は女医さん)に勤務することになった。ちょうど5年間。ただ当時の私は痩せていて体力もなく、患者さんから頻繁に風邪をもらった。とどめに風疹までもらったので、結局やめることになった。

 

 

 

 挫折だとは思ったことはない 日々勉強だから

 

20代、30代は帰宅するとひたすら漫画を描くために机に向かっていた。友人達のサポートを得て同人活動もやっていた。

 

それからご縁があってデザイン会社に勤めることになった。ここでiMacに出会う。まだLC‖の時代。IllstratorとPhotoshopの勉強をしながら操作を覚えていった。私の場合の仕事は半分は勉強なんだよね。だから体力的な問題はともかく、仕事自体は結構楽しんでやっていた。小児科とデザイン会社で学んだものは非常に大きく大切なものになった。

 

デザイン会社には10年。会社の都合で退職。土木設計事務所に1年弱勤務。図面のトレースやデータ入力の仕事。ここはあまりにも旧態依然とした会社で、肌に合わずに1年で辞めた。

 

それから勤めたのは表具会社。そこで掛け軸を作る作業をしていた。そこで覚えた技術は場所と道具があればいまでも出来ると思うけど。そこにも5年。

 

さすがにずっとあったうつの傾向と症状が強くなって仕事に行けなくなって辞めた。その段階で初めて精神科を受診。うつ病と診断される。

 

 

 

 

 なぜか家族を支える役回り 介護

 

弟も同じクリニックに通うようになる。パニックもあったので、弟なりに考えて「自分の病気は多分治らないから、子供のための影響を考えてもよくないと思う。離婚して欲しい」と決断した。姪が中3、甥が小5の時。

 

母が乳がんになり手術。ホルモン療法のためにかなり調子が悪いと訴える。ホルモン療法は1年半で中断。

 

父が脳梗塞で倒れた2006年の1月。要介護5、半身不随。以来2009年の10月まで在宅介護を続ける。嚥下機能低下のために胃ろうを造設。薬と食事の管理は私の役目だった。はっきり言って、自分の病気がどうのこうのって言ってられなかった。

 

父の死後に初診から8年半後に私と弟の病気は実は双極性2型障害だったと判明。この病気の診断はかくも難しい。

 

2013年10月、母が倒れた。おそらくベンゾジアゼピン系の薬のODによる癲癇だと思う。父の死後、やはりよく眠れない日が続いていたらしい。以後、2015年4月まで在宅で介護。要介護5。食べてくれないから褥瘡が治らない。のちに感染症予防のために片足切断。この時も苦しい決断を迫られた。

 

父の時と違って、私一人の在宅介護は限界が来る。2015年4月から特養のお世話になって、毎週のように逢いに行った。2018年5月母死去。

 

もっとも辛い決断は親の生命に関することだったと思う。どの段階まで延命処置をお願いするか?ただ、両親共に人工呼吸器を付ける選択はしたくなかった。「やらない」という決断。相当に悩みました。

 

 

築54年のこの家も修理に限界がきた。正確には費用の限界。私も弟も僅かな障害年金で暮らしているのでそんな余裕はない。排水関係で地下を触ると100万単位の出費になる。悩んだし迷った。そして昨年末、不動産として動かすために、父の名義のままだったこの家を相続登記した。費用が勿体ないので、司法書士さんに頼まず自分でやった。

 

そして現在、この家を売却し、弟と市営住宅に移るために片付けを続けている。人生のほとんどの思い出が残る家。より悩んだのは弟かもしれない。

 

 

 

 

 後悔しないことをモットーに真剣に考える

 

振り返ると、なんと多くの悩み、迷いの機会に出会って、そのつど決断を繰り返してきたことだろう。羅列した以外にも小さな決断は山のようにある。「後悔しなくてすむように」いつも懸命に考えてきた。結果的に後悔していないからそれでよかったんだと思う。

 

ただ、私の人生の軸にあるのは「絵を描くこと」なので、それはずっと続けている。はっきり言って「絵を描くための環境が守られるなら」ほかのことは結構どうでもいい。私はそういう人間らしい。

 

自分軸に生き甲斐をしっかり置いて(だから職業にしないことが大事)他の仕事は全部学びだと思っていたし、だからこそ楽しかったんだと思う。

 

私の人生はとても密度が高い。その中心にあるものを大切にして、家族を守ってきた結果だと思う。そして決めたことについては出来るだけプラス面を見つめること。それに尽きるかもね (^_^;)

 

転んだ時はなにかを掴んで立ち上がるチャンスです。


大変な人生だけど、幸せです (^_^) あとは願いどおりに死ぬまで好きな絵を描き続けたいとひたすら願っている。

 

 

#「迷い」と「決断」

 


遊びをせんとや生まれけむ 戯(たはぶ)れせんとや生(むま)まれけん
遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190517210012j:plain

 

 

 

 

いろんなことがある程度決まるまで、それだけ気を張っているんだと思う。だからなんとなくほっとすることがあると一気に反動が来る (ーー;)

 

 

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

 

 

 

振り返ると長いのか短いのかわからない30年

 

引っ越し荷物はほとんど置いて行くつもり

 

なんかいきなり暑くなりましたね。

 

昨夜は暑さのため、午前2時に目が覚めてそれから眠れませんでした。だからあたふたと羽毛布団をしまって、シーツを洗濯して、肌掛け布団2枚を用意して、これで温度調節しようと思っています。真夏でもエアコンを入れるから大体そう言う感じ。

 

うまく汗が出ないからすでに蓄熱しています。多少なり汗をかいても下がらないんだな、体温って。本当に変温動物だ(ーー;) 片付けるのが余計に辛くなります(ーー;)

 


で、予定どおり、昨日は不要品処分業者の人と不動産屋さんが来られまして、ものすごく大雑把に見て帰られましたが、あれでわかったんだろうか??

 

私は素人だから見当もつきませんが、弟も本棚以外は全部いらないと言ってるし、私も今使っているふた部屋のもの以外はいらないし、2トントラックじゃ足りないかもしれません。

 

2トン積み放題だと3~5万くらいかな?と思うと、4トンだったら倍で10万とかかかるかも…。それはもう仕方がないです。家族7人分の家具の量だから。

 

今まで誰もやって来なかったツケだから、費用の方もちょびっと優遇してくれないかなあ。もっとも宝くじも買わないから優遇する方法もないんですが。

 

前は交通事故の保険金だったけどね。救急車を寝たまま待ちながら心の中では「神様、ちょっと荒っぽい方法ですね」とか考えてた。でも傷跡はちょびっと残ったけど大事に至らず良かったです(^_^;) 

 

 

 

 

 これも30年ちょっと昔のやつかな


自分の原稿と同人誌のエリアに入りつつあるんですが、なんとも懐かしい昔の原稿を見つけてしまいました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511184923j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511184937j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511184957j:plain

 

職場(デザイン会社)で描いたカットです。チラシ用か販促ペーパー用か忘れましたが、毎月描いてたなあ。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185016j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185032j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185045j:plain

 

Macが導入される前だから、1988年~1990年ごろと思われます。

 

小児科勤務の後だったし、漫画でも子供を描いていたので、子供が描きやすかったみたいですね。姪が生まれた頃かな?まあ、そんなこんなで子供が好きだったしね。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185112j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185124j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185149j:plain

 

それでも本当に私の世界観は頑なに変化してないですね。頑固なのはわかってたけどさ。題材はやはり30年前のものですね。服とかも。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190511185401j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185215j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190511185227j:plain

 

やはりモノクロの技術はこのころのほうが上です。それは確実(ーー;)

 

これら以外にもA3位のモノクロ原稿を見つけたんですが、うちのスキャナーはA4までしか入らないので、諦めました。

 

うん、これも確かに描いてたなあ、と思い出す。当時はアナログでもほとんど修正の後がないんですよね。それだけ気合が入ってたのかなあ?と思ったりしています。

 

線の強弱とか、今はあえて使ってないから、昔の方がメリハリがあって線が生きてるのはわかります。どちらも好きだけど、Illstrator&Photoshopだって画材の一種だし。進歩したのか退化したのか停滞しているのかよくわからんなあ。

 

キャラクターは歳を取らないのになあ (ーー;)

 

 

 

 

 

 

自分の心身の「バランスを取る」という課題

 

世間につられて平成4題(^_^;)

 

 

 

 

 

 

一番言いたかったのはこれでした。

 

今や欠かせぬライフラインですもんね。すごく大きな出来事だったと思います。

 

昔の文通時代とはまた違うきっかけで多くの出会いをもたらしてくれた恩恵は計り知れないものがあります。もともとは軍事目的で開発されたんでしょうが、それを世界に公開してくれたことに感謝しています(^_^)

 

f:id:haruusagi_kyo:20190430183759p:plain

 

 

 

 

 その後のゴミの話


昨日は雨でカラスもいなさそうだったので、燃えるゴミを町内の収集場所に出しました。弟も自転車の荷台に乗せて運んでくれました。トータルで10個くらい。やれやれ。

 

でも朝に力仕事をしたから具合が悪い。足はむくんで靴を履くのも痛いし。今日は片付けは無理かもしれないと思ってしまったくらい。

 

たかがゴミ出しくらいで、と自分でも思うんですが、そのゴミの重さが半端じゃないからなあ…(*-д-)-з あちこち痛みます。

 

ダンボールの方は第3月曜に町内の収集場所を見つけたので、それを利用しようかと思います。台車が欲しいくらいですが(^_^;) 買ったあとでさらに使うことがあるかどうか、微妙なところだなあ…。

 

でも玄関前のゴミの山がなくなると、また片付けようかな、という気分になるから不思議です(^_^;)

 

 

 

「バランスを取る」という課題


マイクさんがご自身のブログで言及してくださいました。

 

www.flahertylog.com

 

いやー、すっかりお褒めに預かり恐縮至極です。ありがとうございます(^_^;)

 

改めて思ったんですが、マイクさんも私も同じ双極性障害ですが、病気というのはあくまでも個人的なものではありますが、それをマイナス面にばかり囚われないで、プラス方向に生かしたい、というか、自分の生き方が誰かの励みになればいいな、と願ってしまうタイプなんだと思います。

 

ひどく疲れている時に心が折れてしまうのは仕方がないけど、どこかで気持ちを切り替えられた方が楽になるし、その後の行動が見えてくるし、人生をより建設的にカスタマイズしていけるよ、という感じかも。

 

基本的に病気になる前と100%同じになるのは無理としても、もうちょっと無理のない方向で、無理のないやり方を探っていくことは出来ますよね。そのために経験が役に立つんですよね(^_^;)

 

 

 

病気の時は振り返るチャンスかも


双極性障害でなくても、基本的に人の気持ちや気分は不安定で揺れやすいものです。正常に近づくために、より良いバランスを探るために揺れるのかもしれないと思っています。適度に揺らぐからかえって倒れずにすむ、みたいな。

 

まあ、それに慣れないとパニックしやすいのも人なので、それはそれで気にしなくてもいいと思います。

 

そういう中で最も安定に近い場所にあるものを見失わずにいると、どういう時にもバランスが取りやすくて便利、と私は思っています。揺れても恐れずにすむから。落ち着けばもとの位置に限りなく近く帰れるから。

 

それが自分軸というやつで、私の場合は「絵を描くこと」だったのですね。子供の頃からあまりにも自然に中心にあるから、それがない人生が想定出来ず。将来の行く道を考える時も常に中心に置いてきました。

 

そのくせ、それだから仕事にはしたくなかったんですね。何かの理由で仕事にすることが辛くなったら、その軸を無くしてしまいますから。そんなに怖いことにはしたくなかったのです。

 

だから昔から、これからもずっと好きで描いていると思います。今現在も大変なことでバタバタしているのも、あ、もちろんお風呂に入りたいから、というのもありますが、生涯の目標として、死ぬまで絵を描いていたいから、だったりします。これを死守するためなら大抵のことは出来ると思っています。

 


これは本当に人それぞれで、マイクさんみたいに仕事の場合もありますし、人助けとか、趣味とか、それはなんでもいいと思います。

 

振り子がどれだけ激しく揺れても、徐々に落ち着いて元の位置に戻ってこれるものがあるとそれでいいと思います(^_^) これがあると人生楽なんだよね。

 

私も病気であろうとなかろうとずっと一生絵は描いていると思います(^_^;)

 

 

 

 

3ヶ月ぶりにサイト更新しました!



やっとこさ(^_^;) 久しぶりですね、本当に。片付けに気を取られて時間がかかりましたが、別に改元のタイミングを狙ったわけではなくて、本当にたまたまです(^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20190430204445j:plain

 

 

大きなサイズはサイトの方でどうぞ(^_^)

今回、レイアウトが2種類あります。

 

albireo-haru.sakura.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.