つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「休む」というのは結構難しいよね…

三度目の訪問看護

 

先週もそうでしたが、いつもの患者さんが急な休みの変更があると
私の時間が早めになるんですが、私としてはその方がいいかもしれません。
どのみち金曜日の午後は空けているつもりですし…。

 

まあ、それで今週の報告をすると、やっぱり「4月頃までは休むことを
一番に考えてくださいね」と言われます。

 

わかっていることですし、休むのに罪悪感があるのでもないですが、
家族の用事で休めないっていうのはどうしようもありませんね〜 (ーー;)

 

弟のことも相談しましたら、教育もあるから、一度入院もいいかも、とのことで
なるほど、とも思いました。本人が「問題だ」と思っていないことでも
同じ立場の人に指摘されるとよくわかることもあるようですし…。

 

これからのなりゆきで入院も視野に入れたいと思います。
きっと本人を説得するのが大変だろうけどね〜 (ーー;)

 

病院は市内でも北の端っこにあるんですが、全国でも有名な病院が
千葉あたりにあるそうで、わざわざそこに入院された患者さんも
おられるそうです。とてもそこまで行けませんし、市内で精一杯でしょうけどね。
まだまだ問題というか、課題はいろいろあるなあ… (*-д-)-з

 

「そろそろ自分のことを優先して出来るといいですね」
うん、それはすごくそう思います。でもそれをなかなか状況が許してくれないしね。

 

足と肩のマッサージもしていただきました。

 

血液検査の結果を見てもらって、内臓的にはどこも問題がないのは明らかですが
(これは自分でもわかってるし)整形外科的、もしくは皮膚科的な方面では、
特に整形外科的にはもう身体もガタガタなんですね。

 

私の疲労やストレスはどうもそちらに出るらしいです (ーー;)
やっぱりマッサージは必須だなあ、と思いました。

 

今は身の回りのことと家族の用事をこなすだけで充分です、とのことで、
あえて運動とか無理しなくてもいいみたいです。

 

とにかく「休んでください」なんですが…。
そろそろ気持ちが焦らないで、落ち着いていられるようになりたいものです (ーー;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20151030160422j:plain