つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

暦を忘れる介護の毎日

またしても、今日が祝日だというのを忘れてました (ーー;)気が付いたのは明け方。整形外科に昨日行っておけばよかったよ〜。 ゴミの日だったので、早めにゴミを出してまた1時間くらい寝ましたが。

 

今週から看護師さんも週に3回になったので、今日は誰も来られない日です。こういう日に通院出来たらよかったなあ、とは思います (ーー;)

 

次に描きたいモチーフはあるけれど、ちょっと資料が欲しいのでそのための本を到着待ちしています。 で、そのあいだにちょっとiPhoneケースの原稿を作ろうかとやり始めたところです。どうせなら6だけじゃなくて、旧機種もやりたいよね、ということで余計に時間がかかりそうですが、まあいいか。急ぐものでもなし。

 

LINEのスタンプ(sticker)は9月8日にアップデートされたまま動きがありません。2,3ヶ月待ちもざらに聞くからひと月くらいではまだまだかもしれません (ーー;) あそこは売り上げが1万円以上ないと振り込まれないシステムなんですね。ざっと数えて200個以上売り上げないと収入にはならないわけです。200個売れるのってすごく大変かもしれません (ーー;) iPhoneケースも売り上げが3,000円にならないと振り込まれませんが、もともと単価がわりと高めだから、そんなに長く待たされるわけではありません。 スタンプは1個100円で半分はLINEのものになるので、本当に200個って大変だなあ。それで1000万とか稼いだ、という人は本当に割合にすると多くはないと想像出来ますね。すごい世界だわ〜 (*-д-)-з

 

このあいだ、検索の途中でおそろしく読み辛い文章のサイトにぶつかりました。テーマもわかり辛かったですが、ちょっと数行読むだけで、続きを読む気なくす文章です。まぎれもなく日本語なんだけど。 立岩真也さんあたりの文章も読みやすいとはいいがたい文章ですが、読んでいるうちに慣れてくるし、なによりも「続きを読みたい」と思わせる力があります。だから苦手ではなくなるんですね (^_^;) そういう文章とも違うんだなあ。…あの読み辛さはなんだろう?? 難しいことをわかりやすく書くのが文章力だといいますが、私もそれはそうだと思っています。 難しいことを余計にややこしくわかりづらく書くのって、もう「読んでもらいたい」という意志がないんじゃないだろうか?もはやそうとしか思えません。

 

誰とでも繋がる可能性があるネットだけど、わかりづらさで読者を選別しているとしか思えなくなってきました (ーー;) ああいうサイトもあるんだねえ。伝える気がないのに、それじゃあどうしてやってるの?と不思議ですが、ああいうのも一種の自己満足なのかもしれません。