つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

だんだん動けなくなってきた (ーー;)

いよいよ朝起きるのがかなりの苦痛を伴うことになってきました。なんとも説明しがたい気分の悪さはいつまでも慣れるものではありません。それでも大体午前3時か4時頃には一度起きて、早めにヤカンでお茶を沸かしておきます。母の尿バッグの中身を棄てて、起きているようなら朝の分の薬を早めに飲ませたりします。 で、自分も一旦トイレに行って、様子を見ながら早めに朝の薬を飲む事もあります。デパスセディールリーマスと五苓散。食前も食後もごちゃまぜです。飲んで1時間以上うだうだしていて、やっと起きられるかな?という状態になります。 でも今朝は辛かった。7時過ぎまで起き上がることが出来ませんでした。終日寝ているつもりでしたが、買い物もあるからやっぱり無理だなあ、ということで。こういう朝は泣きたいほど辛いです(>_<) 少しだけ弟が母の話し相手をしていてくれましたけど。(でもそれだけ (^_^;)) とうとうご飯も作れなくなって、この3日ほどはお弁当です。母の食欲がないことも相まって、ますます作る気力が出てきません (ーー;) 今日なんか実は買い物に行くのもすごく辛かったですし…。仕事しようとか絵を描こうとか思うと出来ることが、炊事のことにはまったく働かないんだな、ホントに… (ーー;) お願いしているヘルパーさんの手を借りるとしても、まだそれまで時間がかかりそうなので、頭が痛い所です。あー、もう、この季節、仕事とお絵描き以外は全部休みにしたいなあ (ーー;) 昨夜、母は浅い呼吸をしていましたし、夜中に救心を飲ませるはめになりました。高い薬だけど、やっぱりなくてはいられないなあ、と思います。いろいろ辛いですしね。 看護師さんの話では身体中にむくみがあるようですね。詳しくは血液検査が必要だと思いますが、手の指もむくんでいるので、ちょっとしたことでも痛がって困ります。痛いから動かさない→動かなくなる→褥瘡が出来る→動かせない…の悪循環で廃用症候群がどんどん加速するばかりです (ーー;) リハビリ再開のタイミングも見つけられません。困ったことだと思っております (ーー;) …はあ…。でも今日の私は半端なく疲れてる。早く寝るように努力します。