つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

創作の秋になるといいな

わー、出来たわ更新。やれば出来るやんか、と言いつつも素材は結局、以前に描いたパターンの使い回しをしてますが…(笑)素材を自作する利点は色合いをきちんと揃えることが出来るというのが大きいですね。それだけで画面全体が統一感があるように見えるし。…だから、自作することになってしまうのよね。やめられなくなりそうです(汗)

今朝も自律神経がおかしくて冷や汗が出ています。今朝も5時に起こされました。母が薬疹が出て痒いと騒いでいたので。いつも飲んでるバファリンなんだけどなあ。その時の体調によるのかなあ。万一、アナフィラキシーショックを起こしたら怖いので、気になって眠れず、そのままに起床。まあ、同じ部屋で寝てるから仕方がないです。親も年を取ってくると、いざという時のためにそばで寝ていると安心、というのもありますしね。

Web拍手ありがとうございます。 >春音さん、お疲れ様です。楽しんでこられたでしょうか。

 ……………………

このあいだから生地の通販サイトを覗いていて、どうにも欲しい生地を見つけてしまいました。綿だけど金のプリントが入っているサテン。そこそこのはりと艶がありそうで、これならば振袖作ってもおかしくないなあ、というので、購入申し込み。さらに別のサイトで一越縮緬の伝統柄も見つけてしまい、これもぽちっと押してしまいました(汗)

いや、いつ縫えるかわからないけれども、ぼちぼち材料を揃えていけば、そのうち本当にやる気と元気が出て来ないかなあ、と期待して。

でもこういう生地はなかなかに高価です。特に縮緬はね。だから他の素材はまた次の機会でないと予算もありません(汗)振袖の表生地だけは5種類になりますが、他にも裏地とか長襦袢生地も必要だし。あと小物も。さらには手縫い派のみなさんお薦めのみすや針も欲しいし。

去年、洋裁用のメリケン針でお人形の服を手縫いしたら、指先が穴だらけになったんですよ。みすや針はすごく使いやすいらしいので。去年買おうと思いつつ、そのままだったもので。でもみすや針も通販してもらえるから有り難いです。

これからぼちぼちと少しでもやる気が起きた時に型紙作って、二階の部屋を掃除して、ミシンも出して、お裁縫が出来る体勢に持っていけたらいいんですが…。なにしろ病気のことがあるもので、あんまり自信はありません(汗)この倦怠感が曲者だし。倦怠感に勝る気力を振り絞るのって、結構大変だったり…。気候がよくなれば動きやすくなるし、それにも期待して。

春と秋はやはり身体がいくらか楽な気がします。あらゆる創作のためには一番いい季節なんですよね。