つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

生命の重さと責任が背負えないしんどさ

今日もまだ寝たり起きたりしています。

 

姪っ子に手紙を書きたいと思いつつ、なかなか手が出せません。
書きたいことはほぼ決まっているのに、最初のスタートが切れないんだな。
今、こういうパターンが本当に嫌になるほど多いです。

 

夜、クックパッドで検索して、「これ簡単」という料理でも朝になると
作れないんですよね。本当にやる気が全然でてこない。

 

母も待っているとは思うんだけど、なんだか足が踏み出せない感じで、
申し訳ないなあ、と思います。

 

 

昨日、たまたま見つけた「オーラの泉」の動画などを何本か見ていて、
スピリチュアルなことを抜きにしても美輪さんと江原さんていいこと言ってるなー、
と改めて感心したり感動したり。「人として一番大切なこと」とか
価値観やその他のことがかなり哲学的にも感じます。

 

その中で、「部屋にある植物をすぐに枯らしてしまう人は、こういうふうに
考えてみてください。その植物は疲れているあなたにエネルギーをくれて、
そして枯れたんですよ、というふうに」…なるほど。

 

そういう植物という生き物の愛情を思うと、大事にしたいなあ、という気持ちには
なれますよね。それはわかる…。

 

植物も動物も私自身は好きなんだけど、目の前で、大事に育てるということに対して、
私はまったく自信が持てないのですよね。鉢植えの観葉植物すらダメな気がして…。

 

動物となると犬や猫はもちろんのこと、昔飼ったことがある小鳥すら、今は飼う
自信が持てません。ノウハウがわかっているのに、しゃべるインコなんかすごい好きなのに。

 

自分自身の生命以外の生命対して自信と責任が持てないのですね。
これって介護の反動かなあ?? それとも本当に疲れているのかなあ??

 

植物にエネルギーをもらうのも今は申し訳ない気がします。

 

一番正直な気持ちとしては「面倒くさい」というのがあるんだけど…。
自分がこういうタイプだとは思っていなかったので、ちょっと驚いています。
昔は人間よりも動物のほうに親和を感じていたのになあ…。

 

まあ、自分自身のことも相当面倒くさいので、これって病気が原因というのが
やっぱり大きいのかもしれませんけどね…。

 

 

 

 

 

生き物ではなくて、なにげにそこにあるガラスのペーパーウェイト。
いただきものですが、多分20年以上前にもらったものです。
ちょっと理科系の造形が気に入って、なんとなくいつもそばにあります。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150724163422j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20150724163436j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20150724163447j:plain