つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

年末年始は空きベッドがないらしい

昨日はあまりに疲れすぎて、早々とダウンしてしまったので、その後のことが書けませんでした。

まあ、先生の交渉で病院を探していただいたんですが、なにぶん時期が悪く、年末と言うことで「ベッドの空きがない」というあちらの事情で、それならなんとか年末年始の休み明けまで待てないか?ということを余儀なくされております。まあ、病院も人手が少なくなるし無理からぬかもしれませんが…。

昨日の夕方ケアマネさんが来られていた時や、昼間も大体母は穏やかな感じでした。いまなどもよく寝てます。いつもは飲まさないけど、夜中にもリスパダールを飲ませたからかもしれません。

ただ夜中に2、3時間かなり不穏というか錯乱に近い状態があって、その時は「あー、やっぱり無理かも」という気分になりかけました(>_<) どうも私にもその不穏が感染してくるような気さえします。こちらも錯乱しそうになるんですね。だから時間を早めて朝の処方とリスパダールを加えて飲ませた次第。

介護をめぐって殺人事件が起きる理由がよくわかります。憎しみとかじゃないんだね。ただ、もうホントにどうしようもない、逃げ場がない状況が追いつめてくる気になるみたいです。それも他人ではなくて家族だから、というのが哀しいところです。

あと10日ほどかな。大丈夫かな… (ーー;)

仮に入院が出来ても、その後も結構大変です。遠いしね。市バスで終点まで行って京阪に乗り換え、さらに京阪バスに乗り換えて…だからなあ。 車があればもっと便利だろうけどタクシーなんて恐ろしくて使えないし… (ーー;) 体力的に10日に1度くらいでも行ければ上等かなあ?と思います。もっと頻繁にいけるくらいなら外で働けるよなあ、私。

そうするとおむつ類や洗濯物なども考えないといけなくなりますね。なんとなく長くかかりそうな予感がします。

でもせっかくだから、きちんと治してもらいたい、というのが切なる願いでもあるのでした。

いままでで一番しんどい年末年始かもしれません (ーー;)