つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

千客万来

本日わりと千客万来でした。主に午前中ですが。

ケアマネさんと精神保健福祉担当の保健士さんと。

私と弟の支援を中心にお話しを聞かせていただきました。

現在、母をひとりにして私と弟がクリニックに、というのが難しいので

仮に弟に通院時の付き添いをお願い出来るヘルパーさんにお願い出来るかどうか、とか。

お2人が帰られたあとで、弟に尋ねてみると、「それって買い物とかでもいいのかな?」と

言っていましたので、なんとなく乗り気のようにも思えました。

ただしヘルパーさんは女性だそうです。そうだろうさ。そうだと思ったから

私からちゃんと伝えておきましたさ (^_^;)

少しずつでもね、外に出ることに関心と自信がついていくといいなあ、と思うのです。

なんだかもう否応なしに外に出ることを余儀なくされて、パキシルのおかげで

そこそこパニック障害を克服出来た気がする私からすれば。

いまさら焦らなくてもいいな、と思いつつ…。まあゆっくりと、ですね。

入れ替わりに看護師さん。母が今日はお腹が落ち着いているから、と摘便を拒否したので

主にバイタルチェックをして帰られました。自分が待てない時はどんどん電話攻撃するからなあ。

今朝は静かで拍子抜けする感じかもしれません (^_^;)

お昼ご飯を食べている時にお向かいのおばちゃんのお見舞。林檎をいただく。

ここのお宅も大変で、息子(立派な社会人、40代)が母親に暴力や暴言を浴びせるので

息子に思い知らせるためもあって、おばちゃんは現在マンションで別居中なんですね。

お父さんが脳梗塞で階下に暮らしておられるために、息子が仕事中に家に入って掃除などするとか。

とてもじゃないけど、それこそ介護とか全然望めない家庭だなあ…。お気の毒です。

世の中いろいろあるなあ。

まあ、でも外面と内面が全然違うタイプの人には近づきたくないですね。

親子の確執もまれにみる重症なのかもしれません (ーー;)

こういうのも依存の1ケースだと言われるのだろうか???