つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

夜になったからちょっと復活 でもまだ絵は描いてません (ーー;)

 

すいません。休むつもりでしたが、夜になって、ちょっと体調がましになったので書いてます (^_^;)

 


精神障害者には犯罪を起こす気力や体力はないです

 

このごろ見ていると、世界的な傾向で大量殺人事件のようなことがあると、「犯人は精神疾患」とか「精神障害者」とか言われてるんですが、あれって本当に当事者から見たらとんでもないです。

 

単に精神疾患というと、精神状態だけが悪くて、身体はなんともないように思われがちですが、とんでもないです。脳は全身のコントロールセンターだから、ここが誤作動を起こすと影響は全身に及びます。

 

わかりやすい例えとして、熱が39度以上あって、ものすごくしんどい時に、ああいう大それた犯罪を起こす気力ってありますか?どこかに強い痛みがあって、冷や汗がどーっと出ている最中に、たくさんの人を殺害する元気があると思います??…とてもそれどころじゃないですよね。そうなんですよね。

 

私がこのごろ訴えている半端じゃない疲労倦怠感にしても、インフルエンザなどで39.6度くらいの高熱が出ていた時のほうがまだましだと感じていました。そういう症状があちこちに及ぶので、うつ病とか双極性障害とかは自分自身すら持て余すのが普通なので、大それた犯罪を起こす元気なんかありません(ーー;)

 

実際に精神障害者の犯罪率は健常者のそれよりも低いのです。みんなそれどころじゃないからさ (-_-メ)

 

それでも犯人のことがよくわからないうちに通院歴があったというだけで、決めつけるのもとんでもないですね。

 


予想外だった弟の貧血が判明

 

夕方、クリニックの先生から電話があって、月曜日の弟の血液検査の結果、かなりひどい貧血だというのが判明しました。「どうかすると輸血が必要なくらいのレベル」だそうです。

 

本人はどこも出血はしていないといいますが、一度内科的な検査を受けたほうがいいとのことで、先生が内科の方に紹介状を書いて送ってくださるそうです。「届くの来週らしいよ」と言うんですが、「気になるから早い方がいい」と明日行く気になっているからまあいいかな。胃腸のレントゲンや内視鏡検査も出来るところなんで、ついでに心電図やエコーなどの健康診断を受けてこいと言いました。あー、でも内視鏡だったら、どのみち来週になるかなあ。

 

f:id:haruusagi_kyo:20160805201333j:plain

 

内臓に問題がなければ、また対応を考えないといけませんが、食欲が出てこないと難しいですね。

 

「肝臓は大丈夫だって」「よかった。実はこのごろちょっと飲んでるねん」とぽろっと白状しました。こらー!!そのことも含めて訪問看護師さんに話したら「それも含めて対策を立てましょうね」とのことでしたので、また考えていただけるとは思いますが…。

 

なにしろ気が重いです。母も食欲ないからなあ…。そんなにひどくならないうちに改善して欲しいですね。

 

クリニックの先生には「内科的に大丈夫なら点滴とかしてもらったほうがいい」と言われています。とにかく食べていないのは事実ですが、そこまでひどくなるほど貧血かあ…。食生活なんとかしないとなあ…。せめてお弁当を週に何度か頼むとか…。なにしろ私が作れないからなあ… (T-T)

 

 

 

雲中供養菩薩トランプ

 

なにげに平等院のサイトを見ると、ミュージアムショップで販売されている雲中供養菩薩のトランプが再販されていました。

 

世界遺産平等院 京都宇治


欲しかったけど、品切れだったから、いそいそと申し込みました。本当は行ければいいけど、今の私には宇治までさえとても遠いし… (T-T)

 

f:id:haruusagi_kyo:20160805201354j:plain

 


これにこんなに惹かれるのは、やはり絵心を刺激されるからだと思います。トランプだと52体全部を見ることが出来るので、そのうちに自分なりにアレンジして描けるといいなあ、とか思っています (^_^)

 

まだまだ先の目標ですが…。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160805201406j:plain

 

 

写真集もしっかり手に入れました。

 

これらの菩薩像のイメージはシルクロードの飛天からもきっと来てるよね。西洋だと翼のある天使ですけど、どこからか飛天になるんだな。昔から私はシルクロードの飛天が好きだったことを思い出しました (^_^)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160805201427j:plain