つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

介護がなくても多忙な謎 (ーー;)

今の世の中って交通事故の事故証明までネットで申請出来るんですね。警察まで行かなきゃだめかと思っていたけど、非常に助かりました。それでもまだまだ自分が動かないといけないことが山のようにあるわけですが。 母が退院したら、どーっと時間を奪われるなあ(もちろんエネルギーも)と思うと、すでに充分気が重くなっております (ーー;)  それでいきなり入浴だし…。私の方がお断りしたい気分ですが、そうもいかず。なにしろ心臓の病気なので、主治医の先生に確認をしておきたいと考えて、現在返事待ちです。 そのあいだに事故証明申請して、支払って(これもネットバンクから可能)、応募していたクリエイター登録の合格メールが来たので、このあとでそちら関係の書類を書かねばなりません。ホントに全然ぼーっとしている暇がないなあ。 明日は忙しければ朝一番で膝の処置だけお願いして、その他の治療を受けずに病院に走らなくてはならないかも、ですね。介護タクシーは病院から連絡してもらえると思って、なにもしていませんが… (^_^;) 断捨離という言葉は好きじゃないので、あくまでもゆるーい「お片付け」にもぼちぼち手を付けています。どちらかというと一気にやってしまいたい性格の私にはほどほど、というのは結構難しいですが、よくしたもので少しやるとしんどくなってきて長続きしないので、ちょうどいいのかもしれません。 カセットテープの類いはまとめて処分。ラジカセも必要ないかもしれないけど(私はMacで聴くので)壊れていないから悩むところです。 父はおしゃれだったので、ブレザーなんかもたくさんあるんですが、記憶に残っているものを古着にして、他の誰かに着られるよりは、燃やしてもらった方がいいかなあ、と思いますね。 はー…。なんというか。人間は本当になにをも持って死ねないんだなあ、と思うと、現世でのモノへの執着がどんどん薄らいでいく傾向になりますね。まあ、私はもともと身を飾るものに執着しませんが。 本気でお片付け生活を1,2年続けたら、身の回りがずいぶんサッパリするだろうなーと思います (^_^;)