つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

きちんと伝えないと

はー…。やっと一息つけるようになりました。今朝は5時前から起きてるんですが、いろいろと忙しくて、午前中にマッサージの先生と看護師さんが来てくれましたが、その合間をぬって郵便局に行ったり、買い物に行ったりで、すでにかなり疲労しているような感じです。なんだか眼が奥に入ってるかなあ、という顔ですね。蓮

でも今朝はまた父も自然なお通じがありまして、マッサージの先生の施術途中でおむつ交換するようなタイミングになっていましたが、まあ、本当に自然なリズムでお腹が動くようになってきたんだなあ、と思うと嬉しいですね。鍊 

その一方で、認知症で入院されていたご近所のお年寄りが亡くなられた、という話を聞きました。いつもお世話になっている薬局の先生の話だと、やはり入院されている方はどうしても早めに亡くなる傾向にあるそうです。在宅で介護している患者さんの方が長生きなんだそうですね。それだけ病院だと家族ほどに手が行き届かないという現状があるんですね。嶺 それでもどうしても病院や施設でお世話にならざるを得ないお宅だって少なくないわけですし。明らかに悪い方向へ進んでいる政策のおかげで苦労している人がいかに多いことか…。輦

ケアマネさんは「私は自らが動くから、かわりに同様の立場にいる人たちのかわりに、書いてくださいね」と言われております。だから私はそういう現状を記し伝えることが義務かもしれないなあ、と考えております。お年寄りは本当にモノが言えない立場に置かれているわけですからね。誰かが声をあげないと、と使命感のようなものを感じるんですね。

ま、それはそれとして。

昨日の匿名性の問題については、別に2ちゃんねるに限らず、ネット社会ではそれなりに問題だよなあ、という実感がありましたので、はっきり言えてよかったです。

そういうことって、大人がきちんと子供に教えておかないといけないのに、その大人世代でも出来ない人が少なくないんですよね。まったくね。常識以前の問題なのに。だからこのあたりで全体に警鐘を鳴らしておくのが当然だと思っております。

そして、現在教育の現場にいらっしゃる方々には、しっかりと次の世代に伝えて欲しいと思います。いじめの問題とか、そういう匿名性の問題とかは同根にあると思いますので。自由にはそれなりの責任が伴うんだということをしっかりと教えてください。お願いします。

さて。午後はいくらかお絵描きに取れる時間が出来るかなあ…。お腹も呼吸もすっきりして、父もよく寝ておりますし。母も寝るでしょうしね。私も鋭気を養っておきたいと思います。