つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

集団の中の憂鬱

このところ忙しくて、BlogPetのメールを確認する暇もなかったようで、ずいぶんとお返事が遅れたケースが多発しました。嶺 このあいだにメッセージくださった方、申し訳ありませんでした。嶺 うっかりと自分のペットにまで忘れられかけておりました。輦

多忙な水曜日が無事に終わってほっとしております。でも明日は訪問入浴の日ですけどね。昨夜は微熱を出していた父ですが、これだけ気温変化があると調節にも苦労してしまいます。嶺 解熱剤の投与で下がる熱だし、たいしたことなくてほっとしてますが。

忙しいけど、1日で3件の用事が済むのは有り難いですね。今日は加えて、父の薬をもらいに行ったあとで、それらの仕分けでパニックしておりましたが。毎回面倒な作業です。でも介護のメインの人間としては仕方がないんですよね~。怜 医院のご近所の庭の桜が満開でした。劣

Web拍手ありがとうございます。

 …………………………

お花見の時期の多くの人達の狂騒状況の報道を見ると、現在の自分が勤め人でない幸福を感じたりしております。

お花見に限らず、宴会の類いのすべてがそうですが、趣味嗜好や気が合う友人関係や仲間内の集まり以外の宴会って大変ですよね~。いわゆる「仕事のおつきあい」というやつですね。

仕事に行っているあいだ、年に一度忘年会のみは最低限の義理で参加してましたが、その他のもろもろは全部断っていた私。…つくづく社交性があるタイプじゃないし、群れるのが嫌いなんだなあ、というか苦手そのものなんだと思い知らされてました。蓮

でもこの傾向は本当に幼児の頃からあったよなあ…。幼稚園で集団でお遊戯、とか言われると、もうストレス以外のなにものでもなくて。自分はずっと好きなことをしていたい、お絵描きと絵本を読んでさえいれば幸せで楽しいのに、なんでつまんないそういうことに関わらないといけないのか納得出来なくて、ピアノの影とか部屋のすみっこに逃げ込んでいた記憶がぼんやりと…。嶺

強制されない自主的な遊びは問題ないんですね。それなりに友達もいましたし、結構遊びの主導権を握っていたようなことも多かったですし…。

基本的に好き嫌いが非常にはっきりした性格で、協調性があまりないタイプだったようです。そのわりにいじめの対象にならなかったのは、きついところがある性格のせいかもしれません。蓮

大人になってからもいくらか我慢を覚えたものの、基本的には変化なく、気がすすまないことははっきりと断る人間でした。普通に真面目に仕事だけしていれば、あとは完璧に自分の時間だよね、っていうのが無理な職場だとやはり続かなかったですよね~。

もしかして、ああいうお花見の集団の中にそういうタイプの人がいたら気の毒だなあ、と考えてしまって、報道すらも楽しくない今の私なのでした。