つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

敷き居の低い家

 相変わらず暑いですね。今日は訪問入浴の日でしたが、幸いに父も熱がなくて、ケアステーションの人も10時には来てくれましたので、お昼前には全部終わって、すでに父も昼寝しています。いつもこの時間だと楽なんだけどな。うちのペースはだいたい朝が早いから、もろもろの用事が午前中にすむのは助かるのです。午後から落ち着いて昼寝だって出来ますし(笑)簾

朝のうちは眠気をこらえながらお絵描きを始めた私ですが、介護と雑用ですっかり眼も覚めてしまいました。あとはゆっくりとお絵描きの続きなり出来るといいなあ、と思っております。鍊

外付けHDDもさっき届いたのですが、暑い昼間に接続作業はやりたくないし、それよりも新旧のOSの住みわけをどうするかもわかりませんので、ちょっとお預け状態ですね(汗)嶺「Mac OS拡張」でフォーマットすれば両方大丈夫なんだろうか?(汗)嶺 わかりません(汗)キカイに弱い私はこういう時に大変に悩んでしまうのでした。蓮 しばらく悩んでいそうな気がします。

 ………………………

列 訪問入浴サービス利用もこれで4度目になります。でもここは毎回来てくれるメンバーの顔ぶれが違うんですね。今日も男性1名&女性2名、初めてお会いする方ばかりでした。

みなさん、初めての家だとやはり緊張するそうですが、そこはそれ、うちの母はいたって気さくで、誰とでも気軽に話をするタイプなので、「初めての気がしません(笑)」と言われてしまいました。秊

基本的にすごく気がいいんですよね、うちの母。お風呂サービスが増えたおかげで、看護師さんのお仕事も1時間前後で終わることが多いのですが、母は残り30分、お茶とお菓子を用意して世間話をするのを待っているわけですよ。 いつもの看護師さんもリハビリの先生も実は弟と同じ年だということで、「子供のような」気軽さがあるみたいです。珍しいものがあればおすそわけしたり、このあいだはリハビリの先生に枝豆の茹でたもの(私の好物)をあげたりしてました(笑)

入浴サービスの人たちも、かなりハードなお仕事ですし、夏は本当に汗だくですしね。前の晩からお茶を冷やしておいて、お仕事が終わったら、冷たいお茶をサービス。今日は時間の余裕があったから、ちょっとお茶菓子なども出してました。で、ちょびっとまた世間話。

どうやら母には「ちょっとした世間話」がいいストレス解消になるらしいです。気分が悪いからお酒買いに行こうかなあ、とか言ってたんですが、世間話のあとで、すっきりと気分もよくなっていたみたいで…。漣

お医者さんが相手でも話は尽きないですしね。うちに訪問サービスに来てくださる方のお仕事の1/4くらいは「母と世間話」なんじゃないかと思ったり…(笑)秊

かなり人見知りがきつい私と違って、母には人見知りがないみたいです。昔から誰とでも気さくにしゃべってますしね。たまたま通りすがりの人とか、行きずりの人とかでもすぐに話してますし。我が家の社交担当みたいな感じです。

まあそのせいかうちはよその人が入りやすい家らしいです。敷き居が低いっていうのかな。だから初めての人でもすぐに馴染んでしまえるのですね。そういうのも母の才能みたいなものなのかも…。残念ながら、私はそういう才能ないんだなあ…。だから話すのは母に任せておいて、洗濯したりして、要領よく動けるからそこはかなり助かりますね(笑)撚