つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

瞑想的なお絵描き

 

雷雨のために頭痛がします。

 

まだずっと悩み事は解決していなくて、自分でも結論を出すのが難しいので、

しばらく悩みは続きそうな気がしますが…。

 

誰のことを一番に考えるかというと、やはり自分自身なんでしょうが、

いまいち割り切れないのが家族のことだったりするので… (ーー;)

いずれにしても今、私があまり自由に動ける体調ではないので、

出来ることに限界がありますね。しんどいわ… (*-д-)-з

 

 

そんなわけでお絵描きで瞑想のかわりにしていました。

集中の度合いとか、そういうのがかなり瞑想に近い作業だと昔から

思っていました。非常に落ち着くのですね。

必ずしも答が出るとは限りませんが、落ち着ける、というのがとても重要。

 

 

で、キャラクターの線画が出来ました。

引き続き、背景というか、ポイント的になるオブジェクト作成の予定。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170818080835p:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170818080853p:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170818080914p:plain

 

 

 

 

家じまいの役割を背負った娘

 

予約投稿しておいて、可能なら臨時でクリニックに行こうかと考えています。

 


普通の「家」をしまうことを考える

 

お盆も過ぎましたが、こういう話題ですみません。

 

私は「家じまい」の役割を受けざるをえなかった娘です。

 

「墓守娘」という言葉があります。これは主に母親にあてにされて介護から、その後の墓守まで託された人のことですが、私の場合はちょっと違って、やはりこの「家の後始末」一切を頼まれた気がします。いや、別に志願をしていませんが成り行きでね… (^_^;)

 

本来、家のほかにも「お墓」の問題がありますが、うちの場合、曽祖父が大正時代に入信したらしい日蓮宗のお墓とお寺がありました。

 

「先祖代々」のお墓には曽祖父と祖父母が入っていますが、私は祖母の納骨の時を知っていて、骨壷ごと納めるのではなくて、布の袋にいれた遺骨を土に空けるという方法でした。ですので、すでに40年近く経ったいまでは土に還っていると思います。

 

もう一基はニューギニアで戦死した伯父のお墓でしたが、遺骨は見つからなかったので、臍の緒とニューギニアの石だか砂だかが入っているそうです。

 

で、まだ父の介護中ですが、昔からこのお寺が跡継ぎ問題で揉めていて、裁判沙汰になっていて、詳しくは知りませんが、そういう事態になっていることに私はすっかり嫌気がさして、母と相談して「檀家やめます」と宣言しました。

 

それから丸8年くらい経って、なにを思ったのかお寺から電話があって、墓じまいをして欲しいといわれましたが、「お金がないからそれはできません」と言って、一応ややこしいことになった時のために市の無料法律相談に行けるように、系図なども作って用意していたんですが、それから、今に至るまで一度も電話が来ないので、もういいのかな、と思っています。なにか言われてもホントに出来ないものは出来ないもん。

 

父の遺骨はまだうちにありますが。いずれは市の共同墓地に納骨したいと思っています。我々のもそれでいいわ〜。

 

 

 

明朗会計のお葬式

 

こういうことはあんまり考えると頭痛がするだけなんですが、webで見かけたところにパンフを送ってもらいました。

 

www.osohshiki.jp

 

ここはなんでも定価があって、それ以上はいただきません、という感じなので、それがいいなあ、と思っています。海に散骨は5万円らしいです。

 

父の時に家長だから、というのもあって、本来の価格にあれこれと追加して、結構とんでもない値段になったので(「あのお金、どこから出たのかわからへん」と母が言ってましたが)その二の舞いはすまいと考えてまして。

 

私は信仰心はないわけではないけど、葬儀にまつわるあれやこれやには相当無駄が多いとしか思えないので、(それと今の葬式仏教も嫌いだ)そういうことはやりたくないし、他にも考えないといけない問題はあるんだけど、なんとなく、つい、ここのことも考えてしまいます。

 

 

ちなみに、母が具合が悪いわけではありません。こういう話も縁起担ぎね (^_^;) 来月はまたカンファレンスです。

 

この家に一番多い時は7人が住んでいました。甥と姪は地方公務員だから、ここには帰ってこないだろうし、もうあとは誰か一人になるんですよね。そしていずれ誰もいなくなるし。

 

その時のことまで自分が死んだあとのことまで、ついつい考えてしまった、昨日、私の誕生日なのでした (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170816195137j:plain

 

 

気分を変えてお人形 (^_^;)


このところ、しんどくて、SDに触る余裕がないもので、小さい子を。身長27センチなので、SDの半分以下ですね。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170816195206j:plain

 

あまりにも見事な手編みレースのウエディングドレスを作ってらした方に、破格のお値段で分けていただいたものです。花のモチーフとかにちょびっと手を加えてアレンジしていますが、スカートも円形なんですよね。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170816195226j:plain

 

私はレース編みはやり方はわかりますが、非常に手が疲れて自分では出来ないので、やっぱりすごいなあ、と思います。ハンドメイドにはとことん弱いですね (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170816195242j:plain

 

 

誕生日と葬儀と結婚式と、えらい取り合わせですが、どちらも人生の大イベント。誰もが通過する(いや、結婚は私も経験ないけど)可能性があるイベントです。…なんだか縮図みたいだなあ、と思いました。

 

 

 

 

 

 

介護とは闘いの日々でもあります

 

24時間介護のレポート漫画

 

最近読んだ本の中から…。

 

どうも介護や医療に関することを考えると「生きるのって切ないなあ…」という気持ちに尽きてしまうのですが…。

 

これはですね、雑誌の休刊で仕事がなくなってしまった漫画家さんがやむなくヘルパーの職について、慣れない中で懸命にお仕事されている実態がよくわかるレポート漫画です。

 

49歳 未経験 すっとこ介護はじめました!

49歳 未経験 すっとこ介護はじめました!

 

 

50歳で仕事に就く難しさや、職場の人間関係の大変さなど、それはどこのジャンルの会社でも共通するものがあると思います。腰痛はもう職業病ですしね…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170815190750j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170815190807j:plain

 

この本の他のページにもいろいろ出てきますが、介護&医療関係の専門用語というのがいつのまにか全部わかるようになっていた自分に驚いた私でした。いや、でも現場で(在宅でも)介護するっていうのはそういうことなんだよね。

 

だからといって、親が施設に入所した時にはこちらが結構身体にガタが来ているので、せっかくそういう知識があっても実際に生かせるほど元気ではないのが悔しいです (/_;) 

 

もうちょっと若くて健康ならまた違う道もあったと思うけど、しばしば膝がズレたり、股関節がおかしかったり、足のむくみもはんぱじゃない現状ではこういう仕事は無理…。まだお世話にならずにすんでいるだけでもありがたいと思わないとなあ、と思っています。

 

 

家に帰っても介護

 

続編は、せっかく慣れた老健を退職して、認知症が進んだ両親を二人きりにしておけない、というので、奥さんと故郷に帰って、そこで両親の介護をしながら、さらに介護施設で働く、というハードな日々を送られている、そのレポート漫画です。

 

両親認知症 Uターン すっとこ介護はじめました!

両親認知症 Uターン すっとこ介護はじめました!

 

 

介護度からいうとさほど高くないですが、でもお二人ともだからやっぱり大変。

悲喜こもごもの怒濤の毎日の中で、ちょっとほっこりするご両親のご夫婦ならではのエピソードがあったり。

 

24時間介護の毎日、応援せずにはいられません。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170815190829j:plain

 

 

 

綺麗なものに触れて癒される

 


気分を変えて。こちらはお絵描き系の本です。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170815190852j:plain

 

出版は中国のものですが、日本に代理店(?)があるのかな?そこに注文すると送ってくださるのですが、これは中国の歴史的な衣装の資料が欲しくて買ったものです。だからモノクロで線画なんですが、資料としては充分。中国語ですが、必要なのは絵だからね (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20170815190916j:plain

 

ネットで見ると最近は中国だけじゃなくて、アジア全体のレベルが高いというか、魅力的な作品にたくさん出会えます。和の装束もいいけど、こういう歴史物衣装も好きなので、時々お人形にも着せてますけど、そのうち絵にも描くかもしれません (^_^;)

 

チマチョゴリ中央アジアあたりをメインとする民族衣装も好きです。絵心を刺激されます (^_^;) こういうものに触れているとなんとなく幸せで、ちょっと元気も出る気がします (^_^;) 綺麗なものの力ですね〜 (^_^)

 

 

 

 

 

 

 

まだ半分お休み中です

 

どうにもブログがおざなりになっていてすみません。
いろいろと現実に悩み事があるので、そちらに気を取られています。

 

自分の病気とか介護関係のことならそんなに悩まないかもしれないけど、
それよりも複雑で難しいかなあ、と思います。
自分のコントロールはしやすいけどね、と思いつつ、自分以外の問題は
難しいです。さらにそれが私にも関わってくると。

 

おかげで体調も良くないし、寝込む時間も増えてますが、
専門家の方々がいろいろなアドバイスをくださるおかげで、方向性は
定まりつつあります。

 

ただ、やはり私が動かないことには道が決まらないので、
お盆休みが明けたら動くつもりです。

 

ですから、しばらくはブログもまとまった内容にはならないかもしれません。
ご容赦ください。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170814200303j:plain

 

 


お絵描きはしたいです。
まだこれから線画の段階ですけど…。いつか完成すると思って…。

 

真面目にヌードデッサンしてますね(^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20170814200329p:plain