つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

希死念慮を遠ざける私なりの方法

 

あちこち弱点が出来ていますが…

 

昨夜は早めに寝たんですが、夜中にお腹が痛くなって何度か起きたので。いまいち充足感がないような…。で、起きたら腰が痛いので、これが響いてる感じですね。なおかつ腰痛がある時は必ず頭痛もあります。どこか神経が繋がってるみたいです。

 

でも予定通り耳鼻科には行きたいですが。表で待つのがちょっと辛いけど、高齢者は朝のスタートが早いしね。

 

そういえば夜中に気がついたら、弟が床で寝ているのでどうしたかと聞くと、新たに処方されたヒルナミンがよく効いて、階段から落ちる不安を感じたみたいです。まあ、よく効いたらいいじゃないか。先生には翌朝にも残ることがある、とお聞きしていますし。

 

自分で大丈夫と判断してから上がったみたいです。やれやれ… (*-д-)-з

 

 

希死念慮を遠ざける方法(私なりの)

 

昨日は実はかなり希死念慮があって、長い文章は書く気にならないので、ぽつぽつとTwitterでつぶやいていたんですが、それでももうあとは寝逃げするしかないかなあ、と思っていました。

 

が、ちょっと待て。冷静に考えると状況そのものは昨日と大差ない、というか、むしろ改善の方向になりつつあるじゃないか。だとしたらこの「死にたい」気持ちは純粋に脳の病気の症状なんだな。きっちり分けないと振り回される。振り回されるのは馬鹿らしい。


「死にたい」のは気持ちじゃなくて、脳の誤作動の範疇だなあ、と気がついて。脳の働きと気分はここで冷静に分離しないといけないなあ、と思った途端に、すごいですね。希死念慮がすーっと薄れていった。死神さん、バイバイ。当分戻ってこなくていいからね(^_^;)

 

希死念慮をキャラクター化するのと理論的には同じかな、と思います。私はいつも無意識にやっていますが、ちゃんと自覚がある一種の解離みたいなんですよね。分離することで距離をおける。距離を置いて冷静に扱うことが可能になる、という…。

 

…ということで、やや持ち直しました。あとは眠って脳をリセットするのがベストかな、と思いました。

 

 

いままでの経験はひとつも無駄じゃないです

 


なんだか私はこういう方法を自分で見つけるのが得意だと先生に思われているふしがありますね。看護師さんたちのレポートも届いてますし…。だからあまり薬を増やそうとされないんだと思います。

 

頓服とか持ち歩いてないしなあ…。っていうか、そもそも頓服を飲む必要性がないというか、持ってても忘れてるんですよね。デパスとも長いつきあいですが、いまは朝と夜だけです。朝は最も気分が悪くてなかなか起きられないから、デパスその他の朝の分の薬を全部飲んでから起きます。(昼と晩はちゃんと食後で、デパスや漢方は寝る前にも飲みますが)

 

パニック障害の対処法が自ずと見つかったように、希死念慮の対処法もいつかわかるんじゃないかと思っていました。次からは慌てずに済みますね(^_^;) (我ながら本当に転んでもタダでは起きない奴だと思いますが…)

 

身体のしんどさはしばらくどうしょうもないみたいですけど…(ーー;) さらにまだ完全にうつから抜けてないと思うので、しばらくは要注意だとも思います。

 

 

方法は人それぞれ

 

病的な解離が起きるわけとか、なんだかそういうのもわかってしまいました。すごく切ない自己防衛ですよね。記憶にない解離の場合、それを思い出すのがいいのか、忘れたままの方がいいのかはケースバイケースのような気がします。

 

私はいつも私を絶対に裏切らないイマジナリー・フレンド(コンパニオン)に助けられている感じですが。彼らは私が死ぬまで消えない確信もあります。大変ありがたいことだと思います。

 


でもきっとこれは万人に有効な方法だとも言い切れません。人それぞれ背負ってきたものも違うし、相当複雑なものもあると思うけど、でも薬だけでは治しきれない部分を試行錯誤して自分なりの方法を見つけていくのは有効な手段だと思います。

 

なかなか難しいですけど、自分が通ってきた道のどこかに多分ヒントは隠れています。

 

私は結構そういう分析を面白がる人間だから、どこかで楽しんでる気もします。いや、本当に苦しい時は多々あるんですけど、伊達にいままで生きてきたわけじゃないかもね、と… (^_^;)

 

負けなかった結果がいま現在のここにあるんだし…。

f:id:haruusagi_kyo:20170627051827p:plain

 

 

 

患者の家族の方がむしろ辛い

 

受診日でしたので…

 

クリニック受診してきました。

 

早朝覚醒かな?と思っていた件ですが、いや実際早朝覚醒には違いないと思いますが、1日でトータルで5、6時間程度眠れていたら、そんなに問題ではないかな、というので私の薬は増えませんでした。

 

私は結構なんとか方法を見つけると思われているのかな?
よほどでない限り(強く希望しない限り)薬の種類は増えない傾向にあります。
まあ、それでもいいんですけどね。私自身も薬には慎重な面がありますし…。

 

いまの身体のしんどさについて、先生の弁では、双極性障害の場合、精神症状が先に楽になって、身体症状の方があとに残るパターンが結構あるらしく、いまの私もそうなのかなあ?とも考えています。

 

だからいまが一番しんどい時期だろう、とのことでした。「しんどいけど、まあ、頑張りや〜」って感じ??(^_^;)

 

 

いつも問題はたいてい弟


ヒルナミンという昔からある薬は、弟に処方していただきました。

 

いろいろ試してもらっても、あまり眠れないと弟はまたアルコールに手を出すことになってしまうので…。

 

アルコールに頼ると、入院させるとかでないと、治療する気分がなくなってしまう、と言われます。まあ、何度も何度もだしなあ…。上手く行きかける流れもストップしてしまいます。

 

「働けとも出歩けとも言わんから、まあちょっと家の中の手伝いはしたほうがいいけど、とにかくアルコールは飲むな!」「わかりました」

…ですので、デパケンなどを増やしていただいて、いまいち合わない抗精神薬は減らしたり止めたりで調整してもらって、これで睡眠状態が改善されるといいと願っています。

 

相変わらず母のところに行かない弟ですが、「会わないまま死に別れても後悔しないのか?」と聞かれて「しません」と言ってたけど、その辺は私には理解できません(ーー;) 病気になったのは親のせいとか思っているんだろうか??一度お寺ででも修行した方がいいかもしれない(ーー;) アルコール依存症病棟でもいいけど。

 

とにかく、先生も弟も気を取り直して仕切り直しです。

 

こっちの方が辛いわ。耳が聞こえづらくてあえて横から口出ししませんでしたが…(ーー;)

 

 

医療費高くついてる(ーー;)


半月くらい前に、ちょうど私が耳鼻科から帰ってくるといない、と思っていたら、お昼頃に帰ってきて「吐血と下血があったから、内科で点滴してもらってきた」と言いました。

 

これの原因はおそらくSG顆粒の飲み過ぎです。よく頭痛がすると言って氷枕を作っていたので。

 

胃壁が荒れて出血したと思われます。様子を見て必要なら胃カメラも、と言われてたようですが、胃壁を修復するのに効果的な薬をもらっていて、なんとかましになったと思いますが、今度は今度で貧血が心配になります。

 


「受診で疲れた…」と言うので、「そうやって疲れたらええねん!そしたら嫌でも寝られるわ!」とちょっと怒っておきました。タクシー乗っても私は荷物があってもいつも隣の町内で降りて歩くのに、わざわざ家の前まで来てもらうのってあんたくらいだわ。自分で歩けるのに。散歩とかそういう努力をしないからダメだ、と私のストレスは溜まる…(ーー;)


本人は「いまストレスはない」と言ってますが、私の方がむしろストレスです。
誰かと会話しようとすると耳が塞がれた感じがひどくなります (/_;)
明日はできれば耳鼻科に行こうと考えていますが…。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170626111402j:plain

 

 

 

 

内向的な子供&大人である幸せ

 

今日はクリニックの受診日で8時には家を出るので、また予約投稿しておきますね。


子供らしい子供(^^)

 

昨日、昼間に珍しく子供の声がするなあ、と思ったら、3、4歳くらいの子が駄々をこねている様子。お母さんが困ったような、叱るような、なだめるような声をかけておられましたが…。

 

このへん、子供が少ないからああいう声は久しぶりに聞いたなあ、と思いました(^_^;) ああいうのを「子供らしい子供」って言うんだなあ、と。小児科に5年勤めてましたから、そういう「子供らしい子供」の反応パターンが懐かしく思えました(^_^;) すごいエネルギーだよねえ…と感心してしまう。

 

 

私は子供らしくなかったらしい


ところで、私自身はですね、思い出しても全然「子供らしい子供」じゃなかったと思うんですよね。

 

以下のエピソードは元気だった時の母と、生前の祖母による証言ですが。

 

「あんたは叱ったことがない」うん、叱られた記憶がまったくない。「なんでかというと、叱る必要があることを全然せんかった」やっていいことと悪いことを理解していたようです。

 

「泣き喚いて動かんようになるようなこともいっぺんもなかった」うん。それも記憶にない。少なくとも聞き分けが非常に良かったらしい。大人がきちんと話してくれて納得できたら言うことを聞く。

(これ、犬でもそうですよ。こちらの意思と願いを理解したら、ちゃんということ聞いてくれるし)

 

初めての予防接種の時に、まわりの赤ちゃんがわあわあ泣いているのに、平然とした顔をしていて、針が刺さった瞬間に「『あーん』って泣くのとちごうて、声を出さんとあかんみたいなひと声だけ…」それ以後の予防接種の時もずっと平然としていたようです。まあ、注射苦手な人は大人になっても苦手だよね。

 

幼稚園に行ってもひとりで遊ぶか、仲のいい2、3人の子たちとは遊ぶけど、それ以上の人数になると逃げてたようです。クラス全員でなにかをやるのは苦手。ノリが悪いので冷めてるようにも思われる。(実際冷めてましたが。つまんないことやりたくないわ、って)

 

幼稚園とか学校とか親戚の家などは許容範囲だけど、デパートとか遊園地とか行くと、翌朝はすでに自家中毒でぐったりして意識がない…。身体の方が先に疲労やダメージを感じて症状になっているのかも…。

 

 

内向性格の典型かも…


いまから思えば、こういうのって内向性格の典型ですよね。ほっといてもひとりで何時間でもえんえん遊べるし…。子供らしくない子供というと、ACとか連想するんですが、多分違うと思います。うちの弟は5歳下なので、それは計画的に生んだと母が言ってましたから、5歳までは両親と祖母に手をかけられていました。それで親は仲が良かったし。

 

このへんで自己肯定感がしっかりしたように思いますが…。

 

いろいろ感じていることが外見からわかりやすい反応として出てこない。はしゃぐとか、泣きわめくとか、激怒するとか、そういう強い感情表現もないんですよ。でもまわりのことは身体でしっかり感じてる。内向的な子供は内に向かうから、だからなにかの形で「表現すること」が非常に大事になるんだと思います。

 

基本の性格は生まれつきじゃないかと自分では思っています。内向的ながらにうまく外界とやっていく方法は後天的に身についたようですが。ありのままの性格だと思っているから自分を卑下することも不要ですし。

 

内向的な自分も私は好きなんですよね。だから子供らしくない内向的なお子さんでも、好きに伸ばしてあげていいと思います。外交的な人ばかりの世の中は騒々しく感じるから、静かに内省できる時間を大切にしたいし、そこから生まれる発想も大切にしたいと思います。

 

the5seconds.com

 

 

こういう本もあることですし(^_^;)

 

 

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

 
内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

 

 

 

実はどこがすごいのかわからなかったんですけど…。自分が普通にやってることはどこまでも普通だしなあ…。そういうのが個性だと自然に理解できることが大事なんだということで…(^_^;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170625183436j:plain

 

 

 

 

とことん自由にやりたいのが私だと思います

 

予約投稿しておきますね。夜の方が気分がましなので…(^_^;)…熱はあるけど…。

 


モデレーターと呼ばれる人たち

 

私は主にFacebookの中で、いくつかのグループに所属しています。メインはお絵描きグループが何箇所かですが、京都についてのグループとか、平安時代が好きな人たちのグループとか、あとは同じ双極性障害の人たちのグループもあります。患者さんオンリーのところもあれば、患者の家族なども参加出来るグループなどがあります。

 

大きなところですと何百人規模になってるんですね。そういうところでは、グループの中にモデレーターという人たちが存在したりします。

 

ちなみにモデレーターというのは検閲する人、と思えばいいのかな?
こういう記事がありました。

 

 

gigazine.net

 

まあ、大事な仕事です。その仕事の意義もよくわかるんですけどね…。でもたまに疑問を持つこともあるにはあるよね。

 

 

負担が大きすぎると感じる

 

で、双極性障害の人たちのグループの中には規模の大きさゆえに、モデレーターが存在するところがあります。そのモデレーターさんがそもそも患者であることが多いので、複数名の方がおられます。

 

私はしばらくそこに所属していましたが、すべての投稿に目を通して、適切なコメントをしたり、いろいろな判断をしたりという仕事(もちろん無償です)は自分だったら無理だと思いました。確実に病気が悪化すると思います。だって気が向かない時には読まずにスルーしたいことだってありますよね。返事したくない時には返事もしたくないし…。

 

揉め事が起きないために有効な手段かもしれませんが、実際はモデレーターさんたちの負担が大きすぎてどうだろう?と思いました。

 

細かい規約があるのも窮屈だと感じますし…。息が詰まるかなあ、と。それが気にならない人はいいんだろうけど、何よりもそういうことを自分が自由に決めたいタイプの私は「ダメだ、ここは自分には向かないわ」とあっさり辞めました。

 

提案して辞めればよかったかもしれませんが、なんかもういいや、っていう気持ちが大きくて、即決です。(会社を辞める時もそんな感じでしたが…)

 

日本人ってそういう規約に学生時代から慣れちゃってるんだろうか??よくわからない校則とかあってもわざわざ改善しようという人は少ないかもしれませんし…。納得できないことがあれば、私だったらモデレーターさんと喧嘩しかねませんし、そうならないうちに辞めてよかった、と思います。

 

 

しばしおとなしくしています

 

ちょっと懲りた気もするので、しばらくは他のグループ(所属歴が長い)以外には増やさないかもしれません。

 

当たり前のことなんだけど、人数の分だけ価値観があるので、それなりに適応させようとするのはしんどいですしね。同じ病気の人でも価値観や考え方はそれぞれです。有益な情報交換は必要だけど、どこまで深入りしていいのかわかりませんし、今の私は結構身体的にもきついので、自己防衛です。

 

明日はクリニックの受診日です。聞きたいことがたくさんあるので、大きなメモを作りました。あとは弟のフォローも必要だし…。ちょっと時間が長くなるかもしれません(ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170624182555p:plain