つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

愛も追悼も作ることでしか伝えられない

 

ごろごろと…

 

まだいまだに寝たり起きたりの日々を過ごしています。昨日も午前2時起きだったもんなー。明日、クリニック受診したらそのへんも相談してきますが、私の主治医の先生はあまり眠剤出さない人なんですよね。不定期でも寝てればいい、という感じかなあ… (ーー;) 私もあんまり飲まない方ですし…。

 

眠りが深いので、それ以上深くなるのもちょっと怖いような… (^_^;) 毎晩寝ているあいだにあちらの世界に行ってるのかもしれません。

 

あ、そういえば「目に見えないものとの交歓」というのは芸術とか創作とか、そういうイメージ力の延長にある力らしいです。まあ、脳全体を使っている気はしますよね。

 

私の場合はもともと視力が悪いこともあって、「目に見える」ということだけに重きを置いていないようです。去年難聴になってそれがよくわかりました。五感のすべてと、第六感みたいなものも総動員しないと駄目なんですね。イメージを形にする、というのはそういう作業です。

 


何もないのも困るなあ

 

 

母の葬儀を無宗教でやったのですが、そうしますと仏式の戒名とか位牌とかがないのですよね。父の時は倍とのお坊さんと相談して戒名もほとんど私がつけましたが…。で、のちに位牌も作りましたが、あとから知ると、あれもお坊さんに魂を入れてもらわないと駄目だそうな。いやー、ありがたみのないお坊さんにやってもらっても無駄だろう?と私は思いますが… (ーー;)

 

それでね、もしも納骨した場合、うちの仏壇(これも邪魔だし、もっとコンパクトな祭壇が欲しいけど、やっぱりお金が…)に祀っておくものがなくなるのですよね。ご本尊はお寺をやめたときに返してしまったし…。

 

だからなにかかわりになるものが欲しいな、と思いました。普通に話かけてもいいようなものが…。そうするとやっぱり写真がいいかなあ、と思いました。

 

それで昨日はアルバムを数冊撮り出して眺めていたのですね。

 

このアルバム、母を自宅で寝かせていたあいだは届かなくて取ることが出来なかった数冊でした。主に旅行を中心としたものです。それらをメインにアクリルのフレームに入れて飾れる1枚を作りたいと思いました。A4サイズくらいかな。

 

市販のものではペットのメモリアルとか、赤ちゃんの手形足型とか、新婚さんの記念写真とか、そういうのは見つかったんですが、私は本当は全体をデザインしたいんですよね。でもそういうアレンジ可能なのはなんとかするしかありません。じゃあ、全部自分で作ろう。

 

 

…というわけで、起きている時はそういう作業をしています。そういうことをやっている時が多分一番元気。そして夢もあるし。つくづく好きなんだなあ、と思う次第です。

 

時々泣けますけどね。それが幸せだっていうのかな。私がやることがもっとも心がこもるというか、魂が入ると信じてるから。

 

 


これって安定してるのかな?

 

 

 

スタンドがあるほうがいいかもしれない…。

 

 

 

NAKABAYASHI アクリル製ピクチャーフレーム スタンドタイプ A4 フ-ACS-A4

NAKABAYASHI アクリル製ピクチャーフレーム スタンドタイプ A4 フ-ACS-A4

 

 

 


本当は文字とかはレーザーで彫って欲しいけど… (ーー;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180624070743j:plain

 

 

 

 

 

数日頭痛は消えません

 

昨夜も午前2時過ぎに起きて、再度寝直すと調子が狂いそうで

そのまま起きています。

朝の5時代から掃除して、カレーも作った。

 

…けど、今かなり頭痛がしています。鎮痛剤飲もうかな。

月曜日がクリニックの受診なので、まあ、色々と相談は可能だと思います。

弟も連れて行くのにタクシーも予約済み。

 

 

 

でもしんどさは抜けないので、今日はドール写真でお茶を濁します。

かなり前に撮影してあったけど、何にも出来ない毎日が続いてて。

 

Photoshopの「被写体を選択」機能は便利だな、と思いました。

もちろん微調整は必要ですが、切り抜きが楽になったなあ、と (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083014j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083026j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083044j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083058j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083111j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083133j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20180623083148j:plain

 

昼寝ができたらしたいです。

 

 

 

 

日々しんどさが募ってきているのでつい愚痴が…

 

じわじわと疲労感が… (ーー;)

 

昨夜は早くに眠って、夜中に目が覚めてSNSとか見てたんですが、
再度眠って目が覚めたらひどく気分が悪かったのですね。

 

いつも悩みますが、デパスその他の薬を飲んで様子をみていると
徐々にましになるから、ああ、脳みその具合かなあ、という実感があります。

 

なんとなくこの12.3年くらいかな…。主に介護に関わっていた間の疲労が
徐々に表面化しつつあるのかな?という感じもします。

 

ちょうど昨日、こういう記事も見たしなあ…。

 

www.mag2.com

 

私も仕事のために毎日通勤する、という日々から離れて15年くらい経ちます。
ブランクが相当長いです。独学でDTP関係のことは学びましたが、
15年も経つとそれだけ歳を取ったということになりますし、
体力と、あと病気による気力の低下は痛いです。

 

別に介護ができたことは後悔していませんし、人間的な学びは大きかったのですが。

なんだかなあ…。

 

ひどくダウンした気力と体力をどうフォローすればいいのか、自分でもわかりません。

 

 

 

Twitterでつぶやいていたこと


私はもともと「比較しない」人間なので、人生に勝ち負けが
存在するなんて思ったことがない。いかに自分らしく生きられているか?
が大切であり、幸せとはそこから生まれてくるものだと思う。
いかなる時も主体的に懸命に選択することが後悔しない人生を作る。

 

「デザイナーが普通の人と同じ発想をしていてどうしますか。
『ユニーク』は褒め言葉だと思わなきゃ(^^)」

 

この言葉をもらった30年前から輪をかけて「ユニークな自分」を
愛するようになりました。さらに強まる自己肯定感。
それは世間で言われる「成功」とは無縁のものでした。

 

これは30年後の今でも力強い応援として私の中に生き続けています。
I・Nさん、あの時はどうもありがとう(^^)

 

これは私のだけのことではありません。
デザイナーじゃなくても、唯一無二のみなさんの存在そのものに価値があるんです。
気付いて愛してあげてくださいね(^^)

 

しんどいけど、私自分が不幸だと思ったことないですよ。

 

 

すいません。まだしんどいから短いです。
家事も思いきり手を抜いています。ただ食べることは休めないので
買い物には行かないとなあ… (*-д-)-з

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180622085244j:plain

 

 

 

 

私にはいつもクリエイターの視点がある

 

クリエイターとはなんぞや?

 

 

クリエイター (Wikipediaの記述)

Creator
●創作家、制作者。
●作家、著作家、芸術家など。
●作詞家、作曲家、編曲家などの楽曲制作者。
●テレビドラマやシチュエーション・コメディなどの企画原案者。
●小説家。
●漫画家。
ゲームクリエイター
YouTubeクリエイター(YouTuber、ユーチューバーなどとも言う。)
●造物主、創造者。キリスト教などの神 (the Creator)。
●創設者、創始者創立者
Macintoshで、ファイルを作成したアプリケーション(の情報)。クリエイタ、クリエータ

 

 

 

アーティストとなにがどう違うのか?と言われると混乱するので突っ込まないでください。これを見る限り、世界丸ごと作ってしまうような感じがクリエイターですかね。まあ、芸術もそうなんですけど…。まあ、そのへんはどうでもいいや(面倒くさい)

 

実は昨日、作業療法士さんとそういう話になったからですね。毎週きてくださるマッサージの先生と作業療法士さんとの会話は、毎回なんらかのブログネタを拾えるというおまけ付きです (^_^;) 昨日はかなり疲弊はしてたんですけど…。

 

疲れているのに、新たな仕事関係の話を詰めようとして、「あ、いまはやばい。仮に仕事を始めてもスムーズに手早く完成させるだけの集中力がない」と気がついて、一旦、先延ばしにしていただいたという…。時期的に焦っていたのかもしれませんが、うかつに動くべきではないような気がして…。

 

 

 

そうやって唸っていたところで、「今、本当にやりたいこと」の話になりまして、具体的にこういうことをやってみたいんですよね、と言ったら、作業療法士さんに「恭子さんは基本的にクリエイターですね」と言われました。

 

そうなんです。アイデアはいくらでも浮かんでくるんです。でもそれを実用化させる他の才能がないんです。

 

ここでふと私考えました、実現化不可能なアイデアって単なる「空想」でしかないのでは??

 

…でも空想は発明の…もとい、創作の母のような気もするし…。

 

「街つくり」とか「オフィス作り」とかも私なりのアイデアが存在したりしますしね。創造の規模はいろいろです。

 

 

 

ちょっと違うものづくりの視点

 

そもそも私の頭の中には「作ると前提する視点」が確固として存在しているなあ、と思いました。

 

羽生結弦展で、実物の衣装やデザイン画やスケート靴にひときわ心惹かれたのも「作り手」としての視点かもしれません。それだけじゃなくて、時代衣装とか民族衣装とかどうしても構造が気になります。人体もそうですが、構造が理解できればすんなりと描けるようになります。

 

部屋の間取り図を見ながら、自分の住みやすいインテリアを考えていたりとか、なんでもないものは身近にあるものを工夫して作ったり使ったりするとか。

 

料理でもよくレシピを検索してますが、これがいいかな、と思ってもメモを取らずに大体勘で味付けするけど失敗はしないとか…。どこかで自分なりにアレンジが入るとか、そういうところがあります。料理するのは基本的に嫌いだし、いつまでたっても好きになれませんけどね (^_^;)

 

いつでも「作り手側の視点」があるから、ブランドものに興味がなく、ハンドメイドが好きなわけです。ヤフオクとかでも購入するのってほとんどハンドメイドだもんね (^_^;)

 

架空の物語の世界観を作るのも好きです。いや、これは「作る」と意識しなくても勝手に出来ていくものですが…。そういう人間だからイマジナリー・フレンドが存在してもさもありなん、ですよね (^_^;)

 


まあ、性格とか分析すると大抵創造性が高い点数になるので、自分でも納得していますが、でも可能なら、もうちょっと実現化さめるために「何か」はあってもよかったかもね〜、と思います (^_^;) まあそのへんは器用貧乏とも言えるのかもしれませんが…。

 

でも作ることは楽しいからお金にならなくてもやめられません (^_^;)


いまはアクリルでやってみたいことがあります。完全原稿を作るから、どこか印刷&加工を格安でやってみてくれるところってないかなあ…。 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180620204731j:plain