つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「自分で出来る」はなにかと便利でお得だと思う

 

ゴール直後にバッタリ


昨日はお絵描きとサイトの更新が無事に終わったためか、ゴールしました、って感じで半日近くダウンしてました。夜も早くに寝てしまったし… (ーー;) 頑張って集中すると必ず反動がくるのが自分でも情けない気持ちになるんですが、集中は無意識にするものだからどうしようもありません。

 

でもその集中している時の状態は結構気持ちが良くて、私にとっては一種の瞑想に近い気がするんですよね。本当の瞑想は下手をするとコントロール不可の状態になりかねないので、こういう持病がある人間はやりたくない、っていうのが正直なところです (ーー;)

 

今日は様子を見て、気分がましなら母のところに行こうかなあ、と考えていたりもします。

 

 

ITリテラシーについて


三木さんのこの記事を読んで、いろいろ考えてみたことなど…。

 

www.mikinote.com

 

職業的にあまりPCなどは必要がなくて、個人的にも関わりが少なく、興味もあまりない、って人は少なからずおられると思いますね。それこそ年齢にあまり関係なく…。

 

まあ、高齢者になると馴染が薄いこともあってその割合が高くなるのかもしれませんが…。でもネットがないと生活できない現状もあるから高齢者でも7割くらいの人がネットを利用している、というのはどこかで見たなあ…。

 

www.garbagenews.net

 

生活のために必要だもんね。

 

 

 

出張サポートを出張講師にしてしまう (^_^;)

 


確かに使い初めのセットアップは面倒です。ホントにあれこれと。

 

デザイン会社で使っていた時はキャノンの営業担当さんが、なにかあれば来てくれて、自分でも調べながらあれこれやってくれていた覚えがあります。1990年頃ですね。システム自体がまだフロッピーディスクに入っていた時代ですね。まあ、サービス兼サポートだから、すぐに来てもらえてありがたかったですが…。

 

私が自分の最初のMacを使い始めた頃、結構不安定要素があって、システムの入れ替えをする必要がありました。当時はまだダイヤルアップ接続の時代で、じっくり検索している余裕がなくて、仕方なく出張サポートサービスの担当の人にお願いしました。

 

はっきり覚えてないけど、2万近くかかった気がします。非常に痛い…。ので、後ろから貼り付いてひと通りそのすべてのやり方を見ていたから、システム入れ替えのみならず、ソフトのアップデートやドライバのダウンロードやら初期設定なども全部わかりました。簡単な質問にも答えてもらえるし。

 

お任せしてその場を離れると、そういうのってわからないままで終わるじゃないですか。でも見ていれば覚えられるんですね。出張講師だと思えば支払った費用も有意義かもしれません。実際にそのあとには全部自分で出来るようになったし、いまはネットで検索すればほとんどのことはわかるし…。

 

だからあの時の出費はきちんと元が取れたなあ、と思っております (^_^;)

 

 


自分で出来る人はなにかとお得


このところリフォーム関係であれこれ検索していると、お風呂の床やトイレの床も自分で貼り替え可能なシートとかも発売されていて、DIYが出来る人は自分のやり方をアップされていたりするんですよね。

 

bathlog.net


材料費だけですむから、プロに頼むよりもずっと安上がりなので、自分で出来るとそういうことがお得になるわけですが…。ただ、その工程を自分の頭の中でシュミレーションすると、まず掃除から始まって、あれやこれやと、とてもじゃないけど、全過程を無事に終える気力と集中力がいまはないんですよね。

 

いまのような病気だとそういうところでも損はしてるなあ、と思います。「なんでも自分でマメにやってしまえる人」っていろいろお得だと思うんですよね。主に経済的に。

 

 

 

私の知っている人たちはPC関係は全部自分で出来る人ばかりだから、わからないことがあっても大抵誰かに教えてもらえる利点はありますが…。

 

私の場合はコミュニケーションツール&画材である、というのが非常に壁を低くしているのだと思っています。いまやライフラインだしね (^_^;) こういう世代が普通になると高齢者でも普通に使う時代も近いということだと思います。

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170925070615j:plain

 

 

 

 

 

むしろ世界が終わるなら楽なのに、と思うけど…

 

昨日人類は滅亡していたらしい (ーー;)


なにやら黙示録かわかりませんが、昨日9月23日で人類は滅亡する、という話があったそうです。それにつられて中学生くらいの子とかは真面目に心配していて、それを現実的に解きほぐすのにちょっと時間を要した、というご家族の声もネットの上では見かけました。

 

まあ、北朝鮮のミサイルのこととか見ていると真面目に心配になるのもわかる気はします。

 

でも私らのように長く生きてくると、いままでに同様のことが何回あったか、ちょっと思い出せないくらいありますね。ノストラダムスは有名ですが…。他にも何度もそういうことあったと思うな。

 

そういう話題を取り上げる雑誌などにしっかり「次号予告」が載ってたりしてね (^_^;) なーんかそういうことがありすぎて、変な耐性(?)が出来てしまった気がします。あんまり、というか、ほとんどパニックになる人もいませんね。

 

 

 

怖がらない現実主義

 

本当言うと、私みたいな病気持ちには人類が滅亡するようなことが起きたら、もう明日以降の生活のあれやこれや、老後の心配や年金のことやもろもろ考えなくてすむから、本当に精神的に楽になれると思うんですが。

 

まあ、誰しも歳を取って全身が不自由になって、やがては寿命が来て死ぬのが定め。世の中のすべてのものが時の経過と共に老朽化して、そのまま朽ちていくのが自然の理だから、人類もいつかは滅亡すると思うけど…。それはそれで楽かもしれない。どうせ生きている意味なんかないのならね。


でも残念ながら(?)そんなに簡単に終わりはこないと思うし、仕様がないなあ、と思いつつ、浴槽の修理を依頼して、さらに来年のオリジナルカレンダーを発注してしまいました。

 

ここ何年か続けて作っている卓上カレンダーのTOLOTさんです。

 

tolot.com

 

2、3日前にフォトカードなんかも始めました、というメールが来てました。そういうのは使い道があるんだろうか??

 

今年のカレンダーは花の絵でしたが、来年のは人形写真です。それでもたくさんあるから12枚選ぶのが大変でした。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170923210256p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20170923210314p:plain

 

 

 

オンラインストレージの件


Google Driveを選べば月1,300円で1TBいけるらしいですね。

 

www.google.com


そんなに高くないけど、1TBでも全然多くない容量なのがなんともね…。テキストならそんなことにはならないと思いますが、やはり画像ファイルは半端じゃなく重いです (ーー;)

 

いま4TBのHDDが欲しいなあ、と思っているけど、なにしろ浴槽の補修というのを控えているので、大きな出費は無理ですし…。今月食費も結構きついし。

 

…うーん…。まだ中途半端な仕事が片づかないうちはなにも出来ないなあ。ポータブルHDDに落すくらいでもうちょっと考えようかなあ…。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170923210344p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20170923210400p:plain

 

 

 

 

 

「神使来訪」完成 サイト更新しました

 

新作完成

 

出来ました(^^) わーい、バンザイ(^^)

 

タイトルは「神使来訪」です。このシーンがいきなり頭の中に浮かんできました。で、描きました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170923135555p:plain

 

 


神使(しんし)は、神道において神の使者(使い)もしくは神の眷族で神意を代行して現世と接触する者と考えられる特定の動物のことである。
「神の使い(かみのつかい)」「つかわしめ」「御先(みさき)」などともいう。
時には、神そのものと考えられることもある。
その対象になった動物は哺乳類から、鳥類・爬虫類、想像上の生物まで幅広い。

 


私の感覚では、やはり動物の姿をしているのはどこまでも「神様のお使い」というイメージなんですよね。眷属ではあるけど、神として主体的に祀られる存在ではない。
でも、「神様にお伝えしてね」って感じで頼みたくなる気持ちはありますね。

 

本来は神さまが「主」なんだけど、人の世界と神の世界を仲介するために、特に幼いうちは人の世界で暮らして、人のことを学ぶのが修行というか…。

 

うちの白狐ちゃんはどうもそういう存在みたいです。

 

人間界でも見える人にしか見えないけど、子供らしく楽しんでいるところがありますね。

 

で、本来のお仕事、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)さまのお手伝いをする時はちゃんと礼儀をわきまえた子になるというか…。人間とはどこまでも同等なのがおもしろいなあ、と思います。

 


大きなサイズはサイトでご覧くださいませ(^^)

 

星宿海 渡時船

 

ここやらSNSやらに載せるから、サイトのお客様が少なくなるんだけど、まあ、いいや。

 

次に描きたいものももうあって、気が早いけど年賀状に使えるものを、と思っております。暑さも一段落して、ちょっと集中力が戻りつつある感じ。

 

季節的にいつが一番辛いかは人それぞれだそうです。私はとにかく夏、なので、そこを過ぎればいくらか動きやすくなる気がします (^_^;)

 

 

 

オンラインストレージを考える

 


毎回データが軽く1GBを超えるので、オンラインストレージ(バックアップ用に)にも保存するのがいいのかなあ?と考え中です。

 

もちろん、GB単位ではとても足りないので、TB単位になりますが…。もちろん有料ですよね。デジ絵のデータは何重にバックアップしても安心しきれないので難儀だと思います(ーー;)

 

外付けHDDにはもう入れたので、現在はDVDにコピー中…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170923135629p:plain

 

 

 

ゲームができない体質

 

体質的に苦手なこと

 

昨日、SNSでもつぶやいていたんですが、長年のきわめて個人的な謎(?)がやっと解けてつながりました。自分が納得したというだけのことなんですが、わかるとやっぱりすっきりするもんですね(^_^;)


昨日、アンケートに答えていたら、ゲームに関するものがあって、短い内容の動画を何本か見る必要があったんですが、1分にも及ばない短さの動画が数本、というにも関わらず、ちらちら見ている(正視は目が辛い)うちにめまいがしてきまして…(ーー;)

 

思い出したのは甥っ子が保育園に通っていたくらいの歳だから、20数年前くらいかなあ?と思います。

 

甥っ子も風邪かなんかで保育園を休んでいて退屈だったんでしょう。両親は仕事だし、お姉ちゃんは学校だし。

 

で、たまたま家にいた私に「おばちゃん、ゲームしよう」とか言ったんですよね。テレビ画面につないでやる「なにか」(私、まったくわからないのですみません。当時流行っていたゲーム機だと思います)

 

ゲームそのものはカーレースだったと思います。(もしかしてマリオカートとかいうやつ?)仕方がないので、それを始めたら、もう2、3分で目が回ってきて、「ゆうちゃん、ごめん。おばちゃん、あかんわ」と脱落…(ーー;)

 

たぶんその時初めてゲームの画面を見たんだと思いますが、あのめまぐるしく変化する画面とスピードには全然ついていけませんでした。マジでめまいが…(ーー;)

 

 

自律神経に優しくないもの


今日はそれを思い出して、あの感じはちょうど片頭痛が起きる寸前のヤバさに似ているな、と思いました。なんとかいまは片頭痛と縁が切れましたが、もしまだ残っていたら、絶対にトリガーになってるなあ、と思いました。

 

たぶん、私の場合は自律神経と関係があるんだと思います。

 

精神疾患の人でも、別に問題なくゲームが出来る人も多いですし…。でもそれが無理なのは私の場合はやはり生まれつきの自律神経失調症と関係が深いみたいですね。

 

そうなんだ。精神疾患があってもゲームが出来る人となにが違うんだろう?ってずっと不思議に思ってたんですよね。

 

精神疾患の場合は症状が重くなると読書ができなくなってきますが、そちらのパターンとは違うみたいですね。読書とゲームは一緒にして語れないと思った方がいいなあ、と思いました。

 

読書ではめまいはしないからなあ…。

 

生まれた時からゲームが存在していた世代との感覚とも違うと思いますが…。でも本当にゲームのやりすぎはめまいなどを誘発するそうですから、みなさまご注意ください(^_^;)

 

 

 

お絵描きまだ追い込み中。もうちょっと素材作りが必要です。
今日も短めですいません。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170922201239j:plain