つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

名刺がわりの絵が伝えるもの

 

地味に疲労が回復しない


しんどい…。だんだんしんどさが抜けないままになってきました。

 

まあ、ひと月近く、板の間の片付けを入れるとひと月半くらいでしょうか。ずーっと毎日片付けているからなあ。一休みとか言われるけど、やらなきゃいけないことがあったら、先にやっちゃって、それから後で遊ぼうという方が気が楽に決まっています。だって私は夏休みの宿題を7月に終わらせたいタイプだし。

 

嫌いなものは頑張って先に食べて、美味しいものは後に残しておきたいタイプです(^_^;)

 

matome.naver.jp

 

いちごショートのいちごは2/3くらいのタイミングで食べる。まあ、そういうことはどうでもええんですが…(^_^;)

 

ショートケーキの食べ方でわかる、五月病になりやすい人・なりにくい人 | 占いTVニュース

 

引越しというのはお金がかかるばかりで(目立たないところでも)ご褒美らしいご褒美があんまり期待できないんですよね。心身ともに負荷が大きいので、とにかく早めに済ませて、あとは臨機応変に行くしかないかな、と思っております。

 

片付け始めてから今のタイミングが一番しんどいかもしれません(ーー;)

 

現状はこんなになっています。

 

f:id:haruusagi_kyo:20190411191703j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190411191715j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20190411191734j:plain

 

iMacの箱が占領してるけど、中央の山が結構小さくなったというか、ここには写っていませんが、小さな黒い本棚ひとつ空にしましたし。窓際の白いカラーボックスもほぼ空です。タンスというか、ワードローブがやっと見えてきました。

 

昨日、またネットオフの箱が届いたので、箱詰めも途中までやっています。足の踏場がない状態がかなり改善されてきましたが、でも空間ってカメラには映らないんですよねー。

 

 

昨日の発掘物

 

やはり原稿ですね。1995年と1996年の原稿のコピーです。コピーがあるということはどこかに原稿もあると思うんですが、それはまだ見つからないので…(^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20190411191809j:plain

 

 

読んだ本のイメージイラストも結構描いてますね。十二国記シリーズと「薄紅天女」。荻原さんの勾玉シリーズは他にも描いてるけど、まだ未発掘です。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190411191828j:plain

 

 

25、6年前の作品ですが、このころから私の絵はあんまり変化も進歩もしていない気がします(;_;) 絵柄はそうそう変わるものではないし、アナログでもデジタルでも、モノクロでもカラーでも基本は同じなんだなあ。

 

桜Exhibitionに参加されているイラストレーターさんが「私は人の名前を覚えるのが苦手だけど、絵を見ると『あ、これあの人のだ』とすぐにわかる。絵の個性が伝えるものってすごいんだなあ」とおっしゃっていたんですが、確かにそれは思います。

 

絵柄とか作風が名刺代わりみたいなのね。どうかすると人柄まで見えちゃうしね (^_^;) 絵というのはそういうものだと思います。

 

私もきっと死ぬまでこういう絵を描いているんだろうなあ、と思いますね (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20190411191859p:plain

 

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.